多忙な「一流の仕事人」が、仕事で最も大切にしていること

仕事をするうえで最も大切なことはなんだろう。行動力、コミュニケーション能力、つねに向上心を持つこと……。もちろんそれらも重要なことだと思う。しかしそれ以上に重要なことがあると、以前取材したプロフェッショナルな方々は語っていた。その中でも特に記憶に残っているのが、仕事のオファーが絶えないある二人の話。一流の仕事人が、仕事で最も大切にしていることとは……。

 

休みなく働く、ある国民的アイドル

女性誌の編集長だったとき、ある人気男性アイドルを取材をしたことがある。テレビのドラマやバラエティ番組、映画、ライブなど多忙を極めているに違いない彼。その日も、1日で9本の雑誌取材スケジュールが入っていた。私たちは7本目の取材。朝から取材の連続で疲れが出てくる時間帯と予想された。

スタジオに入ってきた彼は「よろしくお願いします!」明るい声。疲れている様子はみじんもない。私たちの雑誌に登場するのは初めてだったにもかかわらず「昔から知ってますよ! 人気雑誌じゃないですか! 出させてもらえてうれしいです」と言ってくれた。リップサービスなのかもしれないが、一気に好感度がアップ(単純)。

 

トップアイドルが大切にしていること

インタビューで聞いた質問のひとつに「仕事をするうえで最も大切にしていることは?」というのがあった。それに対して彼は即答で

「健康の管理ですね! とにかく体調を崩さないこと。健康第一です!」

その理由を尋ねると

「僕が熱を出したり、ケガをしたりしたら、メンバーにも、まわりのスタッフさんにも迷惑をかけてしまうから。僕にいただいているお仕事だから僕の代わりにやってくれる人はいないし、もし休まなくちゃならないほど体調が悪かったら、まわりの皆さんの予定も変更させてしまいますから」

といったことを話してくれた。もともとそんなに体が強いほうではなく、過去に1カ月入院することもあったという彼。そういう経験があっただけに、自分が仕事を休んでしまうことがどれだけ周囲に影響を与えてしまうか、身をもって感じているらしい。そのため、ライブなどハードな仕事が続いたときはマッサージで体をメンテナンスしたり、体にいいものを食べて栄養をつけたり、ちょっとの移動時間でも仮眠したり、忙しい中でも最大限できる健康管理をしているとのことだった。

 

世界じゅうを飛び回る有名な医学部教授

また、ベストセラー本を執筆した名医であり、ある大学の医学部教授に取材したことがある。教授は大学の講義はもちろん、専門研究に関するゼミの指導、ご自身の研究活動、学会の論文、講演、海外と国内の出張など、休みなく働いているかただった。

教授にも「仕事をするうえで最も大切にしていることは?」といった趣旨の質問をした。それに対しての回答は次のようなものだった。

 

大学教授の健康維持法とは

「免疫力を高めることですね。病気に負けない抵抗力のある体をつくることです」

免疫力を高めることがなぜ大切なのかと聞くと、健康な体であることが、仕事の能率や正確さに大きく関わることはもちろん、万が一体調を崩して休んでしまうと、仕事相手からの信頼を失いかねないからといったことを話してくれた。

免疫力を高めるには具体的に何をしているかを尋ねた。

「無理をしない、ラクをし過ぎない。無理をすると免疫力が下がりますし、逆に休んでばかりでラクをし過ぎても免疫力は下がるのです。適度な負荷をかけないと。だから僕は、どんなに忙しくても仕事は8時から21時までと決めて、それ以上は無理をしない。ラクをし過ぎないようエレベーターを使わず階段を使うようにしているよ」

 

体調を崩すことで生じる5つのデメリット

トップアイドルと名医、あらゆる方面から仕事に引っ張りだこである一流の仕事人である二人とも「仕事で最も大切にしていること」は、「健康」だったのだ。

それは、体調を崩してしまうことで仕事上、以下のようなことが生じてしまうことに責任を感じているからだろう。

□自分の代わりは誰でもできるわけではない

□周囲の人のスケジュールを変更してしまう

□仕事の能率が下がる

□仕事の正確さに欠ける

□信頼を失うおそれがある

 

プロの仕事人ほど、自分の健康管理法を知っている

 

仕事の責任感があるからこそ無理をしてしまったり、旺盛な好奇心がゆえに自分の体力以上のことを詰め込んでしまったりすることがある。でも、それで体調を崩して仕事ができない状態になってしまったら、むしろ無責任になってしまう。

一流の仕事人ほど、自分の体調管理法を知っていて、健康を維持し、けっして仕事に穴をあけない。そしてそれが何よりもの責任感の証であり、プロ意識ということなのだろう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代にもなってまだ「ぶっちゃけ」って言ってるの?職場で使うとイタい言葉

「私の職場に、綺麗でスタイルもよくて、しかも仕事もできる女性の上司がいるんです。でも、言葉がとにかくイタい。この人、黙っていた方がイメージダウンにならなくていい…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事