汗はたったの3%!? “真のデトックス”について考える。

“デトックス”という言葉を聞いて、何をイメージしますか?

岩盤浴、ゲルマニウム温浴、ホットヨガ……

大量に汗をかいたり、リンパマッサージをしたり、体内にたまった老廃物や毒素を排出するものをイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし、実は老廃物の排出割合を見ると、汗はたったの3%! とても少ない割合なのです。

今回は、松生恒夫院長・著『朝の腸内リセットがカラダを変える』から”真のデトックス”について考えていきましょう。

 

デトックス、汗3%、尿20%、○75%

汗を大量にかくこと、代謝を上げることは健康にとってよいことです。

しかし、体内の老廃物を排出する最大の器官は、実は”腸”なのです。

老廃物の排出割合は、便が75%、尿が20%、汗がたったの3%といわれています。

いくら汗をかいても、便秘を解消しない限り、本格的なデトックスにはならないというわけです。

 

乱れた食生活が続く

腸内の便が排泄されず、腐敗が進む

腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増える

悪玉菌により、腸への負担・ストレスが増え、腸の活動が低下する

便秘になる

 

この負のスパイラルを断ち切り、腸へのストレスをやわらげなくてはいけません。

まずは、食物繊維の多い食事で、老廃物を腸に残さないようにすることが大切です。

 

食物繊維、キチンととるにはコツがある

食物繊維は排便をスムーズにするために欠かせない成分です。

しかし、食物繊維はやみくもに量をとればいいというものではありません。

食物繊維には、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」の2つがあります。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維の代表はセルロースなどで、多く含む食べ物としては、玄米、レタス、キャベツ、さつまいも、乾燥きくらげ、豆類などがあります。

不溶性食物繊維は噛みごたえがあるものが多く、よく噛むことで満腹感を得やすいのが特徴です。腸内で水分を吸収してふくらむことで腸壁を刺激し、腸のぜん動運動を促進します。

便のかさを増やしてくれますが、水分が不足していると、腹部膨満感が強くなったり、便が硬くなる恐れがあります。

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維の代表は低分子アルギン酸ナトリウムやペクチン、ポリデキストロースなどで、海藻類、納豆、熟した果物などに多く含まれます。

穀類ではライ麦パンやパスタ。果物は比較的どれでも多いです。野菜ではオクラのほか、玉ねぎやにんにくなどです。

水溶性食物繊維の食べ物はネバネバした粘性が高く、腸内でも水分をとり込み、ゆっくり移動します。その際、消化過程でできた老廃物や毒素など、体に不要なもの、有害なものを吸着して便として排泄してくれます。

また、血糖値の上昇を防ぎ、コレステロールの吸収も抑制してくれます。

 

不溶性:水溶性=?:?

食物繊維を食べるときのポイントは、「不溶性」と「水溶性」のバランスです。

これまで便秘外来で4万人の腸をみてきた松生院長は、腸の健康維持に理想的なバランスは、「不溶性」2に「水溶性」1であると結論づけました。

不溶性:水溶性=2:1

 

毎日の食事に注意し、腸内リセットを助ける食物繊維をバランスよくとりましょう。

 

さらに、もう1つ大切なこと

食物繊維は食べる順番も大切です。

最初に野菜など食物繊維を多く含んだものから食べましょう。食物繊維は肉に含まれる動物性脂肪を吸着して、体外に排出してくれる作用があります。

先に食物繊維を食べておくことで、あとから入ってくる肉などの脂肪分を包み込み、体内への吸収を防ぐことができるのです。つまり、腸内リセットを促すということ。

また、野菜を先に食べることで、血糖値の上昇カーブもなだらかになります。

ごはんなどの炭水化物は最後にいただきます。炭水化物はできるだけゆっくり食べるのが理想。最初からごはんや麺類を食べると、血糖値が乱高下することになり、血管に負担がかかるだけでなく、太りやすい体になってしまいます。

腸内リセットのためにも、「食物繊維は最初に食べる」と覚えておきましょう。

 

美腸をつくる9つのデトックス習慣

松生恒夫院長・著『朝の腸内リセットがカラダを変える』では、腸内環境を整え、”美腸”をつくるデトックス習慣をわかりやすく紹介しています。

“真のデトックス”に興味がある方は、是非手にとってみてください。

朝の腸内リセットがカラダを変える/松生恒夫 (著) 主婦の友社 980円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

田原俊彦さんに聞く【男の本音】グッとくる大人の女とは?

女性も可愛さとは「若さ」だけじゃない。大人の魅力=「完成度」というわけでもない。失うものと加わるもの、そして年齢に関係なく、その人自身に備わっている輝きとは⁉ 「僕は女性が大好きだから」と笑顔でストレー…

[PR]

ファッションと食、この夏のトレンドは何ですか?【楽天市場に聞きました】

最近、夏でも鍋やおでんを食べたい時ってありませんか? そうなんです、夏に温かいものを買う人たちも多いそうです。特に今季は冬のものを夏に買ったり、外でやるBBQを中でやったりとボーダーレスが流行のようです…

とっておき野菜の作りおきレシピ「コールスロー」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。コールスロー(冷蔵で5日)和にも洋にも対応する、覚えておきたい、定番の常備サラダ材料(作りやすい分量…

とっておき野菜の作りおきレシピ「雑穀と豆のマリネ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。雑穀と豆のマリネ(冷蔵で5日)肉料理と相性◎。美容にも効果的材料(4〜6人分)雑穀ミックス …100gミックス…

とっておき野菜の作りおきレシピ「ひよこ豆のフムス」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。ひよこ豆のフムス(冷蔵で5日)ミキサーさえあれば本格的な仕上がりに材料(作りやすい分量)ひよこ豆缶 …1…

とっておき野菜の作りおきレシピ「クリームドスピナッチ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。クリームドスピナッチ(冷蔵で2〜3日)ほうれんそう×生クリームは濃厚なのに、糖質オフでヘルシー材料(作…

とっておき野菜の作りおきレシピ「赤キャベツとオリーブのラぺ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。赤キャベツとオリーブのラぺ(冷蔵で4〜5日)赤キャベツを使うことで、食卓がぐっとモダンに材料(作りやす…

とっておき野菜の作りおきレシピ「クリーミーマッシュポテト」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。クリーミーマッシュポテト(冷蔵で6日)冷蔵庫から出したら少しあたためるととろりとなめらかな舌ざわりに…

とっておき野菜の作りおきレシピ「ラタトゥイユ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。ラタトゥイユ(冷蔵で3日)フレッシュなトマトを使用した、角のないやさしい味わい材料(4〜6人分)トマト …

とっておき野菜の作りおきレシピ「ミニトマトのオイルマリネ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。ミニトマトのオイルマリネ(冷蔵で4日)湯むきしたミニトマトがぷるっととろける口当たりに材料(4〜6人分…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事