いちばん気になるのは女の目線? 女同士で「痛い」と思われるコーデ4選

アラフォー世代の女性にファッションの話を聞くと、ほとんどの人が「男性目線よりも女性の目線が気になる」と言う本音を口にします。女同士のランチや、久しぶりに集まる同窓会で何を着ていくか悩んだり、慌てて服を買いに走ったことがある人も少なくありません。ついうっかり着てしまいそうだけど、女友達に心の中で「うわっ、ダサ……」とつぶやかれてしまう、タイプ別NGコーデをご紹介します!

 

体型を隠すことが最重要、もう楽ちん服以外着られない・・・ユル子

最近のエフォートレスなトレンドにすっかり気を許して、手持ちの服も体もルーズになってしまっているのがユル子。体のラインが出ないダボっとしたウエストゴムのボトムに、ビッグシルエットのトップスを合わせ、足元はフラットシューズオンリー。一応トレンドアイテムを選んではいるものの、全体的にしまりがないのでより太って見える結果に。「女を捨ててる」「だらしない」と言われないために、ルーズシルエットの服は1点のみにとどめておくか、ウエストマークしたり丈感を短めにするなど、ボディラインを少しだけ強調することを忘れずに。

 

可愛いねが最上の褒め言葉、気分だけは20代モテOL風・・・甘子

若いときからモテを研究し、ピンクや白、リボンやドットなど甘くて女性らしいものが大好物の甘子。心だけは「可愛い」と言われ続けていたあの頃のままなので、まるで20代前半の女性が着るようなアイテムを未だに選び続けてしまうことも。まつげエクステに巻き髪、ネイルアートにカラコンなど、女性としての努力を惜しまないその姿勢は評価したいところですが、さすがにアラフォーにもなって膝上丈の花柄スカートや、ピンクのアンサンブルニットなどは「痛い」以外の何物でもありません。甘いアイテムは辛口アイテムと合わせるか、色やデザインどちらかをベーシックにするのがおすすめです。

 

服も小物も冒険せずに無難が落ち着く、シンプル史上主義・・・地味子

若いときから派手な服装をしてきた経験のない真面目な地味子。「もう40だから……」と、若いときよりもさらに地味コーデに拍車がかかり、シンプルで変わりばえしない服ばかり着てしまいます。シンプルな中にも、多少のトレンドやオシャレ感のあるアイテムを取り入れないと、若いときは「落ち着いている」で終わっていた周りの評価も、ツヤのなくなった肌や髪のせいで「年齢よりも老けて見える」と格下げされる原因に。「垢抜けない」「オバさんっぽい」と思われたくなければ、春のキレイ色を取り入れたり、流行りのデザインの服を1点プラスするだけで好印象に変わります。髪型をアレンジしたり、メイクを研究するのも、地味子から脱却する方法のひとつです。

 

おしゃれに見られたくて、雑誌や店頭コーデをそのまま着る・・・流行子

毎シーズン、自分ではどんな服を着たらいいかわからないけど、華やかなファッションに憧れもあり「オシャレな人」だと思われたい流行子。人気雑誌やモデル、オシャレなインフルエンサーのコーデを丸パクリしたり、店頭でトルソーに飾られたコーデを全身買いするのがこのタイプ。しかし、雑誌やインスタなどで映えるトレンドのファッションと、見た目や現実の生活がマッチしていなければ、服に着られてしまう可能性も大。「モデル気取りの痛い人」「派手すぎて浮いている」と思われないように、自分のライフスタイルや年齢などをきちんと計算して、客観的に似合う・似合わないの判断をしましょう。それができないのであれば、買い物に行くときは信頼できる辛口な女友達と一緒に行くのがおすすめです。

 

いかがだったでしょうか。

周りに一人くらいいそうな、痛いコーデ4選。もしかしたら、これって自分のことかも……と思った人も少なくないのではないでしょうか。オシャレはその人のキャラクターや職業、生活する場所や友達のタイプなどによっても左右されますが、不惑の40になる女性としては、空気を読みながらTPOに合った服装を心がけ、上品さと清潔感のあるファッションを選ぶのが「痛い」と思われないために必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

植松晃士 身近なあの服がオバサンを加速!? 40代オシャレの注意点

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雑誌や店頭ではすでに秋冬のファッションがもりだくさんですが、まだあんまり買ってなくな~い???ということで、今回のテーマは『…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

40代の美髪と美ボディ、どう作りましたか?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ヘア&ボディ編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ヘア&ボディ編】は…

たるみが気になる40代、毎日のスキンケアは何を使う?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スキンケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ編集部賞・デイリースキンケア編…

知ってる? 湯の町・別府発の「温泉水」フェイスマスクがすごいんです!

世界でも有数の温泉地である大分・別府から生まれたフェイスマスク、サラヴィオ化粧品の「RG92 エスペシャリー」。温泉水に含まれる成分が大人女子の肌をよみがえらせてくれます。週末のケアにぜひ取り入れてみて!…

コレすごい! 毛穴やシミをカバーする美人必携「タイムシークレット」4つのテク

今、口コミを中心に話題になっているプチプラコスメ・タイムシークレット。シミや毛穴をカバーしてくれる! トレンドのツヤ顔になる! と大人女子の間でも大人気。ここでは、タイムシークレットで美肌になる方法を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事