「しんしゅうろば」ではもちろんありません。「真秀ろば」の読み方、知っていますか?

2021.08.07 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「真秀ろば」です。

「真秀ろば」の読み方は?

「真」「秀」は日常生活でも見かける機会の多い漢字かと思います。とはいえ「〜ろば」と送り仮名がつくと、なんと読めば良いか戸惑ってしまいますよね。残念ながら「真」「秀」を音読みした「しんしゅうろば」という読みは間違いです。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「まほろば」です。

私は「まほろば」という言葉を聞いたことはありましたが、恥ずかしながら意味をよく知りません。そこで「まほろば」について調べてみました。

まず「真秀(まほ・真面とも書く)」は

1 よく整って十分なこと。完全なこと。また、そのさま。和歌では多く「真帆」に掛けて使われる。
2 正面から向きあうこと。また、そのさま。
3 正式であること。また、そのさま。
4 直接であること。また、そのさま。うちつけ。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

「真秀」に場所を表す接尾語「ら」※がつき、素晴らしい場所を表す「まほら」となりました。それが転じて「まほらま」「まほろば」と呼ばれるようになりました。

※学研全訳古語辞典より

 

参考文献:らの意味 – 古文辞書 – Weblio古語辞典

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

 

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク