【40女の恋愛事情】story1 私はいつか結婚できますか?-39歳・恭子の場合(2)-

あと10分で40歳の誕生日だというのに、私はひとり。
こんなのおかしい! やり場のないさびしさから、電話占いをダイヤルした恭子は……。
気心の知れた友だち同士でも簡単にはうちあけられない、
大っぴらには語られないアラフォー恋愛のギリギリな心理に切り込みます。
1回目に続き、恭子のケースの3回中2話め。

***

Cell phone in hand

「ちょっと待って」

リリサラさんは、私を呼び止めた。

「待てません。だって待ってる間にも1分ごとに150円も課金されてるんですよ。もったいないじゃないですか」

 

こんな自分が嫌だった。

占い師に頼り、そして八つ当たりしてる。

こんな自分の姿を見たら、男性は嫌がるだろう。

わかってるのに、止まらない。

 

この占い師が「誕生日までに恋人ができる」なんて言うから、信じてしまった。

信じるものは救われるなんて言うけど、全然救われなかった。

もうすぐ誕生日なのに、私はたった一人。

誰も「明日誕生祝いに飲もう」とも誘ってくれない。

 

信じなきゃよかった。

そしたらあきらめもついた。

この占い師が「お誕生日までに」なんて言うから、それを楽しみに今日まで生きてきてしまった。

 

外れるなら、こんな幸せな予言、しないで欲しい。

当たらなかったら、40目前の女から、夢も希望もほのかな期待も、すべて奪ってしまう。

残ったのは、すっぴんの、ちょっとやつれた女の姿。

ちっとも幸せそうじゃない、鏡の中の私。

むなしすぎて、泣きそうだった。

 

もしも戻れるのなら、去年の自分に忠告したい。

「この占い師は当たらないよ」って言ってやりたい。

そうしたらこんなに哀しい思いをしなくて済んだのに……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事