「ノートを買うだけ」でダイエット完了?コロナ太りには王道やせ方法を

2021.08.14 LIFE

こんにちわ。

ミウラタクヤ商店というダイエットショップを運営しつつ、ダイエット研究家として活動してます「三浦卓也」です。

みなさまはじめまして(1年ぶりの投稿です)

LINEでダイエット相談を無料で受け付けてまして、毎日、お客様やフォロワーさんから「痩せたいんです」と言う相談を頂いております。最近、ふと思うところがあるので、

  • コロナで太った…
  • 痩せられなくて困ってる
  • 食べてないのに増量した

と言う方々へ「一歩めとして絶対コレをやりましょう」と言うダイエット方法を提案をさせて頂きたいと思います。

 

本当にシンプル。食べた物を「手書き」で記録するだけでOK

よくある勘違いですが、短期的に痩せるダイエットはリバウンド確率が相対的に高いので「ダイエットは長期戦」と心得ましょう(1ヶ月で5kgがギリ ※三浦の感覚です)

その長期戦をするために、モチベーション維持も含め「目的を明確にしてゴールに向かう」とことが必要。

そしてゴールを設定するために「自分の立ち位置」と「たどり着きたい場所」を明確にする必要があります。

  • 目標BMIはいくつ?
  • 体重をどれくらい減らしたい?
  • 筋肉つけたい?脂肪を減らしたい?

のように「自分はダイエットを通して何を成し遂げたいか?」ってことを、数字を含めて、明確にする必要があります。

 

手書きというところがミソ。食生活を自分で確認できるんです

そのために自分の生活リズム、所謂「自分の食生活の把握」って大事になるんです。糖質制限するぞ!っていきなり極端な食生活の変更もありなんですけど、

自分の食生活を見返して「少しずつ変える」って方がストレスなく実践できるので、オススメだったりします。だから、自分が何を食べているか?って把握するの大事。

 

そもそも……あなたは自分が食べた食材を語れますか?

そんな中、相談者様に多いのが「なにを食べてますか?」と聞くと、曖昧にしか言えない方ってのが結構いらっしゃいます。

例えば、

朝ごはんは白米とおかず、昼はサラダとかで夜は白米を食べずにおかずをメインに食べてます。

って言われる方がいます。

仮に、この相談者の方をAさんとすると、この食生活を聞いて「Aさんが普段なに食べてるか?」を把握できる人いないと思うんですよね。「おかずってなんですか?」って話になると思うんです。

 

ダイエットって、「自分の言動の具体的な言語化」が重要!

コレは1日の事細かな食事内容を覚えろ、って話では全然なくて、シンプルに「曖昧な言語化のクセ付いてる」ってのがダイエットを滞らせてしまう因子になるので注意しよう、って話です。言葉は具体的にする心がけようって話。

ただ、具体的に話せるから「偉い」みたいな事でも全くなく、ちょっとした行動で全員ができるようになります。

 

英単語の暗記と同じ。手で書いたほうが脳に記憶されるんです!

そんな中オススメなのが、食べた物をノートにメモすること。アプリで食事記録をとってる人もいますが、できたら「手書きで記録」をオススメします。

本当に簡単でOK

本当簡単に「日付」「時間」「食べたもの」みたいなので良いと思います。少しでも面倒な部分を削らないと続かないので。

脳科学の領域だと、統計的にも「手書きの方が記憶に残る」ってのは間違い無いのと、アプリの場合だと「記録してるから大丈夫」思考の人が多い気がします。記録して終わり!みたいな。

要は手書きは印象に残るけど、アプリは忘れやすいから習慣になってそうで、なってないのでは?って感覚ですね(完全に三浦の主観なんでアプリでも活用できる人は全然OK)

 

数字を振り返り自分の意見を持とう。

で、お客様で、次いであるのが「ダイエット記録してます、アプリの情報送りますね」って情報そのまんまボーン!って送ってこられる人いますけど「その情報を見て、あなたはどう思ってるの?」って毎回思ってます。

情報って評価の指標なので、記録するだけでは意味なく「その記録した情報を「私だったら」どう評価するか?」ってことを考えるクセがすごい大事です。

例えば食事を振り返り、

  • お米とか主食多いなぁ
  • 振り返ると揚げ物多いなぁ
  • タンパク質足りて無いかも

みたいに実は「振り返り」で得られる「気づき」ってのが沢山あるんです。だから、振り返るキッカケのために、記録すること自体に価値があります。

んで、この気づきが「自分のダイエットプラン」の基盤になってくるので、数字を記録したら「振り返る」って作業をしましょう。

 

記録をすると意識づけになる。脳の仕組みを変えていく!

「レコーディングダイエット」って聞いたことありますか?食べたものを記録するだけで「痩せる」っていうダイエット方法です。

僕も一定層の方はレコーディングダイエットだけで痩せると思います。

レコーディングダイエットが痩せるメカニズムは、食べるものを記録する事で、食事内容を意識するようになり、総摂取カロリーが減って痩せる、って一つの側面があります。

  1. 今まで食生活を気にしなかったけど
  2. 記録する事で気になって質が上がった
  3. その結果、減量につながった

っていう心理的な作用からの減量できたって話。

結論「食事内容を意識する」ってことができれば、人間って減量の方向に進むことができるんです。

んで、その食事内容を意識するって行為のキッカケが「記録する」「振り返る」って2つの行動なんですね。

 

記録することは2つの意味がある。

まとめると食事内容を記録するのには

  1. 減量計画のための、自分の食生活を把握する方法。
  2. 記録する事で食事の質を意識する、その結果質が上がる。

という2つの意味があります。

 

だから食事は記録するの良いよ。

ただ記録し続けるのも面倒なので、自分の食生活を把握するため、であれば1-2週間続けるだけで良いかと。ダイエットプランを立てましょう。

食生活をいきなり変えて頑張るぞ!って人も素晴らしいですが、ダイエットをスタートするのに悩んでる人は「食事を記録する」って事からスタートするのも良いと思いまっせ!

小さなメモ帳を買って記録してみてね。

もし不明なことあれば三浦にLINEで相談ください〜。

>>三浦のLINEはこちら

それでは本日は以上です!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ダイエット研究家 三浦卓也

スポンサーリンク

スポンサーリンク