白髪が増えた人が知らないうちに「酷使していた」部位とは

2021.09.02 WELLNESS

中医学では髪の毛を血の余り『血余(けつよ)』と言い、血が十分にあって、体内をスムーズに巡っていれば、髪の毛も健康に健やかに保つことが出来ると考えます。

また、髪は『腎の華』とも言われ、生命エネルギーの根本である「腎の精」が充実していれば、コシがあり、黒々とした丈夫な髪の毛が育つと考えられています。

そのため、血や腎の精の消耗は健康を損なうばかりでなく、年齢を問わず白髪が増える原因にも繋がります。

今月は「これだけは避けたい5つの白髪習慣」についてお話したいと思います。今日は2つめを。

 

ダメ習慣2・「目の酷使」もNG。スマホやPC、テレビに注意

コロナ禍になってから在宅での仕事が増えたり、オンラインでの授業が増えたり、ステイホームの時間が増え、お家でずっとスマホやPC、タブレットで動画を見たり、ゲームをしたり、目を消耗していませんか?

一見、白髪と目の酷使は関係なさそうですよね?

しかし中医学では目の酷使は五臓六腑のうちの「肝」を消耗します。

「肝は血(けつ)を蔵(ぞう)す」と言われ、肝はこの血を貯蔵する銀行のような働きをしています。

目を酷使することでこの肝に蓄えている血を消耗することになり、その結果十分な血を髪の毛に届けることが出来ないので、白髪が増える原因に繋がります。

まずはPCやスマホ、テレビなどダラダラ見ていた人は一旦、見るのを止めてみましょう!

そして1日5分見る時間を減らして、睡眠に充てることから始めてみましょう!

それだけでも少しずつ血が作られるようになり、髪の毛の質も改善してくると思います。

 

<<<前の話 「睡眠不足」の人、なぜあなたの白髪は増えたと思いますか?

次の話>>>9月3日配信 クヨクヨ考え込む人が抱え込むものとは

 

書籍が無事に3版重版になりました!

ぼくの書籍『身体とココロが喜ぶ ごほうび漢方』が無事に第3版重版になりました!

皆さんに可愛がって、大切にしていただけたおかげです。

毎日頑張っているあなたに。

疲れたからだとココロが喜ぶ、ごほうび漢方。

朝、昼、夜と1日を時間別に、毎日をちょっと楽に過ごせる養生法やセルフケアをたくさん載せました。

ぜひ手に取って、毎日の生活に少しのご褒美を取り入れてもらえたら。と思います。

[/hidefeed]

■著者・監修者

CoCo美漢方 田中友也
国際中医師、鍼灸師。母が開いた薬局で、幼い頃から漢方薬に囲まれて育つ。多くの人が元気に、笑顔になっていく姿を見て、自然に漢方相談の仕事を志す。関西学院大学を卒業後、イスクラ中医薬研修塾で中医学の基礎を学び、その後北京中医薬大学、上海中医薬大学などで本場中国の医療を研修。日本有数の漢方薬局である小島薬局漢方堂にて4年間勤務後、現在の仕事に。2018年に鍼灸師の資格も取得、一人でも多くの方が健康に、笑顔になれるようお手伝いをさせていただきます。漢方、東洋医学、中医学は難しい!と思っている方もぜひご相談ください。

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク