VIO脱毛リアル体験レポ。シュガーリングって? 痛い? メリット、デメリットは?

2021.09.09 BEAUTY

みなさん、VIO脱毛の経験はありますか? 世界的に見ると日本人女性のVIO脱毛率はまだまだ低いのが現状です。性教育が遅れ、文字通りの秘部、秘める美徳といったカルチャーが根強い日本においては、友人同士でも話す機会はまだまだ少ないように感じます。
私自身、40歳を過ぎるまでほぼ秘めっぱなしできており、ようやく重たい腰が上がったところです。

 

過去の脱毛体験に思うこと

体験レポを書くにあたり軽く触れておきますと、筆者はVIO脱毛未経験(正確に言うと、家庭用レーザー脱毛器でのボチボチケアはあり。忘れては思い出し、引っ張り出してはまた、収納の奥底に冬眠させる不定期サイクル。つまり計画性ゼロ)。脱毛適齢期とされる20・30代、なぜそのいわゆる適齢期(ワキと腕は某大手エステ系のレーザー脱毛にて完了)が私に訪れなかったのか振り返ってみると。

 

まず20代30代前半はというと、平日はがむしゃらに働いて、週末からは寝る間も惜しんで遊ぶ。それが生活の真ん中にで~んとあって、時間も原資もひっくるめて、美容にまわす余力がありませんでした。そんななか20代半ばで1年半ほど通った大手脱毛サロンに正直いい印象を持てなかったのも、次のフェーズといえるVIO脱毛の契約に至らなかった理由のひとつです。当時、融通のきかない予約システムやキャンセル料金に嫌な思いをしたことが何度かありましたし、強引な勧誘や高額ローンに悩まされた友人もいました。今とは違い、そういう時代だったのだと思います。

 

40代、第二脱毛適齢期がやってきた

30代以降はというと、また別の人生の課題に取り組んでいました。出口の見えない長い長いトンネルを進むような妊活道を経て、妊娠、出産、その後は怒涛の子育て沼へダイブ! 自分のことは二の次三の次、今日をどう乗り切るかの目まぐるしい生活。脱毛どころか、美容院やデンタルクリニックにメンテナンスにポツポツと通うのが精一杯でした。

そして40代中盤にさしかかろうとしている今。決して多くはないけれど、再び持てるようになった貴重な自分時間。何に当てようかアレコレ考えるうちに、「よしVIO脱毛やってみよう!」となった次第です。やや突拍子なく決めたことではありますが、したいと思ったときこそはじめどき。気持ちが決まれば、ようやく訪れた第二脱毛適齢期を逃すまいという気持ちが前のめりになっていきました。

 

シュガーリングを選んだ理由

20代のほろ苦い脱毛経験を払拭すべく、今回重要視したポイントはポジティブな脱毛体験にすること。ネガティブ要素が多い経験には継続性がない。その学びを糧に徹底的にリサーチした結果、浮かび上がったのがシュガーリング脱毛であり、SUGARISTA TOKYOです。

シュガーリングとは、砂糖とレモン果汁と水のみでできたべっこう飴のようなペーストを毛に絡めながら脱毛していくという、古来からある究極的にシンプルな脱毛方法です。

 

・使っている成分が明確で安心安全。
・痛みが少なく、もちがいい。
・毛が濃い人でも施術を重ねるとどんどん柔らかい毛になるらしい。
・古い角質も一緒にとってくれるので、肌を傷めずトゥルントゥルンになる

 

という、経験者の口コミや体験レポ(すべて経験者個人の感想で、個人差あり)も読み、「やってみたい!」熱がムクムクと高まっていきました。また、今回お世話になったSUGARISTA TOKYOは、日本における、オーガニックシュガーリングのパイオニアであるということも、安心材料として大きかったです。

 

なぜレーザー脱毛ではなく、シュガーリングなのか?

20代の私であれば、「また生えてくる」ことをネガティブに捉えたかもしれませんが、40代を過ぎた私の考え方は少し異なります。契約という名の片道列車に乗るよりも、自分がのぞむタイミングで通えばいいこと。最終目標として多くの女性が設定するハイジニーナ(デリケートゾーンに生えているアンダーヘアを一掃した状態)を一回の施術で実現できること。そしてそのハイジニーナ体験をした上で、将来的なVIO方針設計ができること。つまりは、どちらの状態にも行ったりきたりを繰り返せることにメリットがあると考えたからです(語弊がないようにお伝えするとハイジニーナにするかしないかは、個人の判断で、毛を残したままVゾーンを好みの形に整える施術ももちろん可能です)。

 

前書きが長くなってしまいました。普段、友人、知人、家族とおおっぴろげに語る内容でもないので、話したいことがありすぎて…。失礼をしました。

さあ、いよいよシュガーリング脱毛体験に話を進めましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 秋谷和香奈

スポンサーリンク

スポンサーリンク