3才若返ること間違いなし!40代の悩み別「似合う前髪」探し

髪質や顔の雰囲気だけでなく、着る服も変わってくる40代。「いつもと同じ」は安心するけれど、どこかで変化を求めている人が多い気がします。

雰囲気を手っ取り早く変えるには前髪を変えるのが一番! 小顔に見せたい、色気を出したい、若々しく見せたいなど「なりたい自分」をつくるのは前髪(顔まわりを含む)なのです。

今回は、顔型や髪質などの悩みに合わせた前髪づくりをご紹介します。

全体の長さは変えたくないけれど、雰囲気は変えたい人、必見です。

 

お悩み1.面長

束感斜め流しの前髪で横印象を強める

 

顔の横幅よりも縦幅が長い面長さん。あごが細くシャープな印象ですが、気になるのは顔の長さ。ロングヘアの人は、縦にのびる髪があることでより長細い印象に見えてしまいます。さらに前髪をセンター分けにすると、面長が強調されるのでNG。

前髪で縦幅を縮めて、横幅の印象を強めるのが面長カバー術の基本。おすすめは、長めのワイドな厚め前髪なのですが、40代がパッツン前髪にするとイタイ印象になるので×。

 

前髪① 厚めの斜め流し

目の上ギリギリにカットした前髪を9:1くらいで分け、斜めに流した前髪です。

おでこを隠すことで縦長の印象が薄れて卵形に。三角形のすき間をつくれば、抜け感が出て重すぎが防げます。

顔型をカバーでき、モデルさんにも似合っていますが、前髪に厚みがあることでやや若づくりな印象に。

さらに似合う前髪を探してみました…

 

前髪② 束感ありの斜め流し

前髪の長さは変えずに束感をつくって斜めに流しました。サイドの髪(耳まわり)をよりふわっとさせたことで、横幅が広がったように見え、おでこがちらっと出ても縦の印象は薄まっています。全体に軽さも出て、若づくりではなく若々しい印象にもなりました。

少量のワックスを前髪につけ、毛束のかたまりをつくって流すだけ。

前髪以外の髪はストレートよりもウエーブをつけたほうが縦の印象がやわらぎ、面長をカバーできます。トップはふわっとさせたいところですが、やり過ぎると面長が強調されるので注意しましょう。

サイドのふんわり感もあり、シャープな顔立ちがやわらかい印象になりました。

担当:鵜野香織さん/ZACC raffine

 

エイジング髪の代表「ぺたんこ」はどうカバー?→

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事