多忙で不器用な40代に向く。ねじるだけで360度美人な時短ハーフアップ

時間もなければ、腕に自信もない。自分に手をかける時間は減る40代にオススメのチャチャッとできて、美人度が増すヘアアレンジを人気サロンBelle副店長の鯨岡拓也さんに教えていただきました。

 

ねじるだけ? それならできるかも

前はもちろん、横や後ろから見ても華やかなのがハーフアップのいいところですよね。でも、自分で見えない位置でのアレンジになるので、バランスが難しいイメージがあります。そもそも編むのは無理ですし、ちょっと間違うとダサく見えてしまいそうで…。

 

-鯨岡さん「そうですよね、わかります。ハーフアップはきつく結ぶと地肌が見えてしまいがち。まとめっぱなしにせず、表面をくずしてあげることで華やかでこなれた印象に仕上がりますよ。見えない位置だからこその難しさもわかります。今回は『編まなくても編んだように見えるハーフアップ』を教えますね。ピンも不要。ゴム1つで完成する時短アレンジです」

 

では、実際に見ていきましょう。

 

1:耳上の髪をねじる

耳上の髪を左右2つに分け、それぞれをねじる。今回はわかりやすいように真ん中で分けていますが、仕上がりに分け目は影響しないのでざっくりでOK。顔まわりの髪はニュアンスになるので、おろしたまま。

 

2:ねじった毛束どうしを合わせる

1でねじった左右の毛束を真ん中で合わせ、今度は下方向にねじっていく。長さに合わせて2~3ねじり。

 

3:ゴムでまとめる

2のねじり終わりをゴムでまとめる。

 

4:結び目を隠す

まとめた部分の表面を指でつまんで引き出してゴムの結び目がみえないように整える。この“ほぐし”はゴムを隠すと同時にこなれ感につながる。ベースをねじって作っているので、さらにゴムでまとめてあるので、少々雑に引き出してもくずれない。

 

5:トップに高さを出す

トップにも高さがほしいので軽く引き出す。高さを出すことで華やかな印象がアップ。

 

ねじって、ゴムでまとめて、引き出す。ただそれだけなのに華やか。ゴムでまとめるからくずれにくというメリットもあるアレンジです。

 

担当/鯨岡拓也(Belle副店長)@kujira.0619

モデル/堀川幸恵さん

 

>>関連記事

>>【面長】シャープとげっそりは違う! 輪郭美人に見せるための髪型のひと工夫

>>トレンド再燃! レイヤーたっぷり。あのウルフカットがコンサバ見えしない秘密は…

>>表情が柔和に見えるポイント3つ。前髪、顔まわり、もう1つは?

>>ひとつ結び美人がこっそりやってる3秒×4つ、全部言える?

 

撮影/廣江雅美

撮影協力/Belle

 

続きを読む

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク