1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっとも基本的な、自分を主張する能力、アサーションをご紹介します。

 

■ソーシャル・スキルとは

 

ソーシャル・スキルとは、社会の中で人間関係を円滑に進めていくための技能的な能力のことです。

WHO(世界保健機関)は、

「日常生活の中で出会うさまざまな問題や課題に、自分で、想像的でまた効果のある対処をできる能力」とソーシャル・スキルを定義しています。

具体的に言えば、意思決定、問題解決力、創造的で豊かな思考、批判的に考える能力、効果的なコミュニケーション、自己意識、共感性、情動への対処、ストレスへの対処が挙げられます。

 

これらは、経験として徐々に身についていくもので、簡単に言えば、相手の気持ちを読み取りながらも、自分を上手に主張できたり、感情を抑制できたりする能力のことです。

 

一般にソーシャル・スキルの高い人は人に好かれやすい傾向にあります。低い人はその逆ですが、落ち込む事はありません。その都度スキルを身につけていくことによって状況にうまく対応していくことを学ぶことができ、社会的人間関係にうまく対応していくことが可能になります。

 

■アサーションという技術

 

多様な社会的場面で自分をどう上手に主張していくか、悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はアサーションという心理的訓練をご紹介します。アサーションとは、直訳すれば「自己主張」「断言」などと訳されますが、心理的な訓練の場合、少し意味合いが違ってきます。

 

「自分と相手を大切にしながら自己主張する」という表現方法になります。

 

内気でなかなか自分の意思が主張できず、ついつい周りの言うことに従ってしまうタイプの人や、他人に対して攻撃的な人など、コミュニケーションに何らかの問題を抱える人に有効です。

 

■アサーションの実践3ポイント

 

たとえば、「ノー」と言えるかどうかにもアサーションの技法が使えます。

あなたの職場での場合として考えてみましょう。

次から次へと仕事を押しつけられ、でも断ると悪く思われるんじゃないかと思いながら、引き受け続けた結果、パンク寸前に…!でも、そんな時にまた、仕事を頼まれた場合、あなたは「ノー」と言えるでしょうか?

 

角を立てずにノーと言えるポイントは3つです。

 

自分の気持ち、状況を素直に伝える

 

相手の意見も尊重する態度を見せる

 

相手に相談してみる

 

です。

 

この場合、「今、私はこれだけ沢山の仕事を抱えていて、いっぱいいっぱいです。今、持っている仕事が今週末までに終わればなんとか対応できそうなんですが…。あのう、こういう場合はどうしたらいいのでしょう?」となります。

 

まずは、自分の状況を、とにかく思い切って正直に伝えてみること。

ポイントは感情的にならずに、です。

そして相手の意向も尊重しつつ相談して、落とし所を決めていくという技法です。

 

いきなりそれは難しいという場合は、最初は自分の状況では無理だということを丁寧に伝えてみることから始めてみてもいいでしょう。

 

■アサーションの応用

 

友人や恋人同士の会話にもアサーションは使えます。

 

たとえば、一緒に食事をすることになって「中華を食べに行こう」と強引に決められてしまいそうな時。

 

「昨日、私、中華を食べたからなぁ。イタリアンとか和食なら食べられそうなんだけど、そっちの線でどう?」

 

という感じです。これも、自分の状況説明、相手の意見に対しての返答、つまり尊重、相談、という立派なアサーションです。

 

こういったさまざまな場面でのやりとりでアサーション訓練はできます。このソーシャル・スキルを身につければ、あなたのコミュニケーション能力は格段にアップし、さまざまな状況で上手に人間関係に対応していくことができるでしょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

頼れる人がいないのに入院することになったら?おこなしさまの乗り切り術

突然ですが、入院したことはありますか?私は一ヶ月の入院生活を1回、パートナーは6回の入院歴があり、年齢のわりに入院に関する経験が豊富(?)です。普段は何の不自由も…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

子なし世帯の4割が近隣住民のアノ音が気になっている

せっかく気に入った物件に巡りあっても、近隣トラブルに悩まされたら住み心地のいい家とはいえない。なかでも最も発生しやすいのが騒音問題。騒がしい声や楽器の音など、さ…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気…

約6割の日本人が間違えている日本語「敷居が高い」

バラエティ番組でもよく見かける「日本語の誤用」。やっぱり日本人だもの、ちょっとは気になりますよね。しかも、誤用には世代差があるらしい? 文章力養成コーチが「よく…

人生がつらい人は「つらい呼吸」をしている。身体を軽くする呼吸法

「恋人や夫と価値観があわない」「同僚とうまくいかない」など、常に人間関係の悩みを抱えている人。また、「肩と首がいつも痛い」「朝起きたときから背中が重い」など、体…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事