睡眠不足では負ける!勝負日の第一印象は前の夜から決まっている

みなさん、よく眠れていますか?睡眠コンサルタントの友野なおです。「人の印象は見た目で決まる」で有名な米国のアルバート・メラビアン博士によると、第一印象はわずか3~5秒で決まるそうです。確かに私たちも、第一印象で人を判断してしまうことってありますよね。そんな第一印象に良いインパクトを与えるためには、前の日からの睡眠が大きく影響しているって知っていましたか?今日はそのことについてお伝えしたいと思います。

 

睡眠不足は第一印象を悪化させる!

 

先のアルバート博士によると、第一印象を決める情報の55%は、「見た目」などの視覚で、「声」のトーンや話し方は38%、「話の内容」はわずか7%なのだそうです。つまりパッと受けた第一印象が自分自身の評価として相手に定着してしまうことも多いということです。面接やプレゼン、お見合いや合コンなどあらゆるシーンでチャンスを逃さないためには、一瞬で自分が相手に与えるイメージを損なわないようにすることが大切です。

 

こんな実験が2010年、スウェーデンの専門家によって行われています。

 

まず、健康な男女23人(18~31歳)の顔写真を1人2枚撮影します。1枚は8時間以上睡眠をとった翌日に、もう1枚は2日間連続で睡眠時間を減らしたあとに撮影。具体的には1日目、5時間の睡眠、2日目、徹夜をしたあとに撮影します。

その後、この2枚の写真を65人にランダムに見せたところ、睡眠不足のときの写真は、8時間以上睡眠をとったあとの写真と比べ、健康度と魅力度の得点が低く、疲労度の得点が高くなりました。

同じ人で、同じ顔のはずなのに、たった1~2日の寝不足でも、なんだか疲れていて元気がなく見えてしまうということです。

確かに、寝不足の日はまぶたが重く、顔がむくんでフェイスラインはぼやけ、顔全体がたるんだ状態になります。鏡の前で自分の顔を見て、がく然とするという経験、みなさんにもあるのではないでしょうか?

 

睡眠不足はメイクのノリも左右!

さらに、そのぼんやりとした顔を、なんとかメイクで隠そうとしますが、ある研究では睡眠の満足度が低いと化粧ノリの満足度も低くなることが判明しています。

これでは第一印象は最悪です。そもそも、睡眠がしっかりとれていないと感じている女性のほうが、満足な睡眠をとれている女性よりも、肌トラブルをかなり強く感じていることもわかっています。

特に「肌のハリ」「肌の乾燥」が気になる人が多く、ほかには「吹き出物」「肌のくすみ」「毛穴の目立ち」といった悩みも増えています。

睡眠不足はたちまち顔にあらわれます。肌状態を見れば、自分がよく眠れたかどうかも、すぐわかります。

朝、顔を洗う前には必ずしっかり自分の顔を鏡に映して見るようにしましょう。

 

たっぷりの睡眠で、まるでエステ帰り!

第一印象において肌の状態を整えることは、とても大事です。ぐっすり眠れていれば、朝の自分はまるでエステ帰りのような仕上がりになっているはず。勝負日は突然、訪れます。そして印象を突然、変えることはできません。日頃からしっかりと睡眠をとることで備えておくべきなのです。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
睡眠コンサルタント 友野なお

スポンサーリンク

スポンサーリンク