お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?

 

お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。

 

結婚相手にしたって、お金を稼いでいる人の方が魅力的に見えるかもしれません。

 

でも本当のところ、人によっては、このお金がまた、大きな問題を産むケースもあるものです。

 

古いお経には、、、

 

インドの原始経典に「イティヴッタカ」75には、このように書いてあります。

 

正しい方法で稼ぎ、よく働いて富を得たなら、乞うものに飲食物を与えて喜ばせよ。

 

正しい方法で努力して働いて、欲しい人に食事を与えて、喜ばせるようにせよ。といっています。

 

方法が正しいこと、そして懸命に働くことが大事だということもわかりますね。

 

「沢庵漬け」で知られる沢庵和尚が言うには、、、

沢庵宗彭といえば、江戸時代の臨済宗の和尚さんで、宮本武蔵に影響を与えた人です。

その沢庵和尚が財産に対して次の様に言っています。

 

天下を知るほどの大なる富はなし。しかれども天下を知る富、天下の富を以って富となす。己の財宝を積みたるを富となさず。己自ら財宝を積みたる富は小人の富なり。小人の富は不義なり。浮き雲のごとし。

 

世の中の豊かさとは、計り知れないけれども、その世の中の豊かさは、私たちが想像できる良いものでできていて豊かさを満たしている。自分の貯金をやみくもに増やしたりするのは、器の小さい人の豊かさであって、全くもって人の生き方に反するものです。吹けば飛ぶようなものだ。(筆者意訳)

 

豊かさといったときに、それは世の中に満ちているものであって、ひとりが蓄えたものを言うのではない。というのが、沢庵和尚の言いたいことでありましょう。

 

禅の世界では、中国の唐の時代より「与えるは受け取ることであり、受け取るとは与えることである」。ということが言われてきました。

 

つまり、一方的な価値にとらわれない立場をとっています。

 

例えば、禅の修行の一つでもある、托鉢ですが、回っている僧は修行をしているのですが、お米などを喜捨する方も同じように物に対する執着を離れる修行をしていることになるのです。

 

この場合、その場で関係が完結するということも大事な要素となります。

 

会社で言えば、上司が部下に食事をご馳走する場合に、皆んなが円滑に仕事に取り組めることを確認できれば、それが上司としての得るものであり、部下はその安定感を与えていると言えるかもしれません。

 

与えることはもらうことであり、もらうことは与えることである。とその場その場で完結すると貸し借りという発想がなくなります。

 

社会のために手放そう

 

沢庵和尚の言うところは、その駆け引きのないところで、社会の富のために私財を投げ出そうと言うことです。

 

会社や同僚のためもそうですが、ボランティア募金もそうです。家族や親戚、近所の子どもにもそうです。

 

社会の富のために、生活に余裕のある部分から少しずつ支出することで世の中が豊かになる。そうすると自分も大きく得るものがあると言うのです。

 

東日本大震災の時、多くの人が東北の復興のために力を尽くしましたよね。その時にもみなさんがそれに勝るお金ではない所得を得たと思うのです。

 

そうすると不思議とお金は必要な分だけ入ってくるようになるんですね。

 

【お金は増やすより手放す。住職が伝える禅の教え】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

頼れる人がいないのに入院することになったら?おこなしさまの乗り切り術

突然ですが、入院したことはありますか?私は一ヶ月の入院生活を1回、パートナーは6回の入院歴があり、年齢のわりに入院に関する経験が豊富(?)です。普段は何の不自由も…

賃貸と持ち家、どちらがいい?40代・子なしの住宅購入はの決め手とは?【おこなしさまという生き方Vol.15 】

このまま賃貸で暮らしていくのか、持ち家を購入するべきか……。20代・30代は、転職、結婚、出産など人生の変動性が高いため、住まいについてまだ確定できない部分があると思…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

もうマイノリティじゃない!近未来には“おこなしさま”が4割!? 【おこなしさまという生き方Vol.3】

「いい年をして結婚しないなんて、何か欠点があるのよ」「結婚したのに子どもを欲しがらないなんて、変じゃない?」マイノリティは、世間から「素晴らしい人たち」という風…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合うべきでない人」とは。それは、ズバリ「邪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事