【40代編集部長の婚活記#283】40代の大失恋で「しない」と決めた3つのこと

2022.01.05 LOVE

新年あけましておめでとうございます。2022年がスタートいたしました。本年もご愛読のほどよろしくお願いいたします!

さて、引き続き40代の婚活は艱難辛苦!? 婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんと二度目のお別れ編。改めて彼と過ごした20カ月を振り返り、自分では気づかなかった自分を発見して……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代編集部長の婚活記#283】

 

「私は女の子らしくない」

「女の子に思われないようになる」
「男の子みたいになる」

4歳の時に経験したスカートめくりをきっかけに、私は女の子らしさ、女らしさというものをできるだけ否定して生きてきた気がする。かわいいもの、キラキラしたもの、ひらひらしたもの、ピンク色のもの、料理、手芸、裁縫を遠ざけた。

「私は女の子らしくない。そういうキャラじゃないから似合わない」

そんな呪文=決めつけをしていた。この呪縛から解き放ってくれたのがジェントルさんだったわけで……。

 

「私がちょっと我慢すればいい」

彼に気づかされた呪縛は、それだけじゃなかった。知らずしらずのうちに「私がちょっと我慢すればいい」という呪文も自分にかけていた。

・自分が黙っていれば丸く収まる
・私は合わせられる
・わがままじゃない
・嫌いなものがない

これも、幼少期の経験から自分で自分に言い聞かせてきた。おもちゃをねだって駄々をこねる子供を見て、同じ子供ながら「あんな風にはなりたくない」と思ったことがきっかけだった。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク