話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?

 

こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。

AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増えて、私たちの仕事もそれに取って代わられるというのです。

 

例えば、弁護士を例に挙げましょう。今後のAIロボットは、膨大な量の判例を覚えて、的確にその判例を当てはめることができるので、弁護士の仕事がなくなるという話があります。

 

お医者さんも同様です。患者が病院に行ったら、採血と問診票を元に、まずはAIロボットのお医者さんが診察するという時代がくるかもしれない。そう不安を煽っているのです。

 

そんなことはあり得ない。

 

わたしは、そんなことはあり得ないと思っています。

 

理由としては、こんな話があります。

 

アメリカのマイクロソフトがツイッター上でユーザーと交流するAIの実験を始めたところ、AIは第2次大戦中のドイツを賞賛しました。「ヒトラーは間違ってない」と言い始めたのです。

慌てて実験は中止となりましたが、このことはAIもまた利己的になることをよく示しているのではないでしょうか。

 

 

「利己的な遺伝子」によると

 

リチャード・ドーキンスの著作『利己的な遺伝子』では、ミームという、自己複製する生物とは違った、遺伝子の様なものを持った物を紹介しています。

 

簡単な例は、暑い日に団扇で仰ぐと言うのは、絵などよって世界中に広まって複製されていき、エアコンなどに進化を遂げて、人間に寄生しているといえます。

 

夏の電力消費を抑えるために、設定を28度にしましょうというのも、涼しくなるというミーム(遺伝子の様なもの)が絶滅しないために出してきた生き残り策とも言えるのです。なぜならば、そんなに電力消費が激しいならエアコンの販売自体を制限しようとなっても、やはりエアコンは存在し続けるからです。

 

ドーキンスによれば、ペンギンは、仲間を落として、オットセイなどがいないことを確認して群れで一斉に海に飛び込むそうです。個体としては、最初に食べられてしまうペンギンはかわいそうですが、遺伝子的には、こうやって多くのペンギンを守ることができます。つまり遺伝子を多く残すことができるので、そうするのです。

 

利己的であるからこそバランスをとる

 

このままAIが進化したとしても、ある一定のバランスのところで手を引きます。それは、AIもまた利己的だからです。

仏教語で「自利利他」という言葉もあります。

例えば、AIが一人勝ちして失業者が多くなったら、物が売れなくなります。そうするとAIによる機械を動かす会社が立ち行かなくなる。

そんなこともあるのかと、AIは頭がいいので、さぼりだすことでしょう。人手が必要になって、雇用が生まれて、また物が売れるようになる。

 

お医者さんのAIロボットは、患者さんがいなくなると困るので、できるだけ長くかかる治療法を選択するようになるかもしれません。それを必ずチェックするお医者さんが必要になります。いずれにせよ、ある程度のバランスでAIの全部取りにはなりません。

 

考えてみれば、銀行もATMが普及しているのに、いまだにカウンターでないと用事が済ませられない場合があります。

 

高齢化でスーパーのレジが全自動になっても、そのレジに一人ずつつかないと、カゴの出し入れに人手が必要になるかもしれません。

 

いずれにしても、人としての基本に立ち戻り、魅力ある人間になれるよう、努力することは変わりないのかもしれません。

 

皆さんも自信を持って、スキルアップを目指しましょう。

スポンサーリンク

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていま…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

「怒る」ことのメリットは? 怒らないほうがいいと思う2つの理由

国会議員の豊田真由子氏が秘書に「このハゲーーーーー!!!」と罵倒した事件は記憶に新しい。あのような罵詈雑言は言わないまでも、人に対して怒ったり、イライラしたりす…

信頼していた相手に「断られた」とき。傷ついた気持ちの対処法

仕事を依頼した相手に「断られる」ことはよくある話だ。スケジュールが合わなかったり、内容的に引き受けられなかったり。たいていの場合は断られたとしても、仕方がないと…

イライラが止まらない人。「怒り」の上手な解消方法とは

職場の40代女性がいつも怒っている、すぐキレる、そんな相談をよく目にします。また、40代の独身女性やママ達と話をすると「しょっちゅうイライラする」という話題がよく出…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合うべきでない人」とは。それは、ズバリ「邪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事