49歳「マスクを外すとヨボヨボのオバサン…?」 更年期のたるみ肌、救世主は漢方だった

40~50代になり、「最近、顔のたるみがひどくなった」「急に老け顔になった気がする」などの悩みがありませんか?

日本の女性は平均で50歳頃に閉経を迎えることが多く、閉経を挟んだ前後5年間は「更年期」と呼ばれています。

この時期はホルモンバランスの影響で、さまざまなからだや心の不調に悩む女性が多いです。

更年期女性のお悩みのひとつに「頬や口元のたるみ」があります。

今回は、更年期の頬や口元など顔のたるみの改善法について、「あんしん漢方」の薬剤師・清水みゆきさんに教えてもらいました。

 

マスクを外す機会は不意にやってくる!

睦美さん(49歳)は最近、頬や口元のたるみがひどくなってきたと悩んでいました。

「とくにフェイスラインや口元のたるみが気になり、年齢を感じます。でも、マスクさえすれば隠せるので、なにも対策せずにそのままにしていたんです」

そんなある日、仕事先で記念写真を撮影することになったそうです。

「せっかくですから、マスクをとって撮影しましょう」

というカメラマンの声に睦美さんは焦ってしまいました。

「マスク生活に慣れてしまい、その日は眉を整えただけの適当なメイクだったんです。でも、自分だけマスクを外さないわけにはいかないし……」

言われるがままに撮影に参加したものの、睦美さんは恥ずかしくて穴があったら入りたい気持ちになりました。

 

社内報の記念写真、自分の素顔にショック

先日撮った集合写真は、社内報に掲載されました。

「写真を見て目を疑いました。頬や口元のたるみが目立って、かなり老け込んだ顔だったんです……」

あまりにもひどい自分の老け顔に、ショックを受けた睦美さん。

「このヨボヨボのおばさんって誰?」

さらに、隣の席から追い打ちをかけるような言葉が聞こえてきたそうです。

「その日からは、食事や水分補給でマスクを外すのも嫌で……自分の素顔を見られることに神経質になってしまい、気が狂いそうです」

 

肌のたるみやシワにも漢方がいいなんて!

「このままではいけない」

そう思った睦美さんは、美容関係の仕事をしている友人に、恥を承知で相談してみることにしました。

「わたしは45歳を過ぎてからずっと漢方を飲んでいるの。老化や美肌対策にもいいし、更年期世代には絶対おすすめよ」

と友人からアドバイスされて、おすすめの漢方薬局を紹介してもらいました。

早速、漢方薬局に相談した睦美さん。

「更年期に入って女性ホルモンが減少すると、記憶力や思考力も急に落ちることがあります。バランスを整えるために漢方治療をしていきましょう」

と薬剤師から説明があり、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)という漢方薬が処方されました。

十全大補湯は、栄養を補って血行をよくすることで、身体の隅々に栄養を与えたり、胃腸の機能を高めたりします。

そうすることで気力を取り戻し、疲労回復や体力の低下を改善するはたらきがあるといわれているのです。

お肌に栄養や潤いを与え、乾燥肌の改善などにも応用される漢方薬です。

「漢方のおかげで、だんだんと肌のハリや顔色がよくなり、たるみが目立たなくなってきた気がします。疲れやすさも改善して体調がいいので、しばらく漢方は続けていきます」

 

漢方で更年期の頬や口元のたるみの改善を目指す

「顔のたるみを根本から解消したい」

「老け顔の悩みから解放されたい」

そんな方も多いのではないでしょうか。

更年期になると、肌のハリや潤いを保つ役割がある女性ホルモンが減少するため、口元や頬のたるみが生じやすくなります。

漢方では、ホルモンバランスの乱れだけでなく、加齢による肌の衰えや肌に潤いを与え、肌のハリを保つことが重要だと考えます。

加齢による肌の老化には、血流の改善作用で肌に栄養を行きわたらせたり、水分の循環をよくしたりすることで、潤いのある肌へと向かわせるのです。

また、血流改善や水分の巡りをよくすることで、冷えや疲れなどの症状も根本から改善することも目指せます。

更年期では顔のたるみ以外にも、いくつもの不調があらわれます。

不調の改善には、日本産婦人科学会も推奨している漢方薬がおすすめです。

また、不調の改善だけでなく、根本的な体質改善を目的としている漢方薬は、自然由来の成分がからだにやさしく働くため、毎日飲むだけで症状の解決を目指せます。

更年期の顔のたるみを改善するには、以下の漢方薬がおすすめです。

<更年期の顔のたるみにおすすめの漢方薬>

  • 人参養栄湯(にんじんようえいとう):疲れやすさや貧血、食欲不振、体力の低下、手足の冷えなどが気になる方に。
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう):疲れやすさや胃腸虚弱、寝汗、風邪をひきやすいなど免疫力の低下が気になる方に。
  • 六味丸(ろくみがん):頻尿やむくみ、口の渇き、手足のほてり、からだや肌の乾燥が気になる方に。

ひとつ注意点として、漢方薬を選ぶ際は、ご自身の体質・状態に合っているかがとても大切です。

うまく合っていないと効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に向いているのかを見極めるためには、プロの力を借りるのがおすすめです。

漢方薬局や病院へ足を運ぶのはハードルが高い、対面では相談しにくいという方は、「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに一度相談してみるのもいいでしょう。

AI(人工知能)を活用したオンライン漢方サービスなら、気軽に漢方のプロに相談できます。

お手頃価格で個人に効く漢方を見極め、自宅に郵送してくれますよ。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

更年期の顔のたるみの悩みから抜け出そう!

40~50代の頬や口元のたるみは、更年期が原因かもしれません。

ひとりで悩まずに専門家に相談してみませんか?

漢方薬でからだの内側からバランスを整えて、更年期も笑顔で過ごしていきましょう。

<この記事を書いた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆき

漢方薬・生薬認定薬剤師  JAMHA認定ハーバルセラピスト

製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。

現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

       

■ご周囲に、男性更年期の経験者はいらっしゃいませんか?■
アンケートにご協力ください。コチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク