男性更年期はどう始まる?49歳から始まった驚きの症状、一部始終とは【100人の更年期#66】前編

オトナサローネは同世代の女性100人がいまどのような更年期を迎えているのか、そのあり方を取材しています。(ご本人の年齢や各種の数値は取材時点のものです)

あまり知られていないことですが、男性にもホルモン分泌の変化が起き、ゆるやかながら男性更年期が起こり得ます。今回は、語られざるその経過を52歳男性に教えてもらいます。

100人の更年期#66】前編

ヒロシさん 52歳
飲食店経営/ミュージシャン。妻と二人暮らし。お酒が大好きで50歳までは1日ビール5リットル飲む日もしょっちゅうだった。

 

49歳。いつもと違う二日酔いに違和感を覚えた

大のお酒好きが高じて、40代後半に念願の居酒屋経営を始めたヒロシさん。店に立ちながら、1日にビールを5リットル、サワー10杯程度飲む日もありました。二日酔いにも慣れたもので、多少の具合の悪さならやりすごす日々でしたが、49歳頃から、これまでにない体調の異変を感じるようになりました。

 

突然、滝のように汗がぶわっとまとめて噴き出てくるようになって。最初は二日酔いのせいにしていましたが、そのうち酔っていないときでも汗が出るようになって、これは違うなと思い始めました」

 

汗を流そうとシャワーを浴びても汗はひかず、加えて、熱いお湯を浴びると動悸が。本調子ではないと思い、異変を感じたら布団で横になるようにしましたが……

 

「布団に入っても汗は止まらなくて、すぐに布団がびしょびしょになりました。布団が濡れても交換する元気はなく、そのうち冷えた汗に体温が奪われて寒くなって、ぶるぶる震えてしまい、眠れない。こんな日が続きました」

 

気絶したように寝込んだり、突然不安が襲ったり、これっていったい……

ときには3時間程度しか寝られない日もでてきたヒロシさん。症状は徐々にひどくなり、月に1度のペースで、気絶したかのように一日中寝込んでしまうこともありました。

 

「寝落ちする瞬間、突然バクン!と胸部に不安が襲ってくるんです。何に対しての不安とかではなく、漠然と不安な気持ちになりました」

 

さすがに怖くなったヒロシさんは、異変を感じ始めて半年ほど経った50歳の秋、クリニックで診察してもらいました。

 

50歳で初めて知った男性更年期

「寝落ちするときのバクン!は胸部に感じるので、胸部のレントゲンを撮ってもらいましたが、特に異常はありませんでした。医師に『もしかすると更年期かもしれません』と言われ、そこで初めて自分が更年期かもしれないと意識しました」

 

これまで更年期にまったく関心がなかったヒロシさんは、この日を境にインターネットで更年期について調べるようになりました。

 

「調べれば調べるほど、自分の症状が更年期のそれにぴったりで。まさか男にも更年期があるなんて、思ってもいませんでした」

 

自分が更年期だと確信を持ったヒロシさん。妻と母親に更年期だと伝えたところ……

 

▶【この記事の後編を読む】男だって更年期になる。付き合う覚悟をきめた50歳が選んだ道は【100人の更年期#66】後編

 

 

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク