デートなんて何年ぶり?年下男子と2人きりで歩く私に彼は【年下小説・あなわた#7】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.7】

長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子。

(この小説の一気読みはこちら)

 

 

まちあわせ

 

土曜日。いつも利用している駅の改札に私は向かう。

でも、いつもとは違う。今日は会社は休みだし、私は通勤用の格好ではない。

それに、すぐに改札を通らない。

ここで、高坂くんと、待ち合わせをしているから。

 

犬カフェがあると知って、一緒に行こうという話に自然となリ、週末の昼過ぎに、こんな風に約束をしている。

男の人と出かけるなんて、本当に、何年ぶりだろう。

なぜだか、足が震えて、うまく歩けなくて、もう、5分遅れていた。

 

彼は、いた。

改札の脇で、壁に寄りかかって、うつむいてスマートフォンをいじっている。

普段とは違う、ジーンズと紺色のTシャツという、ラフな彼。

私も紺色のスカートに白いトップスを合わせているから、似ている感じなのが気恥ずかしい。

 

彼の真ん前に、立ち止まる。

でも、どうやらゲームに集中しているらしい彼は、私に気づいてくれない。

なんて、声をかけたらいいんだろう。

しばらく躊躇していると、彼は気配に気づいたのか、顔を上げてくれた。

そして、

「遅いですよ!」

と、笑いかけてきた。

 

ならんであるく

 

高坂くんと並んで歩きながら、私はしばらく黙っていた。

こんな時、何を話したらいいのかも、記憶の彼方に行ってしまっていて、わからなかった。

 

「なんかおとなしいですね」

やがて、高坂くんのほうから、話しかけてきてくれた。

「ちょっと、緊張しちゃって」

「何で緊張してるんですか」

 

彼はまた笑った。

会社にいる時は笑顔なんてほとんど見せないのに。

休みの日は、こんなにリラックスしたいい顔を見せる人だったんだ。

外は晴れていて、だからなのか、彼の笑顔もすごくまぶしくて、私はまっすぐ彼を見ることができず、少し目線をそらしてしまう。

 

「だって、ひさしぶりなんだもん、男の人と2人で出かけるなんて」

「え、どのくらいぶりなんですか?」

「何年かぶりだよ」

「そんなに」

彼は驚いている。

 

「高坂くんは、ひさしぶり?」

「ひさしぶりも何も、初めてですよ」

「えっ……!?」

「彼女いたことないって、言ったじゃないですか」

 

ふれた手のひら

 

「女の人と一緒に出かけたこともないの?」

「ないですよ。ずっと男子校だったし、大学も理系だったから女いなかったし」

 

彼は何でも話してくれる。

私には相当打ち解けてくれているようだ。

とても不思議な気持ちだった。

 

ひさしぶりに男の人と歩く私と、はじめて女の人と歩く高坂くん。

だけど私たちはデートをしているわけではない。

ただ、犬が好きだから、一緒に犬カフェに向かっているだけ。

 

「あっ、あれじゃないですか?」

駅から10分ほど歩いたところで、彼が真っ白い建物を指差した。

犬をかたどった看板が下がっている。

「たぶん、そうだね」

そう答えながら、私はどぎまぎしていた。

 

一瞬だけ、彼と手のひらが触れ合ってしまった。

会社で、書類の受け渡しをする際に、いろいろな人の手に触れてきた。

でも、その時の感触とはまるで違う。

ほんのすこしだけ私よりも体温が低い、男の人の、肌。

 

それに、反射的に、ときめいてしまっていた。

高坂くんは、私のこんな気持ちにまるで気づかないらしく、

「早く行ってみましょうよ」

と、私をせかしてきた。

 

そして、

でも、犬カフェでも、私にとってのひさしぶりは、たくさん待ち受けていた。

 

(この小説の一気読みはこちら)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク