台北おすすめホテル!1泊9000円~女性一人でも安心オシャレ宿【ひとり台湾】

台北のホテルシリーズ第3回!過去2回の記事はこちら・・・

第1回 台北に泊まるならオススメこのエリア!

第2回 1泊15000円~オトナの宿編

今回は1泊9000円~女性一人でも安心オシャレ宿編です。

 

■佐々木千絵さんの台湾1周 まとめはこちら

■佐々木千絵さんの台湾1周 まとめはこちら

インスタ映えもバッチリ

台北で今数多くあるデザイナーズホテルの代表的存在であるダンディホテル(丹迪旅店) 天津店、といっても「どうだ!オシャレだろう!スタイリッシュだろう!」というようなおしつけがましさは皆無の洗練されたインテリア。

白と木目を貴重とした北欧風客室はちょっと一味ちがうホテルライフを楽しみたい人にオススメ。一部壁面がモスグリーンだったりブルーグレーだったり、森の木をテーマとしたインテリアや凝ったテキスタイルのクッション、とどこを撮ってもインスタ映えバッチリ!台北旅行をSNSで発信するあなた、このホテル、いいと思います。

 

ホテルとしての質も高い!

オシャレオシャレって、ホテルはオシャレなだけじゃ泊まれねえ。と思ったら大間違い、ダンディホテルは宿泊施設としてのレベルも高いんです。

スタッフが親切なのはもちろん、朝食も常にゲストの声に耳を傾けてるというだけあり大型ホテルのような豪華さはないものの一つ一つこだわりのメニューが並ぶ。朝ごはんは外で台湾式という場合も、とりあえず朝起きてコーヒー飲みたいなという欲求も満たしてくれる。

長めに滞在する場合に欠かせない無料ランドリーもあり、滞在中自由に使えるのもポイント。最終日に部屋でおみやげをパッキングしてる間、汚れた服を全部キレイに洗濯乾燥!って帰国後の自分が今の自分に感謝すること請け合いです。

細かいことだけど、冷蔵庫の音が寝るとき気になることありませんか?ダンディホテルは冷蔵庫が入る棚に扉が付いていて、その扉があるのとないのではモーター音の聞こえ方が全然違うんです。その優しさ!!

さらに部屋数が少なく建物自体コンパクトな作りなので、ドアをあけてから街に繰り出すまでの動線が短くまるで一人暮らしのマンションの様な感覚、というわけで満足度の高いホテルライフが送れます。

 

コンビニが目の前の最高立地

そもそもオススメエリア内のオススメホテルなので立地はいいんです。

でもエリアだけの話でなく、ロビーを出たら本当に目の前にセブンイレブン様が鎮座してくれてるという日本人にありがたすぎるロケーション。

ビールが足りない、というときやメイク落とし忘れた!なんてときもチャっと外に出て買い出しができるのは涙がでるほど便利。

そして徒歩数十秒のところには大人気の火鍋店、『天香回味養生鍋』もある。歩き疲れて夕食どこにしよう?という場合にホテル目の前においしいお店を確保できてるのは安心!

女ひとり旅はもちろん、友達同士での宿泊にもピッタリのホテルです!

次回も同エリア、なるべく宿代は安いほうがいい!という1泊5000円~のコスパ宿です。

 

ダンディホテル(丹迪旅店) 天津店 *他に大安森林公園店、天母店あり

住所:台北市天津街70号

Tel:02-2541-5788

前の話

次の話

(毎週木曜19:00更新中!次回もお楽しみに……!)

 

佐々木千絵さんの台湾1周!

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
イラストレーター 佐々木千絵

スポンサーリンク

スポンサーリンク