(後編)【関節痛・こわばり】更年期だから、と放置しちゃいけないコワい理由

【 Q 】更年期からくる関節痛への対処法はありますか?

【 A 】
病院で検査をしてとくに異常がない場合や更年期由来であることが明確な場合は、漢方薬の服用もおすすめです。

漢方薬は西洋薬に比べて副作用のリスクも少ないといわれており、慢性的な症状の改善を得意としています。

更年期の関節痛に対しては、鎮痛作用で急性の痛みを和らげるだけでなく、「ホルモンバランスの乱れを整える」「血流をよくして関節や神経の機能を回復する」「痛みの原因となる余分な水分をとり除く」といった漢方薬を選び、根本からの改善を目指します。

自然の生薬の組み合わせで作られている漢方薬は、心とからだのバランスを回復させ、さまざまな不調を訴える更年期女性に対してはとくに有効とされています。

更年期由来の関節痛におすすめの漢方薬をご紹介します。

 

<更年期からくる関節痛におすすめの漢方薬>

・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
からだの表面を温めつつ、痛みもとり除く漢方薬です。冷え性の方に適しています。関節痛や神経痛などの痛みを緩和させます。

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
からだを流れるエネルギーの滞りを改善し、栄養を補うことで更年期にともなう女性特有の不調を改善します。

漢方薬は、その人の状態や体質を重視します。体質に合っていないと、その漢方薬本来の効果を発揮できないどころか、思わぬ副作用が生じる場合があります。

漢方のプロフェッショナルである医師や薬剤師にきちんと処方してもらうことも大事です。
最近は、オンラインで利用できる「あんしん漢方」のような漢方サービスも人気を集めています。

オンライン個別相談を利用すれば、自宅に居ながら漢方のプロに相談できます。
スマホ1台あれば利用できるので、なかなか通院する時間がない方でも利用しやすいサービスです。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

 

 

つらい関節痛、ひとりで悩まないで

関節痛は更年期由来のものと、リウマチや膠原病によるものがあります。

まずは病院で診察してもらい、原因を特定することが大事です。

痛みを緩和できるケアもあるので、ひとりで悩まずに、まずはお医者さんに相談してみましょう。

 

<この記事を書いた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師
碇 純子(いかり すみこ)

薬剤師・元漢方薬生薬認定薬剤師 / 修士(薬学) / 博士(理学)

神戸薬科大学大学院薬学研究科、大阪大学大学院生命機能研究科を修了し、漢方薬の作用機序を科学的に解明するため、大阪大学で博士研究員として従事。現在は細胞生物学と漢方薬の知識と経験を活かして、漢方薬製剤の研究開発を行う。

世界中の人々に漢方薬で健康になってもらいたいという想いからオンラインAI漢方「あんしん漢方」で情報発信を行っている。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

●Medical Health CH:https://www.youtube.com/channel/UC7XLi90xVGs_NnKhowC0G2w

1 2

スポンサーリンク

この記事は
薬剤師 碇純子

スポンサーリンク

スポンサーリンク