【後編】経済的に自立したキレイな人だったのにどうして!? 彼女がはまってしまった〝結婚〟からの【逃げ道あるある】とは?

2023.11.18 LOVE

婚活中の女性に勧める「親へのひっそり謝罪ワーク」

shutterstock.com

私が、まずC美さんにたずねたのはお父さんのことでした。

C美さんは、20代の頃に父親を亡くしています。「優しい父でしたけれど、一度だけ叩かれたことがあります。中学生のとき、事業がうまくいかない父に、『どうせ稼げないくせに』と言ってしまったんです。いま思うと、ひどいですよね」

そこで、私がC美さんにおすすめしたのが、「親へのひっそり謝罪ワーク」です。

 

 

「親へのひっそり謝罪ワーク」のやり方

  1. ひとり静かにいられる時間と場所を用意する。夜寝る前や、入浴中など。
  2. 親に謝りたい過去の経験があれば、心のなかで謝罪をする。

(例)

「お父さん(お母さん)、あのときひどいことを言ってごめんなさい」

「お父さん(お母さん)、ずっと見下してきてごめんなさい」

※これを3週間、毎日続ける。

 

 

もちろん、直接親に謝罪してもいいのです。ただ、これは親のためではなくて、自分自身の罪悪感をなくすためのワークなので、心のなかでひっそり謝るだけで効果があります。

C美さんもそうですが、不倫をしてしまう多くの人の共通点に、親に対する罪悪感や恨み、拒絶感など、ネガティブな思いを抱えていることがあります。

親に対してネガティブな思いを持っていると、人は無意識に自己否定をすることが多い。また、親の教育が間違っていたことを証明しようと、無意識に、親が喜ばないであろうことをしている人もいます。そのせいで、理想の相手に選ばれて幸せになることを、自分が自分に許さないのです。

 

最初は「20年前のことを謝るんですか?」と不思議顔だったC美さんですが、「親へのひっそり謝罪ワーク」を続けるうちに、表情が変わりました。

「最近、心に余裕ができた気がします。不倫をしていた頃の私は、自分では気楽な恋愛をしているつもりでしたが、いつも後ろめたい思いがありました。そのストレスで暴飲暴食に走っていたんですよね」

 

 

本心にふたをしていると「幸せ」になれない

shutterstock.com

このことをきっかけに自分自身と向き合ったC美さんは、「自分を幸せにするために、やっぱり結婚したいし、子どももほしい」と決意。

その後、半年もたたないうちに、理想どおりの相手と出会い、結婚をしました。いまでは二児の母になり、忙しくも幸せな毎日を過ごしています。

 

不倫をしている女性のなかには、C美さんのように「幸せな結婚をしたい」という本心にふたをして、結婚を先延ばしにしてしまっている人が意外と多くいます。

そういう人は、一度「親へのひっそり謝罪ワーク」を試してみてください。親だけではなくて、「自分への謝罪」をするのも効果的です。

自分が幸せになることを自分自身が肯定することで、表情だけでなく行動も変わります。婚活中なら、目に見えて効果を実感することができるはずです。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。
次回の配信もどうぞお楽しみに。

 

 

【編集部より】
あなたの恋、不倫、離婚のお話を教えていただけませんか? OK!という方はこちらから

 

 

『アラフォー・アラフィフ専門婚活カウンセラーが教える
結局、理想を下げない女が選ばれる』
(伊藤友美 著 / フォレスト出版)

 

AMAZONはこちら

▶ 電子書籍はこちらから

楽天ブックスはこちら

1 2

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク