「うわ、安っぽオバサン~!」40代女性が【使ってはいけない】コスメとは(前編)

物価高が続いている昨今は、コスメにも節約を心がけている人も多いもの。とは言っても、美しい新作コスメをいざ目の前にすると、思わずお財布の紐が緩んでしまうのもありがちですよね。

けれどせっかくコスメにお金を費やしても、残念ながら「お値段以下」のメイクにしか見えていなかったら、すごく残念。チープな印象のメイクは、40代を貧相に見せてしまいます。

自身も40代である時短美容家の並木まきが、残念ながら「お値段以下」にしか見えないメイクをしている40代ほど使っている確率の高いコスメをお話します。

 

チープな印象になりやすいコスメ1:グレー感の強いアイブロウアイテム

グレーの眉は知的かつ落ち着いた印象を狙えるので、コンサバな装いをしたい日にほど、手に取りがちかもしれません。しかし実はグレーの眉こそ、40代を貧相に見せやすい要素でもあり、昨今はブラウン系や赤みのある色合いの眉が主流なことも影響し、グレー眉は地味な印象を悪目立ちさせやすい傾向にあります。

地毛がグレーの人ではない場合には、グレーという色合いが白髪を連想させることもあり、40代にはこれがチープ見えの原因となる場合も。デパコスなど高価なアイブロウアイテムだったとしても、悲しいかな、グレーの発する独特の昭和感が40代という年齢と相まって、チープな雰囲気を醸しやすい点にも要注意です。

コスメ単体の質感や発色が美しかったとしても、40代の肌にのせたときには、全体の印象をチープに見せるリスクも大。なるべく使わないほうが無難とも言えます。

次のページへ▶▶「うわ、安っぽオバサン~!」40代女性が【使ってはいけない】コスメとは(後編)

 

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク