期間限定商品は作らないほうがいい~副業スモールビジネスで月3万円売れるルールvol.11

こんにちは。そろそろ夏の暑さもやわらぎ、秋のにおいを感じるようになってきました。あちらこちらで、そろそろハロウィンバージョンが出始める時期です。

物販をしていると、季節ものに目がいきませんか? いつもと同じような商品を扱っているので、たまにはちょっと変わり種を取り入れたくもなりますよね。そんなとき、イベントがあると、私たちはそれに便乗しようとします。

私もイベントごとは大好きでして、特にハロウィンやクリスマスはいくつになってもワクワクします。でも季節モノは作りません。イベントに便乗して作ってみようかなと思っている方がいらっしゃったら、「ちょっと待って!」と言いたいのです。

季節モノは在庫になりがち

Halloween homemade gingerbread cookies

 

たとえば布小物を作っている作家さんが、定番マスクに加えハロウィン柄のマスクを投入したとします。棚もハロウィン仕様に変更し、早速季節感を出してみます。すると最初は少しだけ売れます。ですがすぐに足止めになってしまうでしょう。理由はなぜか。消費者もバカではありません。季節ものは長く使えない上に在庫になることを知っているのです。今や国民的ショップとなった100円ショップでさえ、季節ものはレジ周りの一部にとどめてありますよね? 普段そんなに数が動かないハンドメイド作品を全て季節ものに変更するのはそれこそ恐ろしいことになります。

 

次のシーズンまで在庫を抱えるリスクが高い

Fotolia_116466909_Subscription_Monthly_M

 

万が一売れ残ってしまったらどうでしょうか。例えはハロウィンのリーズを作ったとします。ジャックオーランタンやゴーストがちりばめられた、THEハロウィンといったお決まりのリースです。いくつかのバージョンを作っておけばいくつかは売れるでしょう。でも、売れなかった分を次のシーズンまで自宅保管しなければなりません。スペースは取るし、品質は劣化し続けるし、何もいいことはありません。

 

商品のカラーリングとラッピングで勝負して

Fotolia_96811357_Subscription_Monthly_M

 

ですが、日本には四季があります。そしてイベントによって購買意欲も高まりますし、せっかくのイベントのチャンスをモノにしてたいのが本音ですよね。じゃあどうすればいいか。答えは簡単、THE季節モノといったようなわかりやすいものを作らなければいいのです。

「でも自分の棚に変化がないのはつまらない!」とおっしゃる方もいると思います。そんな方は、カラーで勝負すればいいのです! 例えばハロウィンなら、ジャックオーランタンやゴーストの形ではなく、パープル系のリースやオレンジ系のリースを作り、ラッピングをハロウィンにすればいいのです。ラッピングなんて商品の材料費とくらべたら安いものです。材料費や手間を掛けて商品を作り1年間在庫にすることを考えると、この方法が一番効率がいいと思います。

そしてシーズンが終わって売れ残ったら、ラッピングだけ、リボンだけを変更して、元の定番商品に戻す、と。これで家での在庫を抱えなくてすみます。

 

シーズンものは商品棚の活性化につながりますが……

General store

 

シーズンものは棚を華やかにしてくれます。商品がいつも入れ替わっているように感じますし、お客様にとってもいいことです。しかし、新しいものを生み出すのはとても労力のいること。趣味としてではなく商売として考えるのであれば、季節モノには安易に手を出さないか、色とラッピングで雰囲気を出すくらいまでに抑えておいた方がよさそうです。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

意外なこの場所なら飛ぶように売れる~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.3

みなさんは自分の作った作品をどうやって販売しますか? 今はネット市場がメインでしょうか。minne、tetote、creema、iichiなど、ネット上のハンドメードマーケットの便利…

CA直伝!優雅な女性は〇〇しない。オフィスで好感度アップの4つの秘訣

街やカフェ、オフィスで思わず目を留めてしまう美しい女性がいます。それは必ずしも「絶世の美女」とは限りません。ただ、彼女たちが「美しくてエレガントな空気」をまとっ…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

アクセは「○○なほど」高く見える?~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.4

今回は制作実践編として、最低限の材料と道具で作れて確実に人気のある、初心者向けアクセサリーをご紹介します。副業ハンドメイドは「日本のどの地域にも必ず一定のマーケ…

ブランドを始めるならどんな名前? 売れる名前4つのルール

もしあなたがお店やブランドを始めたいなら、どういう名前にしますか? 今もしあなたのしているビジネスがうまくいかないのは、ブランド名に一因があるのかもしれません。…

白トップスにはシワ飛ばし効果が!「美人見え」する秋の着こなし術

きれいめにもカジュアルにもバシっとハマる白トップス。見る人に清潔感と上品な印象を与えるので、オフィススタイルにも欠かせないアイテムです。しかもどんなアイテムとも相性抜群。そして何より嬉しいのが、白トッ…

まだ赤リップ使ってるの?秋の口紅はブラウンに、落ち着いた大人の色気をON

アラフォー世代にも広まった赤リップ。もう流行り始めて何年もたちますが、ここにきてブラウンリップが次のトレンドに。ブラウンといっても、肌馴染みのいいレッドブラウンやピンクブラウンなど秋らしいカラーが主流…

おなかぽっこりを上手に隠す!「ちょい甘レトロ」なブラウスがマンネリコーデに効く

去年から引き続きトレンドのレトロシャツ。水玉やフリル、小花柄、おじチェックなど、ちょっとレトロなヴィンテージブラウスを使ったミックスコーデを、取り入れてる方も多いのでは。ウエスト痩せも実現できますし、…

「40代にチェック柄は厳しい」?そんなことないよ、大人チェックで秋スパイスを!

「トレンドを取り入れたいけど、がっつり取り入れるのは恥ずかしい」。大人たるもの、一度はそう思ったこと、ありませんか? とくにこの秋注目のブラウンチェック&ブラックチェック。そんなわかりやすく子供っぽい…

40代「乾燥性敏感肌」の私が始めたエイジングケア

若いころから乾燥して敏感になりがちだった私の肌。紫外線や冷たく乾燥した外気など、刺激を感じることもありました。そんなお肌だからこそ、スキンケアはいつも慎重そのもの。新しいものを使うときって、ちょっと勇…

[PR]

街中みんなパープル現象!秋に買い足す美女スカートで細見せコーデ

この秋のトレンドカラー・パープル。今年は特に、パープルロンスカ熱が再燃している模様です。是非1着手に入れて着まわしたいところですが、ロンスカの着回しって意外と難しい……。しかも明るい色だから太って見えそ…

高見えの達人に学ぶ!「ただのユニT」を秋っぽオフィス着にシフトするワンテク

9月に入り、オシャレ女子が今一番気になる秋のファッション。でもまだまだ暑くて半袖は手放せないという方も多いはず。そんな時の救世主が、シンプルでバリエーション豊富な「ユニT」。プチプラなのにオフィスにも…

GUの「トレンチスカート」に注目!ヘルシーなのに女っぽい上品モテコーデに

オフィスにもオフにも使えて、秋にぴったりの美人見えボトムスがGUから登場しました。その名もトレンチフレアスカート。ボタンやリボンベルトなど、きちんと見えするポイントをしっかり押さえながらも2,000円以下…

ユニクロワッフルTが今なら790円!10月まで着倒すぐるぐるコーデ講座

この秋何を買い足そうか迷っている方は、着回し自在のユニクロワッフルTがオススメです! しっかりした作りなのに薄手で、今の時期にピッタリなトップス。短すぎず長すぎない5分袖はまさにこれからが本領発揮する…

知ってる? まつ毛にアレを仕込むと「こっそり美人」になれるって!

トレンドの目もとにしてみたいけど、ピンクメイクは気が引ける。でも、10年前と同じメイク方法で本当にいいの? そう感じている40代女性も多いハズ。こっそりメイクを変えてアップデートしたいけど、どうしてい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事