美容院には髪を洗ってから行くべき?知らないと非常識と思われること

美容室に行くのが楽しみという人がいる一方で、なんだか憂うつと感じている人も。

キレイになるために行っているのに、色々と気をつかってストレスになっていてはもったいないですよね。苦手意識を克服するコツはこちらで紹介しているので、参考にしてください。

「まだ美容室ジプシーなの?40代が運命の髪型を手に入れる3つのコツ」

今回はこんな時どうしたらいいの? これってアリ?といった小悩みについて美容師さんにうかがいました。

 

予約は電話とネット、どちらがお得?

 

ひと昔前は電話で予約が当たり前でしたが、ネット予約の割合が増えてきているようです。会話が苦手、電話嫌いの人にとってはうれしいツールですが、予約が入っていなかったというトラブルもあるようです。

電話とネット予約、サロン側はどちらをオススメするのでしょうか?

 

「ネット予約はサロンの営業後にもできるので、お仕事が忙しい方にとっては便利だと思います。電話の利点は予約状況に応じて対応できることです。“明日行きたいんだけど”というときでも、あいている時間を見つけて予約を入れることもできますし、●日の●時ならすいていますよとオススメすることもできます。ネットと電話のどちらがいいかというのは、その時の状況にあわせて使い分けていただくのがいいと思います」

 

ネット予約は24時間対応なので、好きな時に予約ができてキャンセルもしやすくなっています。ただ、予約枠や時間帯に制限があるので電話予約のほうが融通はききますね。トラブルが心配な人は電話予約が確実です」

 

「直前や当日の予約はネットでの対応が遅れてしまう場合があります。前もって予約をする場合はネット、直前は電話と使い分けてはいかがでしょうか」

 

24時間対応のネット予約は忙しい40代の強い味方。初回限定で割引サービスを行っているところもあるので、お得な場合も。ただ、直前の予約は対応が遅れる場合もあるので、電話のほうが確実です。

 

また、当日のメニューが確定していない人も電話のほうがよさそうです。

パーマをかけたいけれど、どうしようと悩んでいる場合は予約の際に伝えてください。カットだけの場合とパーマをかける場合では施術時間が異なるので、他のお客さまと時間がかぶり待つ時間が増えてしまいます」

 

「予約の際にメニューが確定していなくても、大丈夫です。迷っていることだけは予約の際に教えてください。メニューは当日、カウンセリングしながら決めていきましょう」

美容室での待ち時間を減らすためにも、「メニューに迷っている」ことはきちんと伝えておきたいですね。自分のためだけでなく、次にくるお客さんのことも考えて行動するのが大人の対応です。

 

美容室に行くとき、髪は洗っていかなくてもいい?

 

美容室で髪を洗ってもらうけれど、髪が臭かったらイヤだな、ベタベタしているのは相手に失礼? でも、何度も髪を洗うのは頭皮によくなさそう……。意外と悩むのが美容室に行く前の洗髪問題。特に午前中に美容室に行く場合、前日夜の洗髪を悩む人も。

 

「シャンプーを含むメニューであれば、洗髪してこなくても特に問題はありません」

「サロンに行く直前に髪を洗うのは控えたほうがいいでしょう」

 

仕事帰りなど夕方に行く場合、気になるのがスタイリング剤。ワックスやキープスプレーがついているのはどうなのでしょうか。

 

「スタイリングが少しついているくらいは大丈夫です。ジェルやハードワックスの場合は、シャンプーしてからの施術になるので、多少時間はかかります」

 

「何もついていないほうがすぐに施術ができるので、サロンの滞在時間を減らすことができます。汚れがないほうがカラーリングもしやすいのですが、会社できちんとしたスタイルをキープするためにスタイリング剤は必要だと思うので、気にしないでください。髪の状態を見て、施術方法を変えていきますから」

 

施術中はどこを見ていたらいいの?

 

鏡にうつる自分を見るのってなんだか恥ずかしいというか、イヤ(笑)ですよね。でも、うつむいているとカットしにくそうだし……。

 

「美容師の手元を見ている方が多いように感じます。雑誌やスマホを見ていても問題ありませんが、できるだけ真っ直ぐな姿勢を心がけてください。傾いていると長さが狂ってしまい、仕上がりに差がでてしまう恐れも」

 

「うつむき過ぎなければどこを向いても大丈夫です。目を閉じていてもいいですよ」

 

「鏡で髪型が変わっていく様子を楽しむのもいいと思います」

 

カットのときは頭を動かさないのが基本。真っ直ぐ鏡を見ているのがいいようです。カラーやパーマの待ち時間は雑誌を読んだり、リラックスして過ごしましょう。

 

簡単なアレンジってしてもらえますか?

カットしたての髪はそれだけでキレイですが、出かける予定があるときはさらにおしゃれをしたいもの。そんなとき、予約の際に伝えていなかったけれどアレンジをしてもらえるのでしょうか。また、ひとつ結びや巻き髪って追加料金がかかる?

 

「ゴムだけ、ピンだけでできる簡単なアレンジであれば料金はかかりません。アイロンで巻く場合ももちろんサービスの範囲内です」

 

「凝ったデザインのアレンジはセット料金がかかってしまいますが、ひとつ結びやおだんご程度の簡単なものであれば大丈夫です。担当の美容師さんにどこまでのアレンジなら料金がかからないか聞いてみるといいですね」

アイロンで巻く、ひとつ結びやおだんごならサービスとして行ってくれるところが多いよう。ただし美容室によって対応が異なるので、確認してみましょう。

 

美容室の上手な活用法とは?

 

美容室ではできるだけリラックスして過ごしたいけれど、気疲れしてしまう人も。また、思い通りのスタイルにならず、しょんぼりして帰ることもありますよね。

最後に、美容室での時間を楽しくするためのアドバイスをいただきました。

 

「髪の悩みなど、思っていることは心の中に留めておかずに何でも伝えてもらえると嬉しいです。美容師はお客さまの髪悩みを解決したいと思っています。一緒にキレイになりましょう」

 

無理に話をしようとしなくて大丈夫です。スマホや雑誌を見てゆったりと過ごしてください。不快なことや気になることを直接伝えられない場合は、サロンへのメールやアンケートなどで教えてください。お客さまの声をもとに改善していきます」

 

会話に困ったらヘアケアやスタイリング方法について聞いてください。私たちも施術をしながら、アドバイスをしていきます」

 

「雑誌を読んだり、スマホでSNSチェックをしたり好きなように過ごすのが一番です。でも、せっかくサロンに来たのだから、キレイになるためのことを吸収して帰ってほしいと思います。毎日のスタイリング方法や髪へのアドバイスも持ち帰ってほしいですね」

 

求めるだけでなく、客側である私たちも気をつけたいことがあります。

□遅刻やキャンセルをするときは必ず連絡を入れること

5~10分くらいなら大丈夫でしょと思わずに、予約時間に到着しているようにしましょう。そのあとの施術にも関わってきますので、遅刻は厳禁! 直前のキャンセルは美容室にとって損失になるので、避けたいところです。

 

□無反応はNG。会話が苦手でも髪に関することにはきちんと答える

会話が苦手だからと思っていることを言わずにいてはトラブルのもと。特に髪に関しては好みをちゃんと伝えたいものです。また、カラーの最中など頭皮に違和感があれば即伝えましょう。

 

美容室に限らず、気持ちよく過ごすためにはコミュニケーションが大切ですよね。疑問や悩みをそのままにせず、美容師さんと一緒にキレイをつくっていきましょう。

 

協力サロン

aRietta(アリエッタ)

東京・銀座にある安らぎのサロン。この秋はシンプルなあごラインのボブがオススメ。

 

clover(クローバー)

東京・恵比寿にあるプライベートサロン。丁寧なカウンセリングで似合うヘアが見つかります。

 

ZACC(ザック)

東京・青山にある30周年を迎えた老舗サロン。オリジナルのヘアケア剤も人気。

 

Ramie(ラミエ)

東京・銀座にある大人女性人気のサロン。乾燥しがちな秋冬ヘアには「うる艶トリートメント」がオススメ。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようになりました。日傘をさしたり、涼しい素材の服…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事