気になるワキ汗! 量やにおい、不快感を最小限に減らす対策法とは?

まだまだ残暑が厳しい日々、ワキ汗の悩みは尽きないものです。ワキ汗悩み歴約20年の私が、長年悩んで見出した対策法を以前の記事でご紹介しました。ですが、「ノースリーブを着ない人はどうすればいいの?」「ミントはひんやりして苦手」などのご意見もいくつか持ち込まれました。ええ、要は「他にアイデアないんかい!」ってことですよね。かしこまりました。ワキ汗対策法はまだまだあります。不快なワキ汗対策委員会・第2弾です。

ワキ汗対策その1 シャツは天然素材を選ぶ

cotton

まずはクローゼットの中にあるトップスのタグをチェック。ナイロンやポリエステル、レーヨンなどの化繊素材ではありませんか? これらの素材は通気性が悪いため、汗を内側に閉じ込めてしまいます。ワキ染みができるよりマシと思いがちですが、この状態を継続させるとにおい問題が生じてきます。ワキ汗は自分だけの問題ですが、においは他人様に迷惑をかけますから! あと、においって他人に指摘しづらいですから! トップスはコットンやシルクなどの天然素材を選ぶようにしましょう。

 

ワキ汗対策その2 白や薄い色のトップスを着用する

Young girl wearing blank wthite t-shirt. Wall background.

体を細く見せたいから、黒やネイビー、ブラウンなどの濃い色シャツを愛用している人って多いのではないでしょうか? 濃い色のシャツは引き締め効果も高く、ワキ汗も目立ちにくいですが、実はにおいはこっちの方が断然上。繊維の色が濃い方が、においが強く出るらしいのです。ワキ染みが最も目立つのはグレーやベージュ、ピンクなどの中間色。これを避ければ薄い色でも問題ありません。太って見えるからイヤ!という人は、首元に濃い色のストールを巻いたり、上着を羽織ってカバーしましょう。

 

ワキ汗対策その3 ブラをする

Woman choosing lingerie.

最近、私の周辺では1年中ブラトップな女性が多いです。実は私もその1人。締め付けがないし、トップスから下着が透けるようなこともないので、本当に本当にベンリ! ですが、ワキ汗を少しでも抑えたいなら、ブラは絶対着用すべきです。というのも、ワキの下には大包(だいほう)というツボがあり、ここを刺激すると汗を抑えることができます。着物を着用している人が汗をかかないのは、帯が大包を刺激しているから。それと同じです。

 

ワキ汗対策その4 体を極度に冷やさない

air conditioning isolated on white. 3d illustration

クーラーなどで体を急激に冷やしたあと、再び暑い日射しを浴びると汗がブワっと吹き出します。涼むのは問題ありませんが、なるべく弱冷房にして体を一気に冷やさないこと。電車などに乗り込むときは汗が引いてからにすると良いでしょう。また、長時間クーラーの下にいる場合は軽めの上着を着用して。ワキ汗の量を軽減させることができますよ。

ワキ汗対策その5 着替える

Stack of Shirts

究極はコレですよ。外出時には替えのトップスを常備する。めんどくさいですけど、コレに勝る方法はありません。夏のトップスはバッグに入れてもかさばらないですからね。あらかじめ屋外に出ることが多いと分かってる日は、バッグの中に忍ばせておきましょう。

 

とはいえ、ワキ汗はどうしてもかいてしまうものです。そして汗には老廃物が含まれているので、出したほうが体にはいいのです。あまり深刻にならなず、少しでも自分にとっての不快感をなくすケアをしてください!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

あさイチで話題!おりもののニオイや量など、アソコのお悩みQ&A

おりもののニオイや量など陰部の悩みを抱えている女性は少なくありません。NHK『あさイチ』女のホケン室での取り上げられたおりものや陰部の悩みについて、番組でもコメン…

「洗濯物が臭う」「汗をかくとシャツが臭くなる」……そんな人に朗報!新洗濯機

きちんと洗って干しているのに、なんだか洗濯物が臭い。ちょっと汗に濡れたらだんだん嫌な臭いになる。そんな悩みがある人に、原因から直す対策です!

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはあり…

「洗濯ものが臭い」理由は?根本的に臭いの原因をなくす7つのテク

きちんと洗って干したはずなのに、この夏も洗濯物が臭くなった人。いろいろ対策してるのに、もう何をしていいのかわからない……。

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか…

足汗で「足、臭いっ!」って言われるその前に カンタンに出来る対処法

ここ数日、フローリングを素足で歩くとペタペタと音がしませんか? なぜって? それもこれも、足汗のせい。多汗症の私にとって、足汗は季節を問わず放出されるもの。なので…

夏のイヤーな洗濯物の悪臭、こうして防いでます!40代のガチな知恵

この時期、ちょっと気を抜くと、汗で濡れた衣類から悪臭が漂いませんか?衣類の悪臭の原因は、繊維上で繁殖した雑菌。要するに洗濯のときにこれらの原因菌をうまく除去でき…

ワキ汗を止めたい!長年悩んでわかったワキ汗対策3つの方法 【他人には聞けないシモ美容1】

みなさーん、ワキ汗かいてますかー?ここ最近の気温の上昇で、服装が軽装になると同時にワキ汗の量は一気に増量。そして30代も後半を迎えたワキ汗は、若い頃とは比べ物にな…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。…

初心者でも失敗しない! 自分で前髪ちょいカットの注意点

あなたが美容室に通うのはどれくらいの頻度ですか?40代女性の場合、実は半年に1回が最も多いと言われています。次に多いのが3ヶ月に1回。多忙である上に、子育て中のママになると出費が重なり、美容室に通うお金…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできないからスタイリング時間がかかってめんどく…

脱・いつもの1本結び!「肩につくくらいの髪」の簡単アレンジ2つ

最近、忙しくて髪のカットもままならない! でもボサボサ髪はみっともないし、老け顔に見られそう。そんな悩みは、お手軽アレンジで解消しちゃいましょう。今回はアラフォー女性に最も多いと言われているミディアム…

いつから始めた?「白髪染め」デビューの平均年齢とは!

あなたが白髪染めを始めたのは、いつですか?私は34歳に白髪を発見し、35歳に白髪染めを体験。そこから1回元に戻し、36歳から白髪染めに完全移行しました。理由は夫からの一言。「白髪染め使って!」でした。見た目…

なんと! 髪にアレがあるだけで「4歳老け見え」することが判明

顔の印象を大きく左右する髪。40歳を過ぎると、定番だった髪型が急に似合わなくなって、むしろ老け顔に見せてしまったり。さらにパサついた髪やうねった髪も疲労感を与えてしまい、これまた老け顔コース間違いなし。…

カサついた「オバ肌」なんとかしたい! 噂の薬用美白オイル【プラシラ】を使ってみたら…!

例年以上の厳しい寒さと乾燥で、肌がカサカサになった今年の冬。「いつも以上に保湿に力を注いだつもりなのになかなか潤わない」。そう思っているかたも多いのではないでしょうか。かくいう私も例にもれず。潤わない…

[PR]

時間がなくてもキレイに仕上がる! 巻かないアレンジ

まともなスタイリングをしなくても、カットさえキマっていれば何とかなる! そんなのは30代まで。40代になると、キレイにカットしてもクセやうねり、毛先のパサつきなど、丁寧なケアをしてもブローなしでキープさせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多いんじゃないでしょうか?そこで今回は、オ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事