使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりました(ちなみに肌荒れ時代の、BEFORE→AFTER写真はコチラ)。

研究と努力の甲斐あってか、先日とあるアプリで肌のきめ年齢を測定したら、なんと27歳という驚愕の判定がでました。現在45歳なのでマイナス18歳肌⁉ さすがに自分でもびっくりしましたが……。そんな私が、本当に使ってよかったと思った超個人的「マイベストコスメ2017」をご紹介します!

 

第1位 エスト ザ ローション

エスト ザ ローション 140ml・6,000円+税/花王

スキンケアで何を一番大切にしているかというと、個人的には「保湿」です。シミもシワもたるみケアももちろん大切だと思っていますが、なにか一つしかケアする時間がないなら、まちがいなく保湿を最優先!

大人の女性には基本中の基本、かもしれませんが(苦笑)。

「エスト ザ ローション」は、その基本中の基本である保湿ケアに最先端技術のアプローチを結集させた化粧水です。過酷な砂漠の塩湖でも水分を逃さず生き続ける極限環境生物由来の成分を配合。肌の「貯水力」を高めて、美しく生まれ変われる肌にしていくというもの。

とろみのあるテクスチャー。つけた瞬間からしっとり、もっちりした肌になった感覚があります。空気が乾燥しはじめる秋から使っているのですが、肌の水分はキープできている気がしています。実際、つい最近測定した例の肌診断アプリでも「水分がかなり多い」という結果がでていました! もしかしてコレのおかげ……!?

●エスト http://www.sofina.co.jp/est/

 

第2位 ワン バイ コーセー 薬用保湿美容液

ONE BY KOSÉ  薬用保湿美容液 (医薬部外品) 60ml 5,000円+税、120ml 8500円+税(ともに編集部調べ)

昨年くらいから個人的に始まっていたブースターブーム。洗顔後、最初につけてスキンケア効果を高めるもの。オイルだったり、美容液だったりをいろいろ使っていました。

そんな中、2017年の初めに出会って感動したブースターが「ONE BY KOSÉ 薬用保湿美容液」。その後に使うスキンケアがグッと肌に入っていく感じもしたし、何より化粧ノリが変わった気がします!

特に実感したのが、2~4月のスギ&ヒノキ花粉症シーズン。毎年、花粉の影響で肌が敏感にかたむいて乾燥しがち、化粧ノリもよくないんですが、今年は違いました。花粉症の季節なのに、肌が潤っていて調子がよかったんです。肌が調子いいって、幸せじゃありませんか?

ONE BY KOSÉ 薬用保湿美容液は、日本で唯一、肌の水分保持能の改善が認められている成分・ライスパワー®No.11を配合した潤い改善美容液。保湿するだけじゃなく、肌の内部でセラミドを生み出す力を高め、自ら潤いをつくりだす肌へと導くのだとか。

ほんのりとろみのある感触とフローラルグリーンの香りで、使用感も幸せでした。ガチでまる3本、使い切りました!

●コーセー https://www.kose.co.jp

 

第3位 アンフィネス アップサージ  ソリューション

アンフィネス アップサージ ソリューション 40ml・10,000円+税/アルビオン

新製品発表会のときから「なんか良さそう」とワクワクしていた、ハリケア美容液。

最先端のテクノロジーによって、最速でハリを生み出すためにつくられたペプチドを配合。顔立ちが変わるほどの上向き肌↑↑を目指す、と紹介されたアルビオンの最新エイジングケアライン「アンフィネス」。

その中の美容液が「アンフィネス アップサージ ソリューション」です。

 

もともと超絶丸顔なのですが、ここ数年さらに丸みにたるみが追加され、もったりした顔になっていることを気にしていました。たるみゆく肌をなんとかしたい。キュッと引き上げたい! そんな願いを込めながら、この美容液を使ってみておりました。

ちょっと顔が締まってきたかも……。自分の中ではひそかに思っていたのですが、つい先日。3カ月ぶりに会った元同僚女性(やや辛口)に「やせた? 顔の輪郭が違うよ!」と言われました。

確かにちょっとやせたのもあるのですが、顔の輪郭がちょっとシャープになったのは(※あくまでも自分比であって、依然として丸顔)、この美容液のおかげかしら……。なーんて思っております。

●アルビオン http://www.albion.co.jp/

 

 

以上、リアルガチを大切にするOTONA SALONE編集長アサミが、使ってよかった「ベストコスメ2017」スキンケア編をお送りしました。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。何度目のお肌の曲がり角なのかしら…

[PR]

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

#115「男の本音」がわからない。二人で食事はデートか、仕事か?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミが、40代にして初の婚活に挑戦中。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など数々の婚活をリアルに実践すること2年。どこかで会ったのだけれど思い出せない謎の男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事