【九星フラワー占い】四緑木星の2018年上半期運勢は?

華やかな空気感のなか、人々の気分が高ぶりがち。そんな雰囲気が漂いそうな2018年。恋愛運や仕事運など、幸運期にあるのはどの星でしょう? 花の姿でその星に生れた女性のキャラクターを明かしつつ、運気もズバッと占います。

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。

人の注目を集める華やかなポジションへ!

フラワーショップをのぞくと、そこにはいつでもバラがあります。香りも豊かで、多くの人に好まれるバラは、好感度の高い四緑木星をあらわすのにピッタリの花です。バラは華やかな花でもありますが、2018年は華やかさ№1の星・九紫火星のホームポジション(本籍地)に四緑木星がすわります。このポジションに位置する1年はどの星の人も華やかに注目されやすくなりますが、2018年、その立場は四緑木星のものとなります。

 

良くない点にも注目が集まる

チームワークを尊重し、軽やかに振る舞う四緑木星にとって、自分だけが目立つことはうれしいことではないかもしれませんし、同じ四緑さんでも、縁の下の力持ちでがんばってきたのだから、今こそ自分にスポットライトが当たってもいいのではないかと思う人もいるかもしれません。どちらにしても、良くない点に関しても目立ってしまう恐れがあること、このことも忘れないでほしいものです。

陰口は本人に届いてしまうので要注意

例えば、「目立たずにひっそり自分のやりたいことをやりたい」という態度でいると、「自分さえ良ければいいのかしら」とか「私が主役なんだから」という態度になってしまうと、冷たい視線が集まってきたりします。また、不満や不安を陰でこっそり話していたとしても、なぜか人に広まってしまうので、陰口は厳禁です!

下調べはしっかりと。決断を成功に導くコツ

状況は少々乱気流という感じを受けると思いますが、支えてくれている人への感謝、とくに身内に感謝する温かい気持ちと、何かを決める時はよくよく考え、参考になるものがあればしっかり調べる知性的な振る舞いが、バラの四緑の評価を高めます。華やかさを増す時期ですので、色々な人がよってきて、耳に心地いい言葉をささやかれるかもしれません。そすぐにグラリとならず、冷静のその人の人柄を観察してください。

また、先ほど調べるという言葉を使いましたが、今年の四緑は頭脳が冴えているので、何か勉強しなおすというのは、大変おすすめのラッキーアクションです。2018年が始まる2月までに、ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

九紫火星の開運のポイントはこれ!

ラッキーアイテム:アイメイクをいつもより丁寧にしてみて。パープル系の色を使うとさらに運気アップ! 本当に大切な物や人を見抜くためのおまじないです。

ラッキーフード:お節料理ではエビとカニを食べ忘れないこと! 1年をとおしては、コーヒーにシナモンを加えて飲むと、疲れがとれます。

ラッキースポット:美術館や図書館でひとりの時間をしっかり味わって。

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

★2018年の全体運を知りたい人はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク