#74 ぼっちな40代独女が、婚活で得られたもの【40代編集長の婚活記】

40代、未婚、独身、恋人いない歴8年のOTONA SALONE編集長・アサミ(45歳)。20代、30代と少ないながら恋愛をしてきたものの、相手に浮気されたり、理由もわからず距離を置かれてフラれたりする。40代になって久しぶりにアプローチしてくれる人が出てきたかと思いきや、ちょっと調べたら既婚者であることが発覚したり……。男性不信はどんどん加速するばかり。

これは40代独女の、実名+顔出しで書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

40代おひとりさまの新年

2018年のスタート。新年あけましておめでとうございます。本年も、どうにも進まない40代独女の婚活にまつわる話を、どうぞよろしくお願いいたします。

40代独女がどのようにして新年を迎えたかというと、一人暮らしの自宅でゆるっとテレビを観ながら。しかしこれは20代、30代の頃からのベーシックな新年の迎え方。

そのうちの何年かはカウントダウンライブ(※仕事)で迎えていたけれど、基本だれかと一緒に過ごすでもなく、イベントに行くでもなく、いわゆる“ぼっち”。クリぼっちだけでなく、年末年始ぼっちだ。なにせ、ぼっち歴が人生の4/5以上にもなるプロぼっち。安定の過ごし方だ。

 

「一人=さみしい」がわからない

本当に強がりでもなんでもなく、これがとてもお気楽で好き。家でのんびりぬくぬくダラダラ過ごすのが幸せな迎え方だと思っている。誰かと一緒にいたければいればいいいし、一人でいたいなら一人でいいじゃないか。

ときどき「一人でさみしくないの?」と聞かれるけれど、どうして「一人でいる=さみしい」と思うんだろう。むしろ、その思考回路がわからない。さみしいという感情を持つ状況は、人それぞれ違うことだってある。

まぁ、こんな調子じゃ2018年の婚活もまったく期待ができない……と、思われるかもしないけれど。相変わらず一人好きな40代独女がいままでの婚活を通して、実は恋愛や結婚、男性不信などについて考えが変わったというか、得られたものがあるのです!

 

得られたもの1:デートがめんどくさくなくなった

実を言うと、デートがめんどくさいと思っていた。それは恋人がいたころでも(苦笑)。デートのために準備をしないといけないし、「通常の自分の生活サイクル」を一部変えることになるし。ドタキャンしようと思ったことが何度かある。

例えば土曜日の昼間にデートの約束があるとする。ふだんなら遅めに起きて掃除して洗濯して、朝昼兼用のご飯食べて、ちょっと自宅で仕事をやったり……みたいな感じだ。けれど、デートの前にそれを終わらせるなら早めに起床しなくてはいけない。もしくは起床時間は変えず、掃除や洗濯、仕事は日曜日にまわす。でも、土曜が天気よかったのに日曜に悪かったりすると「昨日、洗濯したかった」ともったいなかった気もする。

デートって、相手に合わせて自分の予定を変えなくちゃだからホントめんどくさい……。実は、ずっとそう思っていた。

 

「習慣化」するとめんどくさくない

なのだけれど、婚活を始めて1年5カ月の間、複数人の男性とデートをした。過去の人生でこんなに短期間に集中して数人の男性とデートしたことはない。結果的に誰ともうまくいっていないのだが、自分の生活習慣にデートというものが組み込まれたことによって、デートがそれほど珍しいイベントではなくなった。

つまり、頻繁にデートしたことによって日常的な生活習慣の中に、「デートがないバージョン」と「デートがあるバージョン」ができてくる。それによって、デートが特別なイベントではなくなり、日常的な生活習慣の1バージョンに変わった。

よく、ダイエットもトレーニングも勉強も、「習慣化」することが一番の上達の近道だという。私はデートが習慣化されたことによって、デート時間の捻出の仕方が上達した(←なんだそれ。笑)。デートがある場合の、それ以外への時間の使い方がみえてきた。そのため、デートがめんどくさいと思わないようになった。これが、婚活を継続して得られたものの一つだ。

 

得られたもの2:フラれた原因を自分に見つけようとしない

婚活記#67~#73の「男性不信シリーズ」の回で書いたように、私はものすごく男性に対して不信感があった。友人や仕事での男性にはそう思っていないのだが、恋愛においてのみものすごく男性不信だった。

私に恋愛的な好意を示してくる男性にはろくな男がいない。浮気する男、勝手に去っていく身勝手な男、独身だと嘘をつく男。#67~73のエピソードを読むと男性側を悪い!と思う人がいるかもしれない。

でも、私はあまりそうは思っていなかった。私はあまり他人を、少なくとも一度好きになった人を悪者にできないタイプのようだ。彼らが悪いんじゃなくて、そういう男性しか引き寄せられない自分、彼らにそう思わせてしまった自分が悪いんだ、と。私の何かがよくないから、彼らが浮気をしたり、飽きてしまったり、別れようとしたんだろうと考えてしまった。だから、浮気した人にも勝手に去っていった人にも、そうなった理由……私に足りなかったものや欠点を教えてほしかった。

後学のために。

 

別れることになった原因はただ一つ

「残念ながらご縁がなかった」、そう思うことにした。

思えば過去に付き合った相手は、長期間じっくり話し合った一人(以前登場したモトカレさん)をのぞいて、全部フラれてお別れした。私自身はまだ、気持ちが残っていたし、お別れしたくなかったけれど。

過去を振り返ると、付き合うきっかけは相手からのアプローチで始まっているので、私自身は比較的、気持ちはローテンションで交際がスタートしていた。けれど、私は付き合っているうちにだんだん気持ちが高まっていく。好きの度合いが強くなっていく。これをもしかしたら「重い」というのかもしれないけれど、私的には重いんじゃなくて、「深い」と言いたい。

だから、告白してくれたのは男性だけれど、お別れの言葉を男性から言われると、気持ちが深まっていた分だけ悲しくてつらくて涙が止まらなくて……。私の何がいけなったのだろう、どうしたらよかったのだろうと、ひたすら自分の中に理由を探した。

でも、たぶん明確な理由なんてなくて「ご縁がなかった」。たぶん、それに尽きるのだろう。

そう考えて、自分の中に理由を探さないことが、これ以上「男性不信」になってしまわないために大切なのかなと感じた。とはいっても、これからも誰かとお別れするたびに、自分を責めてしまったり、自分の中に理由をみつけようとしてしまうのかもしれないけれど……。

性格的に仕方ないのかな。

 

得られたもの3:本当に結婚相手に求めるものが見えてきた

去年の4月、「#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと」で「結婚相手に譲れない条件」を8つほど挙げていた。いま改めて読んでみると……うーん、そういうものじゃないんだよな、結婚したい相手って!と、我ながら思う。現状でも結婚できていないお前がいうな、なんだけど(苦笑)。

あの当時、ホワイトさんに「あれもダメ、これもダメって言ってるからキミは結婚できない」と言われた記憶がよみがえってくる。当時は「なにそれ!」と思っていたけれど、今は「そうそう」と相槌を打ってしまう気がする。結婚したい、一緒にいたい相手を探すことって、NG条件をみつけてそこに合致しない人は排除するとか、そういうことではないんだと気づいた。

 

私にとっての「一点突破」とは?

去年の夏に、岩井志麻子先生との対談【岩井志麻子×編集長対談・後】結婚相手は、お◯ックスよりチューが大事!?で、「一人の男にすべてを求めるな」「一点突破があればいいじゃない」という話を、志麻子先生からいただいた。

そのときから、私にとっての一点ってなんだろうと考えてきた。志麻子先生にとっては「オモロイかどうか」だったと言うけれど、私にとっては? そのときは答えが出なかった。

でも婚活を始めて1年5カ月たったいま。やっとわかってきた。「尊敬できるかどうか」が、私にとっての一点だ。

何をもって尊敬できるかはものすごく曖昧かもしれないし、人によってその基準は違うと思う。でもよく考えたら志麻子先生の「オモロイ」も、人によって基準が違うものだ。

私はもともと、私が尊敬できれば、肩書とか年収とか、それは関係ないと思っている。そして以前にNG条件にあげていた離婚歴も子供がいることも家庭に入ることも、もしかしたら体毛だって、どうだっていいかもしれない。あ、でも、苦手なにおいだけはやっぱり無理……かも……。

こんなこと言ってるうちは、やっぱりまだ結婚できないんだろうなぁ。

 

【まとめな2018年幕開けでしたが、次週はリアル婚活モード。新たな登場人物が! 続きはコチラ】

#75 彼氏いない歴8年・婚活中の40独女、久しぶりにときめく!?【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#73 闇をかかえる独女、ついに恋愛ができるのか?【40代編集長の婚活記】

 

【一気読みならコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

#127 2回目デートで急接近⁉ そのとき独女が思ったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるが、いまだに恋人もできず。恋人いない歴は9年以上になる。2回目のデートとなったアーティストのジェント…

#126 どうなる?はじめての銀座・婚活デート【40代編集長の婚活記】

「今年こそ結婚する!」 新しい年を迎え、そんな決意をするかたもいらっしゃることでしょう。46歳・独身・恋人いない歴9年、婚活歴2年超えのOTONA SALONE編集長・アサミは、今年こそ結婚できるのか⁉進行中の婚活相…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。…

#125 私って何なの? 2回目デートでいだいた不安【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。人生初の婚活をスタートさせてから2年以上経つが、恋人さえできないまま月日は経過。仕事で知り合ったらしきジェントルさん(49歳・バツイチ・子持ち・ゲ…

何を着る? ホテルラウンジでデート。ドレスコードとNGコーデは?【オトナの婚活コーデ】

オトナの婚活では、デートの待ち合わせ場所がホテルのラウンジということがあります。ラグジュアリーなカフェバーで優雅にお茶デートです。「何を着てったらいいの?」と悩む女性に、婚活歴2年以上のOTONA SALONE編…

40代からは「品のある口元」が大事! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・リップメイク編】

「オトナの品格は口元にあらわれる」。そんな言葉を聞いたことがあります。確かに口元がルーズになっていると、ちょっと頼りない印象を受けますよね。40代、キャリアを積んで責任ある仕事をしているオトナ世代。口元…

#124 どうなの? デートの途中に仕事をはさむ男って【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、そう一筋縄ではいかない。46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミは婚活すること2年以上。いまだに結婚のゴールは見えない(それより先に本ができた・苦笑)現在進行形なのは、49歳…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

美人見えのカギは肌づくり! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事