どこからが「不倫」ですか?夫はいるけれどまだ恋をしたい【♯婚外恋愛1】

どれだけバッシングされても、決してこの世から消え去らない不倫。

お互い籍を入れないままの恋愛。パートナーが複数存在する恋愛。

恋愛相談家・ひろたかおりが従来の「婚姻」の外にある恋愛と、その心理を傾聴する。

 

肉体関係はないけれど「彼氏」

 

— キャリアウーマンらしい、と思う。A子(40歳)は約束の時間に遅れない。いつも10分前にはカフェのテーブルに座り、すでに飲み物を用意して待っていてくれる。

「カフェオレ。砂糖抜き」

にっこりと笑ってこちらにドリンクのカップを差し出すA子は、今日もきっちりとメイクした顔にオレンジのニットを着ていて、綺麗にネイルの施された指には結婚指輪が光っていた。

いつもありがとう、と答えながら彼女の前に座ると、A子はすぐに口調を変えて話し始めた。

「ねぇ、彼がさ、今度ふたりで旅行に行こうよって言うんだけど」

言葉の内容に反して、彼女の表情は曇っていた。「いいじゃないの」と返すと、ちらりと視線を寄越し、

「ちょっと、簡単に言わないでよ。わかってるくせに」

とため息をつく。

「まさか、行った先で寝ちゃうとか?」冗談半分で口にした言葉だったが、それには答えずにA子は

「これ以上仲良くなりたくないんだよね」

と細い声でつぶやいた。

「彼」は、A子と同じく既婚者だった。肉体関係を持たないプラトニックなつながりは、もう半年になろうとしている。

「仲良くなりたくないって……」

カフェオレを一口飲んでから、思わず呆れた声が出た。

「そんなの、思ってるのA子だけなんじゃないの?」

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事