毎日続けると運気もよくなる?美に効く「逆さまポーズ」とは

山の雪もすっかり溶けて、暖かい春の陽気に包まれる日々。ここ逗子や葉山では蕗の薹(ふきのとう)が芽吹いて、春の味覚が楽しみな季節がやってきました。

しかし、外に出れば花粉も飛んでいて……マスクが手放せませんね。

雪解けのように鼻水や涙が溢れ出る花粉症の対策、さらに美容にも効果的な一石二鳥の逆転のポーズをご紹介します。

春はデトックス、心身の浄化にぴったりな季節

 

まだまだ40 代、加齢に身を任せていくわけにもいかず美容も健康も気になります。トータルビューティーを目指し、健康的な食事作り、オイルマッサージで全身磨き、アロマテラピーで癒され、さらにストレッチを欠かさない……

忙しい日常生活の中で、手間暇かけてできることは限られていますよね。

40年も生きてれば、身体にも心にも多少なりと毒素は溜まってしまうもの。 毒素を体外へ排出するデトックスを積極的に行いましょう。

インド伝承医学のアーユルヴェーダでは、春の不調の引き金は、冬の間の生活習慣の毒素が影響していると考えられています。アーユルヴェーダで言う毒素とは、食べたものが体内に残る未消化物です。冬の出来事を思い出すと……年末年始の暴飲暴食、身体の冷え、運動不足などが毒素を蓄積しやすいです。 1年を通して次の季節のためにセルフケアを心がけたいですね。

1年後のケアまで待てない、今、花粉症で辛い、頭がボーッとするなどの不調を少しでも軽減し、毒素排出を促すには、身体を逆さまにすることをオススメします。

身体が逆さまになることで、身体の重心が変化し、胃腸の働きが活発になり便秘解消、お腹に溜まったガスを排出、そのため美肌効果も期待できます。

毎日規則的に行うと、いつのまにか性格美人にもなりますよ。

 

健康と美容の万能薬と言われる「逆転のポーズ」

 

ヨガ業界で美容の頂点のポーズです。身体も心も軽くなり、逆さまになることで思考もフレキシブルになるとも言われています。

 

肩立ちのポーズ(サルワーンガアサナ)

①仰向けになります。(ベットなどの柔らかすぎる上でなく、ヨガマットなどの適度な厚さの敷物の上で行います)

②両手を体側に伸ばし、手のひらをマットへ伏せます。呼吸を整えます。

③両膝を曲げて、胸に近づけます。息を吐きます。

④両手でお尻を支えるようにし、上体を持ち上げます。

⑤両手の位置を背中へずらして、上体が床と垂直になります。膝は曲げたまま。

⑥ここで注意:後頭部と首、肩、上腕で体重を支えているので、けして首を左右に降らない。

⑦もし可能なら、両足を天井の方へ伸ばしましょう。

⑧規則的でゆっくりな呼吸を繰り返します。(約1〜5分程度)

⑨ゆっくりと背中をマットへ戻し、仰向けに横たわってしばらく休ます。

注意:首や肩に体重がかかるので、弱い方はこのポーズは避けましょう。正しく行わないと首を痛めるので注意しましょう。生理中の方は避けましょう。食後2時間は行いません。

 

効果:全身の血行促進、固まっている鳩尾をほぐす、内臓の下垂などの位置を正す、胃が軽くなる、動悸、喘息、気管支炎、風邪、神経を鎮める、頭痛軽減、不眠解消。

 

いかがでしたでしょうか?

ポーズを終えた後は鼻の通りがスムーズになり、気持ちも穏やかになりますね。健康的なことを丁寧に行ってみる、この春からスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

 3月31日(土/満月) 10:00-11:30 (新クラス) 

「シャンティヨガと呼吸法実践」 神奈川県 葉山 

詳細は、http://kokucheese.com/event/index/512732

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

40代がダイエットを成功させるコツは?食事・運動とこの3つ

「自分の気持ちをセーブできなくてイヤ!」「情緒不安定で仕事に支障が……」。40代の大人の女性でも身内や職場、プライベートなど、悩みが多くなると感情をコントロールする…

ショック! 私が年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある②カラダ編】

やせなくなった、忘れっぽくなった、何かと遅くなった……。このごろ「年をとった」とショックを受けることが増えてきていませんか? でもその悩み、あなただけじゃありませ…

50代で悩む前に!「骨盤底筋群」を引き締める美尻エクササイズ

そろそろ人生の半世紀を生きたことになる……重力や時間には逆らえない。人になかなか告白しづらい、身体の不調が出てくるのも当然なお年頃。普段は健やかに遊びも仕事も楽し…

「食べ過ぎてもへっちゃら〜!」たくさん食べても小顔効果が出る習慣3つ

冬場はクリスマスに始まり、おせち、お雑煮、2月の恵方巻など美味しいごちそうがたくさん! 毎日の食べ過ぎ、飲み過ぎで体が重くなっていませんか? とくに顔やお腹は脂…

この時期気になり始める「足のニオイ」には重曹とコレ?4つのケア

靴を脱いでプ〜ンと臭う、お座敷に上がる時に躊躇する恥ずかしい経験など、これからの季節は暑くなってくると足のニオイが気になりますよね。梅雨や夏シーズンは、高温多湿で足からカビが生えそうなほどの湿気で足が…

通勤の5分で差がつく!「たぷたぷ二の腕」をつり革ストレッチで撃退

「ホケキョ♪」すっかり春の陽気とウグイスのBGMに包まれ、ここ逗子ではマリンスポーツが活気づき、いきなり水着や薄着で夏気分です。食欲に身を任せて過ごした冬仕様の身体が暴露される……コートを脱いだ背中の丸さ、…

50代で悩む前に!「骨盤底筋群」を引き締める美尻エクササイズ

そろそろ人生の半世紀を生きたことになる……重力や時間には逆らえない。人になかなか告白しづらい、身体の不調が出てくるのも当然なお年頃。普段は健やかに遊びも仕事も楽しいけれど、ふとした時に感じる若い頃とは違…

花粉で絶不調中の人、4500年続くこのシンプルな呼吸を試してみて?

爽やかな風に乗って届く花々の香り、柔らかい太陽の光を感じながら春到来の喜びを感じます。ここ逗子ではウグイスも鳴き始めましたよ。しかし、気持ち良い風に乗って花粉も一緒に飛んできますね……やる気ダウンや身体…

身体が硬くてもOK!身体温め、座りながら骨盤でテクテク歩き

この春、新調したコートで早速お出かけしたものの、帰り道では身震いするほど身体が冷えてしまった……気持ちの上では春到来ですが、まだまだ季節の変り目ですね。私の住む逗子では、すでに裸足でビーサンのサーファー…

O脚脱出!いつの間にかスラリ美脚に変わる「5つの歩き方」

明るい春のファッションのアイテムが気になると同時に、冬に油断していたウエスト周りや太ももなども気になる、今日この頃。身体や脚のラインが冬太りのまま放置、ふとした瞬間に眼にしてしまう脂肪の凹凸セルライト…

ダイエットに「カンタン白湯」。冷えも不調も撃退した私のコツは

朝起きて1番に、何を口に入れていますか?カフェインでシャキっと目覚めるコーヒー? まさかのスナック菓子?冷え症やダイエットにも効果的でシンプルな飲み物、白湯を毎朝の習慣にしたら身体の調子が良くなりまし…

800kmの徒歩巡礼後、クタクタの私を癒やしてくれた植物の力とは

立春が過ぎ雨水(うすい)の日が来ると、春がそこまで来ていると感じる事がありますね。分厚いコートを脱ぐ日があったり、草木が芽吹いているのを見つけたり、暖かい雨が降ったり、空気から柔らかさが感じられ春の香…

オリンピック中、スノーボーダーはこの呼吸法で精神集中している

いつもニコニコして笑顔を絶やさず、優しさが溢れている。会うとこちらまでハッピーになる憧れ女性っていますよね。イライラ貧乏ゆすりで舌打ち、うまくいかずクヨクヨしてしまう時もあるはずなのに……。心地よいハッ…

食べすぎて胃が重いときは「正座」でこのストレッチを!

最近、食事をする際に“正座”で食べましたか? 自宅に畳が無い暮らしの方も多く、レストランではテーブル&イス、カフェではソファーなど意外と日常生活の中で正座をする機会って減ってますよね。実は、正座が食生活…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事