仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。

ですが「仕事を辞めたい」と思っても、簡単に辞められない事情があると思います。そんなときの対処法を、私自身の経験からご紹介したいと思います。

 

入社早々、希望しない配属先へ

私が入社して最初に配属された部署は、自分の希望とはまったく異なる部署でした。女性ファッション誌を希望していたのですが、配属されたのはシニア向けの健康雑誌。読者ターゲットは、60~80代の男女。いわゆるシニア層です。扱うネタは「酢大豆が効く」とか「血糖値を下げる〇〇のコツ」といったものでした。

配属が決まったときは、正直ちょっとショックでした。希望もしていないし、その雑誌の内容にも興味が持てなかったし、読者ターゲットとも大幅に年齢が違うし……。同期の半分以上がもともと希望していた部署へ。女性の同期に限れば、私以外の全員が、希望通りの配属だったのです。

「なんで私だけ……」。そう思う気持ちがなかったと言えば、ウソになります。

 

それも会社の「人材育成」の判断

希望しない配属先だったとしても、会社が人材育成するうえでの判断であり、その時点での評価。私が希望していた部署には私よりふさわしいと評価された人が配属されたわけです。

そもそも会社員ですから、必ずしも希望が通るわけじゃありません。むしろ世の中、希望が通らないことのほうが多いものです。まずは、与えられた場所で頑張ってみよう。そこで良い評価が得られれば、次は希望が通るかもしれない。そう考えを切り替えました。

当時の私にとって配属されたその部署は、内容に興味がわかないし、オシャレな雑誌でもない、読者ターゲットも自分とかけ離れている、編集部も年齢がかなり年上の人ばかり。

……と、正直に言ってなかなか関心が持ちにくい状況だったのです。それでも「頑張ってみよう」と思えたのは、当時の編集長の存在があったからでした。

 

「面白い」を何か1つ探してみる

どんな希望していない仕事だとしても、面白いものや興味が持てるものが、何かしら1つは見つけられるものだと思います。私にとってはその「面白い」が、編集長でした。

その編集長はとてもユニークな人で、配属前の研修時にたくさんの部長や編集長が講義をしてくれたのですが、ダントツに話が面白かったのです。

「この編集長のもとなら、働いてみたい」と思いました。

この編集長から学ぶことたくさんありました。たぶん、現在の私の仕事のやり方、考え方のベースになっているのはこの新人時代にあると思います。

仕事内容にあまり興味が持てなくても、尊敬できる上司がいるとか、一緒に働きたい同僚がいるとか、合理的に仕事ができるとか、新しい提案ができるとか……なんでもいいと思うんです。

希望しない部署だとしても、どこか1つでも「面白いこと」を見つけてみてください。タイプじゃない異性でも1つは魅力的な部分があるように、仕事にも何か1つは魅力的なものがあるはずですから。

 

「駄々っ子と同じ」でいいのか、と問う

その後、希望のファッション誌に異動になり、女子大生向けファッション誌、OL向けファッション誌を経験。ありがたいことにそこの上司からは良い評価もいただいていました。ですが、再び健康雑誌への異動が出たんです。

突然の異動に納得がいかず、「人材育成についてどうお考えなのでしょうか? 直属の上司からは良い評価をいただいて、これからも頑張ってほしいと言われていたのに」と会社に取り合いました。けれど、“人手不足”という理由しか言われず……。

正直、仕事を辞めることも頭をよぎりました。

でも「異動先がイヤだから」という理由で辞めるのは……子供だなと思ったのです。人生っていいこともイヤなこともあるわけで、大人であればその両方を受け止めることができてこそだなと。

嫌なことを「イヤだから辞める」って騒ぐのは、駄々をこねるワガママな子供と一緒です。20代前半の若手のうちならまだしも、アラサー以上になった人間がそんな態度をしたら、社会人としてどうなの?と。そのときは確か30歳でしたが、そんなことをする30歳はカッコ悪いし、恥ずかしいと思いました。

それに、駄々をこねて状況が覆って希望が通ったとしても、その人は再び自分の意にそぐわないことに出くわしたら、また同じことをすると思われます。他人から信用されなくなりますし、後輩からも残念な先輩に思われますよね。

 

辞める前に「やりたいことを探す」

しばらくやってみて、本当にイヤなら辞めてもいいと思います。「石の上にも三年」という言葉がありますが、三年じゃなくていいけれど、とりあえず「石の上にも半年」くらいはやってみてほしいです。半年くらいやってみると、そこに何らかの面白さを見つけられると思いますから。

それでも気持ちや状況が変わらないなら「辞める」のもひとつの選択肢です。

ただ、辞めるときに「イヤだから」というマイナスの感情で辞めるのだけは、よくないと思うんです。「働くことは生き方」です。人生の選択はネガティブな選択ではなく、ポジティブな選択をして生きていきたいじゃないですか。マイナスの感情のまま会社を辞めるのは、マイナスな生き方にもなってしまう気がするんです。

だから、辞めるときはそれまでに「やりたいこと」を探してからやめる。それは転職先が決まる/決まらないではなくて、たとえ転職先が決まっていなくても、これから先の人生で「やりたいこと」を見つけるということ。

私自身、二度目の健康雑誌に異動したとき「辞めようかな」とも思いましたが、次にやりたいことが当時は見つからなかったので思い留まりました。その後、一年足らずでまたファッション誌に戻ることになったので、辞めないまま現在に至るわけですが……。

でも、今はこの先「やりたいこと」が見えてきています。それがあると、これからどんな異動が起こってもこわくないんですよね。

仕事を辞めたいけど辞められない。そんなときは、

☑何か1つ面白いものを探す

☑駄々っ子と同じでいいかと自分に問う

☑辞める前に次に「やりたいこと」を探す

これが、私自身が辞めたいと思ったときに考えた対処法です。

いつかは私も会社を辞めるときがきます(定年退職も含めてですよ!)。そのときはどんな状況でも次に「やりたいこと」を心に決めて、辞めたいと思っています。

 

取材/濱田恵理

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

さわりたくなる「ツルツル肌」が憧れ。編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事