「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。

そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。

年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量も増えるだけに「今年も絶対に、焼かないように気をつけないと!」と思っていらっしゃる女性も増える傾向にあります。

「ところで、顔は上手にカバーできても、腕や手、足はどうしても焼けてしまいます」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、腕や脚など“顔”以外のUV対策を、時短で叶えるお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

腕焼け防止の“黒いカバー”は男性からすこぶる不評

 

本題に入る前に、ちょっとしたお話をさせてください。毎年、夏になるとチラホラ、いえ、そこらじゅうで見かけるあの“黒い腕カバー”。実は男性たちからは、すこぶる不評な実態もあります。

腕に付けるだけでUV対策ができるから、時短で身支度を済ませたいときには頼もしい存在だけに、異性からの「ギョッ」を招きているのはやや残念ながらも、あの独特の黒々しさや仰々しさは、やはり男性からは理解し難いよう。

となると、デートやゴルフなど男性がご一緒するシーンでは、別の方法でUV対策したほうが、好感度が上げられるのは間違いないお話に。

 

時短美容家がガチで検証した「腕と脚の時短UV」

 

とは言っても、腕や脚のUV対策は、顔に比べると意外と広範囲。しっかり対策しようと思うほど、手間がかかるパーツでもあります。

そして、一般的な“日焼け止め”と呼ばれるものには「ミルクタイプ」が主流だけれど、時短で済ませるならば思い切って、日焼け止めの形状を変えたほうがスムーズです。もっと言えば「白浮きさせずに、時短でムラなく塗る」ためには、日焼け止め剤の選び方は思っている以上に大きなポイントです。

 

(1)鉄板!ジェルタイプの日焼け止め

昨今、ジェルタイプですーっと伸びる日焼け止めも市販されています。

ミルクタイプに比べて使い心地が軽く、腕や脚に伸ばすのも楽々。私が試してみたところ、広範囲に素早く伸ばすならミルクよりジェルのほうが断然早く、時短になりました。

また、腕や脚はできるだけ日焼け止めによる“白浮き”を防ぎたいパーツでもあるだけに、ミルクよりジェルのほうが肌なじみが高い気もしています。

余談ですが、私が愛用しているのは「SPF50」を謳っている『ニベアSUNウォータージェル50』。みずみずしいテクスチャーで腕や脚、うなじ周辺に伸ばしやすいです。

 

(2)年中愛用、スプレータイプの日焼け止め

「時短」に特化してUV対策をするならば、スプレータイプの日焼け止めに勝るアイテムって、なかなかない気がしています。

シューっと吹き付けてから手でなじませるだけなので、腕や脚などの広範囲をカバーしやすく、本当に手軽。私の場合は、白浮きすることもありません。

こちらも余談ですが、私は基本的に『アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター』を愛用していて、年間を通して朝にシューっとするのが日課です。SPF50の安心感もあって、手軽なのに頼もしい存在です。

 

ちなみにこちらで公開の記事「忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ」ですでにお話しましたが、ミルクタイプの日焼け止めをササッと手早く伸ばすには、お手元にある『ヴァセリン』を日焼け止めを塗る前の肌に仕込んでおく方法も。「ミルクタイプの日焼け止めを買ったけど、伸ばすのに時間がとられている」な方は、こんな方法を試してみるのもアリです。

 

顔のUV対策はメイクのついでにできても、意外と手間取るのが、腕や脚などのお手入れ。慌ただしい朝、時間をかけずに「絶対焼かない!」を叶えるならば、ぜひ日焼け止めの形状にもこだわって選んでみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いは…

【今、捨てるべきコスメリスト7】来週使うかも…は来ない!この春こそ捨て時

初夏の雰囲気もますます漂い、コスメの“衣替え”にも意識を向けたい時期。ゴールデンウィークは、コスメの整理にも最適な時期です。しかし、できる限りの“コスメ断捨離”を心…

メイク直しのとき、ここちゃんと見た?40代がオバ肌を隠す3ポイント

朝、メイクしたてのときには美しくても、時間が経つと崩れてしまうのは、多くの40代女性にも共通するお悩みではないでしょうか。「最近はメイク直ししても、あまり見栄えが…

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若…

マイナス5才肌キープを目指す!美肌育成スケジュール

アラフォーから一気に肌悩みは増え、自分の肌を「こんなはずじゃなかった」と嘆くことも増えていきます。でも自分の肌をあきらめることができるでしょうか?まだ若さが充分…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メ…

無印の名品も! 時短美容家並木まきが選ぶ「プチプラ」2018ベストコスメ

2018年も年間を通じて、優秀なプチプラコスメが、次から次へと登場した1年となりました。コスメの値段を見ただけで「安かろう、悪かろう」なんて思う人は、すっかり減った…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事