「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。

そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。

年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量も増えるだけに「今年も絶対に、焼かないように気をつけないと!」と思っていらっしゃる女性も増える傾向にあります。

「ところで、顔は上手にカバーできても、腕や手、足はどうしても焼けてしまいます」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、腕や脚など“顔”以外のUV対策を、時短で叶えるお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

腕焼け防止の“黒いカバー”は男性からすこぶる不評

 

本題に入る前に、ちょっとしたお話をさせてください。毎年、夏になるとチラホラ、いえ、そこらじゅうで見かけるあの“黒い腕カバー”。実は男性たちからは、すこぶる不評な実態もあります。

腕に付けるだけでUV対策ができるから、時短で身支度を済ませたいときには頼もしい存在だけに、異性からの「ギョッ」を招きているのはやや残念ながらも、あの独特の黒々しさや仰々しさは、やはり男性からは理解し難いよう。

となると、デートやゴルフなど男性がご一緒するシーンでは、別の方法でUV対策したほうが、好感度が上げられるのは間違いないお話に。

 

時短美容家がガチで検証した「腕と脚の時短UV」

 

とは言っても、腕や脚のUV対策は、顔に比べると意外と広範囲。しっかり対策しようと思うほど、手間がかかるパーツでもあります。

そして、一般的な“日焼け止め”と呼ばれるものには「ミルクタイプ」が主流だけれど、時短で済ませるならば思い切って、日焼け止めの形状を変えたほうがスムーズです。もっと言えば「白浮きさせずに、時短でムラなく塗る」ためには、日焼け止め剤の選び方は思っている以上に大きなポイントです。

 

(1)鉄板!ジェルタイプの日焼け止め

昨今、ジェルタイプですーっと伸びる日焼け止めも市販されています。

ミルクタイプに比べて使い心地が軽く、腕や脚に伸ばすのも楽々。私が試してみたところ、広範囲に素早く伸ばすならミルクよりジェルのほうが断然早く、時短になりました。

また、腕や脚はできるだけ日焼け止めによる“白浮き”を防ぎたいパーツでもあるだけに、ミルクよりジェルのほうが肌なじみが高い気もしています。

余談ですが、私が愛用しているのは「SPF50」を謳っている『ニベアSUNウォータージェル50』。みずみずしいテクスチャーで腕や脚、うなじ周辺に伸ばしやすいです。

 

(2)年中愛用、スプレータイプの日焼け止め

「時短」に特化してUV対策をするならば、スプレータイプの日焼け止めに勝るアイテムって、なかなかない気がしています。

シューっと吹き付けてから手でなじませるだけなので、腕や脚などの広範囲をカバーしやすく、本当に手軽。私の場合は、白浮きすることもありません。

こちらも余談ですが、私は基本的に『アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター』を愛用していて、年間を通して朝にシューっとするのが日課です。SPF50の安心感もあって、手軽なのに頼もしい存在です。

 

ちなみにこちらで公開の記事「忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ」ですでにお話しましたが、ミルクタイプの日焼け止めをササッと手早く伸ばすには、お手元にある『ヴァセリン』を日焼け止めを塗る前の肌に仕込んでおく方法も。「ミルクタイプの日焼け止めを買ったけど、伸ばすのに時間がとられている」な方は、こんな方法を試してみるのもアリです。

 

顔のUV対策はメイクのついでにできても、意外と手間取るのが、腕や脚などのお手入れ。慌ただしい朝、時間をかけずに「絶対焼かない!」を叶えるならば、ぜひ日焼け止めの形状にもこだわって選んでみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多…

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いは…

【今、捨てるべきコスメリスト7】来週使うかも…は来ない!この春こそ捨て時

初夏の雰囲気もますます漂い、コスメの“衣替え”にも意識を向けたい時期。ゴールデンウィークは、コスメの整理にも最適な時期です。しかし、できる限りの“コスメ断捨離”を心…

メイク直しのとき、ここちゃんと見た?40代がオバ肌を隠す3ポイント

朝、メイクしたてのときには美しくても、時間が経つと崩れてしまうのは、多くの40代女性にも共通するお悩みではないでしょうか。「最近はメイク直ししても、あまり見栄えが…

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若…

マイナス5才肌キープを目指す!美肌育成スケジュール

アラフォーから一気に肌悩みは増え、自分の肌を「こんなはずじゃなかった」と嘆くことも増えていきます。でも自分の肌をあきらめることができるでしょうか?まだ若さが充分…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メ…

うっかり浴びた紫外線でも大丈夫!美白ケアの正解

なんとなく肌の色がくすんできた?…と鏡で思ったら、「うっかり日焼け」しているかもしれません。ここで慌てても、それだけでは肌色が元通りになりません。そのためには美…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事