「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。

そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。

年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量も増えるだけに「今年も絶対に、焼かないように気をつけないと!」と思っていらっしゃる女性も増える傾向にあります。

「ところで、顔は上手にカバーできても、腕や手、足はどうしても焼けてしまいます」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、腕や脚など“顔”以外のUV対策を、時短で叶えるお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

腕焼け防止の“黒いカバー”は男性からすこぶる不評

 

本題に入る前に、ちょっとしたお話をさせてください。毎年、夏になるとチラホラ、いえ、そこらじゅうで見かけるあの“黒い腕カバー”。実は男性たちからは、すこぶる不評な実態もあります。

腕に付けるだけでUV対策ができるから、時短で身支度を済ませたいときには頼もしい存在だけに、異性からの「ギョッ」を招きているのはやや残念ながらも、あの独特の黒々しさや仰々しさは、やはり男性からは理解し難いよう。

となると、デートやゴルフなど男性がご一緒するシーンでは、別の方法でUV対策したほうが、好感度が上げられるのは間違いないお話に。

 

時短美容家がガチで検証した「腕と脚の時短UV」

 

とは言っても、腕や脚のUV対策は、顔に比べると意外と広範囲。しっかり対策しようと思うほど、手間がかかるパーツでもあります。

そして、一般的な“日焼け止め”と呼ばれるものには「ミルクタイプ」が主流だけれど、時短で済ませるならば思い切って、日焼け止めの形状を変えたほうがスムーズです。もっと言えば「白浮きさせずに、時短でムラなく塗る」ためには、日焼け止め剤の選び方は思っている以上に大きなポイントです。

 

(1)鉄板!ジェルタイプの日焼け止め

昨今、ジェルタイプですーっと伸びる日焼け止めも市販されています。

ミルクタイプに比べて使い心地が軽く、腕や脚に伸ばすのも楽々。私が試してみたところ、広範囲に素早く伸ばすならミルクよりジェルのほうが断然早く、時短になりました。

また、腕や脚はできるだけ日焼け止めによる“白浮き”を防ぎたいパーツでもあるだけに、ミルクよりジェルのほうが肌なじみが高い気もしています。

余談ですが、私が愛用しているのは「SPF50」を謳っている『ニベアSUNウォータージェル50』。みずみずしいテクスチャーで腕や脚、うなじ周辺に伸ばしやすいです。

 

(2)年中愛用、スプレータイプの日焼け止め

「時短」に特化してUV対策をするならば、スプレータイプの日焼け止めに勝るアイテムって、なかなかない気がしています。

シューっと吹き付けてから手でなじませるだけなので、腕や脚などの広範囲をカバーしやすく、本当に手軽。私の場合は、白浮きすることもありません。

こちらも余談ですが、私は基本的に『アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター』を愛用していて、年間を通して朝にシューっとするのが日課です。SPF50の安心感もあって、手軽なのに頼もしい存在です。

 

ちなみにこちらで公開の記事「忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ」ですでにお話しましたが、ミルクタイプの日焼け止めをササッと手早く伸ばすには、お手元にある『ヴァセリン』を日焼け止めを塗る前の肌に仕込んでおく方法も。「ミルクタイプの日焼け止めを買ったけど、伸ばすのに時間がとられている」な方は、こんな方法を試してみるのもアリです。

 

顔のUV対策はメイクのついでにできても、意外と手間取るのが、腕や脚などのお手入れ。慌ただしい朝、時間をかけずに「絶対焼かない!」を叶えるならば、ぜひ日焼け止めの形状にもこだわって選んでみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

マイナス5才肌キープを目指す!美肌育成スケジュール

アラフォーから一気に肌悩みは増え、自分の肌を「こんなはずじゃなかった」と嘆くことも増えていきます。でも自分の肌をあきらめることができるでしょうか?まだ若さが充分…

うっかり浴びた紫外線でも大丈夫!美白ケアの正解

なんとなく肌の色がくすんできた?…と鏡で思ったら、「うっかり日焼け」しているかもしれません。ここで慌てても、それだけでは肌色が元通りになりません。そのためには美…

「飲む日焼け止め」って本当に効くの?3つのポイントとは

飲むだけで紫外線から肌を守れたら、これからのシーズンが楽に過ごせそうです。でも、飲む日焼け止めって、本当にそこまで期待していいものなの? そこで、3つだけ知って…

10年後のシミ肌を予防する!5月上旬のUVケア3か条

ベースメイクで工夫すれば隠せるけれど、発見すると急に自分が老けたように感じる肌のノイズがシミです。作りたくないものですし、増やすことも嫌なモノ。アラフォーであれ…

ゲッ!またシミが増えたかも…これ以上シミを増やさないタイプ別対処法

エイジングのサインの代表格「シミ」。頑張って美白ケアをしてもなかなかシミが薄くならない……とお悩みの人も多いかと思います。シミは一度できてしまうと薄くするのが難し…

【真夏日】日傘選びの正解とは?開いた毛穴と紫外線に対策!

地域によっては、真夏のような気温が続いた5月。スキンケアも夏仕様にしないといけない気分です。今回は、夏場気になる小さな疑問をひも解いていきましょう。暑いと開きっ…

頭皮の日焼けはオバ髪のもと!でも、頭皮の保湿ケアってどうすれば?

年々、夏の暑さが増しているなと感じていましたが今年は「暑い」という言葉では足りないくらいですね。できれば外出したくないのですが、そうはいかないのが現実。ギラギラ…

知ってた? 肌よりも紫外線から守るべき部分とは【40代からの美容道】

紫外線が気になる季節です。紫外線はシミ・シワ・たるみなど肌老化の原因でもありますから、オトナの女性にとっては放っておけません。日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子な…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事