お肉がっつり食べてもヘルシー!野菜、きのこを巻くだけ「肉巻き」

日々の忙しさで体が慢性的にお疲れ気味。そんなときは、がっつりお肉!といきたいところですが、カロリーやお財布事情を考えるとそんなに頻繁にボリュームのあるお肉を食べるのは難しそう。そんなときにおすすめしたいのが、野菜やきのこでボリュームアップさせるアイデアです。今回は、お肉をがっつり食べたい!でもカロリーもお財布も気になる人におすすめのレシピをご紹介します。

アボカドときのこの韓国風牛肉巻き

少量のお肉でもしっかり満足で!韓国風の甘辛たれで食欲もそそる!牛肉巻きをご紹介します。

 

 

レシピ
【材料】2人分

牛切り落とし肉          100g
アボカド             1/2個

エリンギ             中1本
A
コチュジャン          大さじ1
醤油              小さじ2

酒、きび砂糖         各大さじ1

ごま油             小さじ1
薄力粉             適量
炒り胡麻(白)         適量

【作り方】

1.アボカドは、5mm幅に切る。エリンギは縦に5mm幅にスライスし、さらに5mm幅のせんぎりにする。
2. ラップの上に牛肉を広げ、アボカド、エリンギをのせ端から巻き、全体に薄力粉を軽くまぶす。
3.フライパンにごま油を入れ中火で熱し、2を両面色よく焼く。
4.Aをあわせ入れ、弱火で蓋をしさっと煮絡める。
5.たれにとろみがついてきたら火を止め器に盛り、炒り胡麻をふる。

 

家庭料理の新定番!の肉巻きレシピ

 

 

 

お肉で野菜やきのこを巻いて食べる「肉巻き」レシピ。定番のアスパラ巻きからはじまり、人参やきのこなど今は様々な野菜やきのこを巻いて食べるレシピが出回っています。お子さんがいる家庭では、子供の野菜嫌いをなくすために苦肉の策としてあれこれ野菜をお肉に巻いて夕飯のおかずとしてだしているところも少なくないはず。実はこの肉巻きレシピは、お肉をがっつり食べたいけれども、カロリーなどの栄養価が気になる大人にもおすすめのメニューとなっています。

その秘密は、まずは、お肉だけ焼いて食べるよりも、野菜やきのこと一緒に巻いて食べたほうがバランスよく野菜もきのこもとれること。バラバラにとろうとすると、お肉だけでもうおなか一杯という状態になりかねません。

また、良質のお肉をがっつり食べようとするとそこそこお値段も張ります。それでもせっかくだからよいお肉を食べたい!というときには、野菜やきのこで巻いて「ボリュームアップ」をはかることにより、少ないお肉でもしっかり満腹感を味わうことができますよ。

 

アレンジ自在の肉巻きレシピのポイント

 

 

肉巻きレシピの定番は豚バラ肉ですが、実は牛肉でも、鶏肉でも同様に肉巻きレシピをつくることができます。
牛肉は比較的値段も高いため、バラ肉などお買い得なお肉を選んでラップの上でお肉を重ねあわせ、野菜を巻くと失敗しません。また、鶏肉は、意外かもしれませんが、鶏ささみ肉を広げて巻けば、ヘルシーな肉巻きレシピになります。こちらはばさばさしないように、蒸し焼きにするのがポイント。耐熱皿にもやしを並べ、その上に巻いた鶏ささみ肉巻きをならべて電子レンジでゆっくり加熱する方法でもいいとおもいます。

また、肉を巻いた後に、小麦粉をまんべんなくふるうことで、巻き終わりがはがれのを防ぎ、また、あとからいれるソースにとろみがついて、肉にしっかり味がつきます。

スーパーでお手軽に手に入るお肉でも、ちょっといいお肉でも、季節の野菜やきのこと一緒に、お手軽でおなかも満足できる「肉巻き」レシピ、是非お試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク