だいぶショック!「一発で男性の好感度がダウンする」40代女性の3大NGメイク

婚活中でもそうではなくとも、働く40代女性としては「周囲にいる異性からの好感度は、上げておくに越したことはない!」と思っていらっしゃる方だって多いはず。

好感度はちょっとしたパーツの印象によっても大きく左右されがちなだけに、異性の厳しい目が向けられる部分を中心に手をかけておくと、ビジネスシーンでも「いいね!」な評価をもらいやすいコツにも。

そして必要以上に男性に“媚びる”のは避けたくとも、メイクのせいで好感度DOWN……という展開は、だいぶガッカリでもあります。

そこで今回は、一発で男性からの好感度ダウンに繋がりがちな40代女性のメイクに迫ってまいります。

 

男に聞いた!「この女性は無理」と思った相手のメイクの特徴って?

 

けばめ系で汚いメイク。しっかりメイクしているのはわかるけれど、汚くなっていると一発アウトですね」(44歳/専門店経営)

「色をたくさん使っている、うるさい感じの化粧です。前にカミさんがやたらカラフルなメイクをしてて、『みっともないから』と言って、やめさせたことがあります」(42歳/マスコミ)

真っピンクの口紅をしている40代の女性って、若い頃には結構可愛くてチヤホヤされてきたんだろうなぁ…って気がします。

いい歳してピンクが似合っている女性って少ないのに、いまだに昔の自分を引きずっている感じがして、萎えますね」(46歳/機械)

 

男性はメイクをしない人が多数派だけに「女性のメイクは、よくわからない」と口にする人も多いものの、それでも仕上がりの印象で「うわぁ……」となった経験は、みなさんそれなりにお持ちの様子でした。

さてでは、これらのご意見も踏まえつつ、好感度DOWNになりやすい40代のメイクって?

 

1:ファンデーションのヨレ、崩れは一発アウト

 

40代ともなれば、隠したいシミやシワのいくつかはあっても自然なお話。そんな背景から、コンシーラーを駆使しつつ、普段のファンデーションでもカバー力を重視したアイテムを愛用している女性も少なくないお年頃でもあります。

しかしカバー力があるファンデーションが崩れたりヨレたりしたときの様相って、自分で想像している以上にドロドロとした汚れた印象を醸し出しているケースも多いもの。普段ベースメイクをしない男性からすると「一発で好感度ダウン!」な事態を招きやすい典型にも。

これからの季節は気温も湿度も上がりがちだけに、「崩れやすさ」を自認しない女性でも、お直しの回数は増やしたほうが無難なシーズンです。

また「お直し不要!」をうたっているベースメイクアイテムを愛用していたとしても、その日の体調や気候によって崩れやすさは異なるので、日中のお直しを習慣にしていない女性ほど、ウッカリによる好感度ダウンに気を配っておきたいところです。

 

2:「反対色」を使いまくっているメイク

 

ブルーのアイシャドウにボルドーのアイラインのアイメイク、ピンクのアイシャドウにブルー系のアイシャドウのグラデーションにしている……など、いわゆる“反対色”に位置する色みを組み合わせたメイクは、女性から見るとモードなイメージで素敵に見えても、男性からするとすこぶる不評な傾向にあります。

色を組み合わせるメイクは、メイクの手法としても個性的だけにデイリーのオフィスメイクにはせずとも、イベントごとや気合いの入ったデートでは試してみたくなる気分にもなりやすいけれど、男性目線を意識するなら無難というケースも多々というわけです。

言ってみれば、カラフルなテンションのメイクは、男性の前よりも女性だけで集うときに楽しんだほうが高評価になりやすいです。

スポンサーリンク

「なんかダサい」と思われてる!40代女性がアップデートを怠る7つの見た目

美のアップデートを怠ってしまうと、それだけで男性から「ダサい……」と思われることが多々あります。「なにがどうだから、ダサい」までは詳細に説明できなくとも、ぱっと見…

ちょっと待った! 男が悪い意味で「二度見する」40独女の3大NGメイク

婚活中の女性ほど、異性から注目されないよりはされるに越したことはないけれど、悪い意味で“二度見”されるような注目の集め方は、あまり嬉しくない方も多いのではないでし…

ハッシュタグって個性が出る…インスタで「痛いオバさん」認定される40代女性とは

日々の出来事やちょっとした風景などを気軽に投稿できる『Instagram』(以下:インスタ)は、すでに言わずと知れた存在で、40代女性にも愛用者が多いSNS。もはや「ブーム」…

サンダルシーズンが終わっても男ウケ最悪な40代女性の「足の爪」3例

先日、こちらの記事では『フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG』で、男ウケ目線で不評なネイルの特徴をご紹介しましたが、“爪”と言えばもうひ…

びっくりするくらい「一目惚れ」される?40代女性のモテまくりメイクって

第一印象がすこぶるいいと、男性から、一目惚れされる確率も上がりがち。「40代ともなれば、なかなか一目惚れなんて、ないでしょ?」などとは思うなかれ。メイクによる印象…

失礼なのは百も承知…! でも「見たくなかった」40代女性の外見3パターン

「理解はできるし、失礼なのも百も承知だけれど、でもできれば見たくなかったんだよなぁ」と男性が感じる女性のアレコレも存在するのが実情。人間、外見より中身が重要なの…

「キミのことはもう女として見られない…」40代女性がやらかす3大NG美容とは!

デイリーの美容で愛用しているグッズを見て、恋人や夫が「それ、今ここでやる必要あるの?」なんて内心で毒づいている……そんなシチュエーションって、実は結構「あるある」…

40代女性が男性から「育ちが悪そう」と思われがちなハッシュタグ傾向3選

SNSの投稿によって、その人のイメージは良くもなれば悪くもなる昨今。言い換えると、自己ブランディングを意識している方ほど、投稿の内容にも細心の注意を払う必要がある…

残念すぎる…男からいろんな意味で「怖い」と言われる40代女性の外見って?

人の印象は、見た目によっても大きく左右されると言われますが、異性からの「この人って、こんなタイプ?」の推測でも、外見は明暗を分けるポイントに。40代ともなると、良…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

【男の本音】デートで「オバチャンだな…」と男が感じた40代女性の些細な振る舞い3選

デートの最中に、ちょっとした振る舞いをしてしまったばかりに「ああ。オバチャンだな……」とお相手を興ざめさせてしまえば、40代女性には残念なお話。しかし、どんなに好印象を狙っていても、ふとした拍子に幻滅され…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事