ギクッ、「お願い致します」は間違い?メールでやらかすうっかり敬語

「お願いいたします」と「お願い致します」は何が違うと思いますか?

私は小学生と大人と両方で、文章の書き方などを指導していますが、小学生の生徒はきっとこう言うでしょう。

「先生、まだ『致』という漢字を習っていないので、ひらがなで書きます」

そうですね。「致」は中学生で習う漢字です。ですからまだ習っていない小学生は「いたします」で良いでしょう。では、大人はどうですか? 知っているので「致す」は漢字で書くことが多いと思います。

でも、本当は、漢字を知っているかどうかの違いではありません。

 

そもそも「致す」とはどういう言葉なの?

「致す」には次のような意味があります。

①極限まで至らせる「故郷に思いを致す」
②精根をつくす「危うきを見て命を致す」
③仕向ける、仕掛けてくる「部下が無礼を致す」
④結果をもたらす「不徳の致すところ」
⑤「する」の丁寧語「良い香りがいたします」
⑥「する」の謙譲語「お伺いいたします」
⑦「する」の尊大語「勘弁いたせ」
⑧だます「まんまと致された」

(参考・広辞苑第六版)

 

現代では、大きく分けて「致す」そのままで使える場合と「する」の丁寧語や謙譲語として使う場合の二種類あります。この二種について、現在は「致す」と漢字で書くか、「いたす」とひらがなで書くかということで分けています。

「致します」は動詞「致す」の謙譲表現で、「~いたします」は補助動詞「~する」の謙譲表現なのです。

 

つまり、先ほどの分け方、この「致」という漢字を知っているかどうかではないということになります。

 

★動詞の「致す」は漢字です!

「致します」は「致す」の丁寧な言い方です。「致す」が「ます」をつけて「致します」になったのですね。ですから、「それは私が致します。」のようにダイレクトな場合は漢字になります。なお、「不徳の致すところ」は丁寧にしようと「不徳の致しますところでございます」とすることはできませんのでご注意ください。

 

★「〇〇いたします」の場合は、ひらがなで!

それに対し、「〇〇いたします」の場合は、補助動詞「〇〇する」の謙譲表現です。

例1 元「失礼する」の謙譲表現「失礼いたします」
メールの実例
×突然のご連絡失礼致します。
〇突然のご連絡失礼いたします。

例2 元「用意する」の謙譲表現「用意いたします」
メールの実例
×資料はこちらで用意致します。
〇資料はこちらで用意いたします。

例3 元「挨拶する」の謙譲表現「挨拶いたします」
メールの実例
×「後日こちらからご挨拶致します」
〇「後日こちらからご挨拶いたします」

例4 元「お詫びする」の謙譲表現「お詫びいたします」
メールの実例
×「このたびの失礼をお詫び致します」
〇「このたびの卒例をお詫びいたします」

例5 元「欠席する」の謙譲表現「欠席いたします」
メールの実例
×「来週の会議を欠席致します」
〇「来週の会議を欠席いたします」

例はこれくらいでいいでしょうか。漢字を使う例、使わない例、だいたいのイメージがつかめたと思います。このように「〇〇する」の謙譲表現とする場合の「いたします」はひらがなで書くと良いのです。

 

なお、何度も書いておりますが、これらの「いたす」はすべて謙譲表現です。相手の行動に対しては「いたす」は使わないので注意してください。相手の行動、つまり「する」は「なさる」に変わります。

×「先生、お食事にいたしますか」
〇「先生、お食事になさいますか」

今回のテーマとは若干ずれますが、間違える人もたまに見かけますので、気をつけると良いでしょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とメールに書くのがこれだけ失礼なワケ

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「こちら100円になります」はどうすれば撲滅できるの?

バイト敬語の代表として悪者扱いされた「~になります」ですが、実は「なります」そのものは正しい日本語です。では、どんな言葉に言い直せばいいのか、逆にどんな場面でど…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「…

「お電話差し上げます」この日本語は正解?それともNG二重敬語?

言葉に「お」や「ご」を付けて丁寧にすることは、敬語表現にあたります。ビジネスシーンでは「お電話」や「ご連絡」という言葉は、ほぼ毎日使っていますよね。でもこれが敬…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

丁寧なつもりで微妙に失礼な「ございますか?」の使い方って

「いらっしゃいます」という便利な言葉があります。相手の行動などに付けて尊敬の意味を持たせられますよね。「いらっしゃる」は、「来る」「行く」「居る」「ある」の尊敬語なのです。まずは「いらっしゃいます」に…

みんな間違えてる「ご存知」「ご存じ」。どっちが正解?

「このことを知っていましたか?」という内容を相手に聞きたい場合、敬語表現としては、次の二つが考えられます。 このことをご存知でしたか? このことをご存じでしたか?さて、どちらが正しいでしょう。正解は「…

「ごゆっくりお買い物ください」は微妙に失礼!さて正解は?

「資料を用意してほしい」時。「ゆっくり買い物をしてほしい」時、敬語表現を使うとどうなりますか?このような単純なお願いを敬語で表現する場合、次のどれが良いでしょうか。 資料をご用意して下さい。 資料をご…

知らないと恥ずかしい!「くださる」「いただく」どっちが正しいの?

毎度ご来店いただきまして、誠にありがとうございます。 毎度ご来店くださいまして、誠にありがとうございます。さて、どちらがより正しい日本語でしょうか。確かにたまに行くデパートで流れるくらいなら、それほ…

「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

仕事の用があって電話をかけた時、希望する相手が不在で「ご用件は?」と聞かれたことがある人も多いはず。確かに相手にしてみたら、留守中に電話があったことだけを伝えるよりも、その内容を伝えた方が良いのでしょ…

こんなとき「お世話になっております」が失礼に?メールの書き出し

ビジネスメールは用件第一、用件を早い段階で書くべきだという考えもありますが、面と向かって話す場合と違い、メールは文字がすべてですので、ぶっきらぼうな印象にならないようにする気遣いも大切です。ただし、だ…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中で声をかけることもあります。仕事で新しい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事