編集長アサミ「髪の分け目」が目立ってきた問題を考える

「いままでと髪がなんか違う!」 私が髪のエイジングをはっきりと自覚したのは、42歳のときでした。髪がゴワつく問題、ツヤがなくなった問題、そして白髪が増えた問題。

そこでシャンプーを見直して対策したわけですけれど、あれから4年が経ち、現在46歳。また違う悩みがでてきました。それは「髪の分け目」が目立ってきた問題です!

 

46歳、急にエイジングが進んだ⁉

ある日、鏡を見ながら髪を整えていたんです。髪をとかして、少し右寄りで分けて、アイロンでゆる~く巻いて。

いつも通りのスタイリングをしていたんですけど、鏡に映った自分がいつもと違う。なんか……急にエイジングが進んだように見えたんです(苦笑)。

 

メイクも変えてない、肌の調子も変わらない、服だっていつものワードローブから選んだもの。疲労困憊でも、睡眠不足でも、飲み過ぎ食べ過ぎでもない。

ナニが原因⁉

46歳、これがアラフィフのリアル⁉

違っていたのは「髪の分け目」の部分。なんか、ぺちゃんこだったんです。

 

目立ってきた「髪の分け目」

昨年OTONA SALONE編集部で『40-50代の髪悩みアンケート』を実施しました。

 

多かったのは、「白髪がふえた/ハリ・コシがなくなった/ツヤがなくなった/細くなった」という声。それに並んで「髪の分け目が目立つようになった」という声も少なくありませんでした。

 

アンケート当時は45歳、私個人としては「私はまだ分け目は気にならないな。50代女性に多いのかな」なんて、思っていたんです。

ですが!

なんと約1年後、46歳にして「髪の分け目」が目立ってきた問題に直面してしまいました。同じ40代でも変わってくるんですね、アラフォーとアラフィフって(苦笑)。

 

いろいろシャンプーを試してみた

髪のエイジングに悩んだら、まず毎日のシャンプーを見直してみる。これが大事。

ということで、またシャンプーを見直してみたわけです。

髪のエイジングケアにいいというシャンプーをいくつか取り寄せてそれぞれ数日間試してみました。「髪の分け目」が目立ってきた件に関して、個人的によかったのはコレでした。

編集長アサミ的にいまのおすすめは、チャップアップシャンプー!

オーガニックでノンシリコン、エイジングを感じたかたに評判の頭皮ケアシャンプーです。

改めて感じました。シャンプー変えるだけで違うんですね、分け目の髪の立ち上がりかたって!

 

髪の分け目が気になったら!

 

髪の分け目がフワッと

私はもともとペタッとなりやすい髪なんですが、夜、チャップアップシャンプーで洗ってちゃんと乾かしてから寝ると、翌朝分け目がフワッと立ち上がった仕上がりになるんです。

 

ほんの数ミリ、髪の分け目が立ち上がっているだけでも見た目は違ってきますね!

分け目がフワッとしているだけで、ぺちゃんこのときよりマイナス5歳見え(※あくまで個人の感想です)な気がします。

おまけに私の場合はもともと丸顔なので、分け目がぺちゃんこだと丸顔がより強調されるんです。ちょっとでも分け目が立ち上がっていると、すこーし縦長効果があります(それでも丸顔ですけど)!

 

ノンシリコンだけれど洗いあがりがキシまないし、乾かした後もゴワつきません。そして、髪に自然なツヤも出ます。

 

その道のプロや、リアルな知人を信頼

個人的にモノを選ぶとき、その道に詳しいかたの情報か、リアルに知っている人の体験話を参考にしています。プロフェッショナルか、リアルな知人か。

あとは自分の感覚、かな。

チャップアップシャンプーは、美容師と毛髪診断士という髪のプロが共同開発したものです。

モンドセレクションを2年連続で受賞したり、有名美容専門メディアでも部門NO.1を受賞したりと、いわゆるプロのお墨付きシャンプーなんです。

 

髪のエイジングケアはシャンプーから

チャップアップシャンプーのシリーズには、トリートメントがあることもうれしい点です。

 

オールインワンのものもあるけれど、ロングヘアなこともあって、基本はトリートメントをしたい派。同じシリーズでトリートメントがあると、シャンプーとの相性やケアの相乗効果もありますし、香りの統一感もとれます。

 

私のように「髪の分け目が目立つ」問題に直面したかたはもちろん、ハリやコシ、ツヤ、細くなった、ボリュームダウン……。髪のエイジングを感じているかたは、まずシャンプーをオトナ仕様に見直してみてください。きっと違いを感じられますから!

 

髪のエイジングケアにはまずシャンプー!

 

Sponsored by 株式会社ソーシャルテック

OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト 浅見悦子

美容エディター歴23年、元『S Cawaii!』編集長。衝撃のBEFORE→AFTERを公開した整形メイクブームの仕掛け人であり、webメディア『OTONA SALONE』の発起人。40代女性の本音とリアルな美容、ファッション、婚活などの記事を執筆中。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

#99 婚活1年10カ月でやっとわかった「大きな間違い」【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年10カ月。新たな出会いを期待して入った新宿のバー。カメラマンのロンドンくんと7年ぶり、偶然の再会をした。この出会い…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事