30年後の顔が風呂上りの1分で激変。「顔のコリ」をほぐす簡単なテク

運気がいい人はいい表情をしている。そういう人のところにはいい情報が集まる。一生いい運を引き寄せるために、毎日やったほうがいいアンチエイジングケアとは?

9月30日(金)夜、OTONA SALONE主催イベント第二弾が東京・青山で開かれました。書籍『逆引き アンチエイジング事典』の著者、Katsuyoさんが「顔筋コーディネイト®」をたっぷり50分レクチャー。そのエッセンスをお伝えします。

そもそもみんな、自分の顔の問題点に気づけない

dsc01672

今回のセミナー風景。みなさん真剣です!

30代までの女性は、「とはいえ、自分の顔の状態はそんなに悪くないよね?」と思っているので、正直どこがケアすべき点なのかをわかっていないものなのだそう。ところが、40代に入ると、徐々にではなく、ある時点から突然老化が進みます。

まず、40代の問題点は「影」。ほとんどがほほ骨の影です。「そんなもの私にはないから大丈夫!」と思っている人が本当に大丈夫な例はないもの。意識をそもそも変え、自分の表情を客観的に見ることがケアの第一歩なのだそう。なお、50代に入ると今度はくぼみ、たるみが始まります。

あなたの顔はあなたの名刺

 

img_2535

冒頭、編集長・浅見から書籍のご紹介。

普段から顔の筋肉、顔筋には数ミリ単位から数センチにもなる「コリ」が無数に点在していて、老化プロセスを加速させていくのだそう。

このコリは

表情のクセ

思考習慣

にも大きく左右されます。歯をかみしめたり、しわを作ったり、問題のあるポイントは必ず筋肉が萎縮しているもの。

これらをゆるめ、固まった筋肉をやわらかくし、血流をよくしていくのが重要です。また、思考の習慣は同じ表情を作りますから、「怒ってもしかたないな」とマインドからゆるめていくのも肝心です。

プチプチをつぶすようにこりをほぐしていく

Katsuyo

 

さて、この日はKatsuyo先生の実演がありました。書籍にまとめられた内容もとてもわかりやすいのですが、「速度」と「力の強さ」のわかりやすさはやはり実演ならでは。なお、マッサージの詳しいコツは過去記事もご覧ください。

201609130001-400x300

「老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【2】」に詳しく掲載中!

目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケア・1】

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【2】

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【3】

まず、顔のどこにこりがあるかを探します。書籍ではメイクブラシの柄やボールペンの後ろのゴムなどが紹介されていますが、先生のオススメは「フリクション」という消せるボールペンの後ろのゴム。ちょうどいいかたさと滑りなのだそうです。この日はOTONA SALONEオリジナルのペンが用意されました

img_2591

思ったより速度は早いし強い!

先生の実演スタート。いちばん重要な口元のコリからチェックします。1,2,3,4,5とカウントしながら、1で横1本、2で横1本という風に上唇の上を中心から内→外にスライドします。

img_2585

1、2の2カウントで1秒くらいと、結構なスピード。ペンの背をあて、歯を感じるまで、かなりの強さでスライドさせてみると、確かにコリコリとしたコリがある!

コリを確認できたら、マッサージへ。先生のメソッドでは専用の器具もありますが、「大抵みんな『似ていて安い器具』を探しちゃう。そんなものありませんので、むしろ手でやってください」とのこと。

img_2606

写真のように指を握り、人差し指の関節を使います。コリ探しのときと同じように、素早くほぐします。このままぐっと外へ開きます。

丁寧にこりをつぶしても時間がかかるだけなので、サッサッと進めていくのだそう。ちょっと痛いかな、と思うくらいでOK。他の3パートは記事を参考にどうぞ。→ 老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【2】

おすすめはお風呂上りとオフィス

KTYメソッドで使用するコスメ。(左)Suu マッサージ ジェル 5,000円 + 税 Suu ローション 6,000円 + 税/

KTYメソッドで使用するコスメ。(左)Suu マッサージ ジェル 5,000円 + 税 Suu ローション 6,000円 + 税/KTY METHOD http://www.kty-method.jp/suu.html

1日のうち、いつコリのケアをするのがオススメですか?と聞いたところ、お風呂からあがってスキンケアを始める前の1~2分の習慣に、というアドバイス。必ずジェルやクリームを使い、すべりをよくしてください。朝晩2回できればベターですが、女性は面倒なことは絶対続けられませんから、やれない日があってもそれでいいやという気楽さで。

また、部位の順番にはこだわりすぎず、中央から外へ真横→斜め上、フェイスラインは引き上げる、額は下から上にタテという原則を守ればOK。

img_2669

オフィスでのおすすめは耳の付け根の部分。こめかみの下エリアです。ここには顔面神経の束が通っているそう。「この話をすると、みなさんいっせいにオフィスでぐりぐりやり始めるんですよ。常にここを刺激してください」。

3日やるとわかり、1週間でクセになる

img_2482

この日モデルを務めたのは、この書籍を担当した編集者。「3日続けると、こりがある位置がわかります。1週間すると、コリがなくなったり、位置が移動したり、確実な変化を感じます。すると、がぜんやる気になるんです!」と言っていました。

また、来場していたお客さんのうち、ジャズシンガーの大江恵さんは、「先生と出会ってから1か月後、ヘアメイクさんに会うなり『やせた?』と聞かれて。顔が引き締まって、くすみがなくなりました!」。

いっしょにいた担当ヘアメイクさんも、「メイクのとき肌の調子がいつもと違い、『何かやってる?』と思わず聞いたくらい。前回の撮影で入れた太めのアイラインも不要でした。血流がよくなったので顔に汗もかくようになっていてました!」と証言。

コストも時間もかけず、30年後の自分を美しくするために今日すぐ始められる顔筋ケア。駆け足で基礎の基礎だけお伝えしましたので、詳しくは書籍をどうぞ!

逆引き アンチエイジング事典

main

逆引き アンチエイジング事典
Katsuyo:著 
ISBN:9784074173037
判型・ページ数:四六版160ページ
定価:本体1,300円+税

■合わせて読みたい■

目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

美容のプロが厳選!リピート買い決定の本当は教えたくないコスメ ~2016年冬・スキンケア編~

毎シーズンたくさん発売される新作コスメ。店頭に並ぶキラキラしたアイテムを見ているだけでテンションが上がりますよね。今回は、今年の秋に各社から紹介してもらった優れ…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事