25歳からは女の子じゃない? CM批判から考える女子とは何歳までか問題

25歳の女性が「いい女」をめざしていくストーリー仕立ての資生堂インテグレートのCM。かわいいの先へ向かう大人の女性を応援するメッセージだったと感じるのですが、「セクハラ」「男の価値観」などの批判を受け放送を中止しました。誕生日を迎えた25歳の女性が「今日からあんたは女の子じゃない」と言われる点などに批判が集まったようですが……はたして25歳は女の子と言っていいのかどうか調べてみました。

25歳からは女の子じゃない⁉

Frauen machen Foto vor Photobooth

CMでは小松菜奈さん演じる「ナナ」が25歳の誕生日を迎え、森星さんと夏帆さんが演じる友人からこのような言葉を浴びせられるシーンがあります。

「今日からあんたは女の子じゃない」
「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
「カワイイという武器はもはやこの手にはない」

こういった同性からの厳しい意見に触発され「なんか燃えてきた」と発言します。

おそらく、25歳からはカワイイだけではない大人の「いい女」を目指していこう、ステキに年齢を重ねていこうという提案であり、大人の女性を応援するメッセージだったのではと思います。ハッシュタグとして「#いい女なろう」というのが使われていますから。実際、そのように受け止めた人も少なくないと思います。ですが「25歳からは女の子じゃないって⁉」という一部のかたの反応が強く表に出てしまったがゆえの結果なのでしょう。

 

「女子」や「女の子」は何歳までか?

ところで皆さんが思う「女子」「女の子」とはいったい何歳くらいまでなのでしょうか? OTONA SALONE公式twitterでアンケートをとってみました。

1番多かったのが「25歳くらいまで」の36%、次に「その他」の32%、以下「20歳くらいまで」が27%、「30歳くらいまで」が5%という結果になりました。

「20歳くらいまで」「25歳くらいまで」を合わせると63%と約2/3を占めています。この結果からみると、インテグレートのCMの「25歳はもう女の子じゃない」というのはあながち間違っていないと思っているかたが多いようですね。

一方で「その他(一生、女子!などコメントください)」が2番目に多く1/3を占めていたという点も見逃せません。コメントがなかったため、こちらに投票した人が何歳くらいまでを女子と考えているか詳細なご意見はわかりません。

ですが、選択欄に例として書いたため、「一生、女子!」に投票したかたも少なくないのではないでしょうか。30代でも40代でも50代でも60代でも70代でも80代でも……女に産まれたからには一生女子なのだというご意見。そういう考えから見ると「25歳になったら女の子じゃないなんて!!」という反応になるのかもしれません。

 

では、雑誌的、辞書的には何歳までが「女子・女の子」としているのでしょうか?

スポンサーリンク

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事