「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。

しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約とは真逆の行動に出てしまうかもしれません。

そんな節約疲れに効く、3つの方法をお伝えします。

 

疲れたら、プチ贅沢で心のゆとりを取り戻す

節約ばかりしていると、いつもお金のことばかり考えているようになりがちです。買物をするにも、少しでも安いものを探したり、代用品を考えたり。

そうまでして頑張っても、思うように貯蓄が増えないとイヤになってしまうものです。

そんな時は、プチ贅沢をして気持ちをリフレッシュさせましょう。

 

プチ贅沢は、自分が満足できるものであれば何でもいいのですが、贅沢をした後に「やめておけばよかった」と、後悔をしないようなことにしておくのがポイント。

たとえば、スイーツバイキングに行く、高価な服を買う、という贅沢は後悔につながりやすいので要注意です。

スイーツバイキングで散財したあげくに体重がオーバーしたり、お腹の具合が悪くなったりしたら、新たなストレスの種になりかねません。

また、高価な服は、合わせる手持ちのバッグや靴に不満を感じることもあり、さらに出費をかさねてしまうことにもつながります。

 

リフレッシュできるもので、手軽で、費用の負担も大きくなりすぎないプチ贅沢のオススメを3つ、ご紹介します。

 

プチ贅沢のオススメその1、マッサージ

節約疲れは身も心も荒れてしまいます。もしも表情が険しくなっていたら、ストレスがたまってきているサインです。ストレスのサインに早めに気付けるよう、自分の表情や体調の変化には、普段から注意を向けていることが大切。

たとえば朝メイクをする時、お肌のコンディションと一緒に、表情のチェックができるといいですね。朝はあわただしくなりがちですが、少し立ち止まって自分を見つめる時間をぜひ作ってみてください。

 

そして疲れを感じたら、頑張っている自分を癒してあげてください。身体のメンテナンスにはマッサージが最適。血行が良くなると、凝った身体だけでなく、疲れた心もほぐれていきます。

全身のオイルマッサージーや、ヘッドスパ、リンパマッサージなど、さまざまな施術がありますので、自分の好みで選ぶとよいでしょう。

お値段は60分1万円前後が多いようですが、マッサージのサロンによっても違いが大きいですし、初回は割引になっているところも多くあります。

 

時には贅沢をしてメリハリのあるお金の使い方をすることは、節約を長続きさせるコツ。

リフレッシュしたら、もう少し頑張ってみようかな、と思えてくるのではないでしょうか。

 

プチ贅沢のオススメその2、小旅行

心の疲れには、小旅行がオススメ。いつもと違う電車に乗って、少し遠くまで行ってみることもリフレッシュになっていいものです。

はじめて見る景色のなかで過ごす時間は、ストレス解消につながります。日常と異なる環境に身をおくことが刺激となって、脳が活性化され、やる気が向上する効果もあるとも言われているので、節約疲れでモチベーションが落ちてしまった時にはピッタリです。

 

旅行は、計画をしている時も楽しいですね。楽しみを長続きさせるには、なるべく早くから計画を立て始めることも有効です。特別な観光地でなくてもいいのです。どこに行こうか、インターネットで調べるだけでもワウワク感が生まれます。ぜひ試してみてください。

 

たとえば、東京から箱根に日帰り温泉に行ったとすると、1万円程度で楽しめるプランも作れます。

新宿から箱根湯本まで、小田急線の乗車券は1,184円。ロマンスカーに乗ったらプラス1,090円ですから、往復でも4,548円(2018年8月現在)。日帰り温泉は、箱根湯本駅から無料バスや徒歩で行かれるところだといいですね。料金は2,000円前後のようです。

温泉ではなく、美術館に行ったり、元箱根を散策したりするのも楽しそうです。

 

素敵な小旅行を経験したら、また行きたくなるのではないでしょうか。

次の小旅行のために節約して貯金をする、ということも楽しみになって一石二鳥ですね。

 

プチ贅沢のオススメその3、誰かへのプレゼント

節約疲れは心の疲れです。心が疲れてしまうと、自分のことしか考えられなくなってしまうことが多くなります。そんな時こそ、誰かへプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

 

行動経済学では、プレゼントというのは実は経済効率が悪いと言われています。

たとえば、1万円の赤ワインを買って友達にプレゼントをしたとします。ところが、その友達は赤ワインがそれほど好きではないかもしれません。あるいは、レストランで飲むのは好きでも、自宅では飲む習慣がなくて、コルク栓を抜けないかもしれません。そんな時、1万円のプレゼントは、相手にとっては1万円以下の価値しかないものになってしまうのです。

 

相手にとって、少なくとも1万円の価値があるプレゼントを受け取ってもらいたいなら、1万円の現金を渡すのがもっとも確実な方法です。

しかし、世の中からプレゼントがなくならないのはなぜでしょうか。

 

それは、私たちがお金のためだけに暮らしているわけではないからです。誰かへの感謝や愛情を表すのに、「いくら払えばいいですか?」と聞く人はいないでしょう。

経済効率が悪いのに、あえてプレゼントをするのは、自分の気持ちを表すためでもあります。

その人のことを思い、品物を選ぶのは、金額はプチでもとても贅沢なこと。

心が豊かになるプチ贅沢を取り入れて、節約生活を長続きさせましょう。

 

3つのプチ贅沢をご紹介しました。

自分に合った贅沢を時には楽しんで、そして節約もまた楽しめるようにしたいですね。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

■40代の疲労に向き合います!「特集オトナの疲れ取り

スポンサーリンク

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わな…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

レジ前で1秒「コレ」を考えるだけでお金が貯まる?

お金を貯めたいからと言って、とにかく何も買わずにガマンする、というやり方はオススメできません。そんな方法はお金よりもストレスがたまり、長続きできないばかりか、反動で爆買いに走ってしまうリスクもあります…

意外とそんなに大変じゃない⁉あと3万円収入アップする方法

今の収入に大きな不満があるわけではなくても、あともう少し、月に3万円の収入がプラスされたらいいのに、と思うことはありませんか。あと3万円あれば、欲しいものをもっと楽に買えたり、貯蓄を増やせたり、と想像が…

簡単な事だけど、やるだけで全然違う!幸せをよぶ、3つのマネー習慣

ほんの小さなことでも、習慣にすることで大きな違いが生まれることはよくあります。マネー習慣も同じこと。ムダづかいをしないため、不要な照明を消すことや、歯磨きの時に水を出しっぱなしにしないなどはすでに実行…

気をつけて!お礼のつもりで現金を包むと「超失礼」になるケースが5つもある!

結婚式やお葬式では、お金を包むことが常識とされています。また、入学や就職などのお祝いにも現金を贈ることが多いかもしれません。しかし、なかにはお金を渡すことが失礼にあたることもあります。せっかく心をこめ…

お金に愛される!「しぐさ」「髪」「○○」で金運オーラを引き寄せる

「いかにもリッチ」な雰囲気は、お金をかけなくても出すことができます。リッチオーラはお金を引き寄せ、価値ある人脈を広げてくれることもあります。貧乏くさく見えるより、リッチに見えるほうが気分もあがるので、…

1年で100万貯金できるヒトたちは「自分の○○」を例外なく知ってた!

世の中には様々な貯蓄法がありますが、自分に合った方法を選ぶことが大切です。合わない方法では続けることが難しく、ストレスがたまる上に、我慢の反動で浪費に走れば後には何も残りません。そんな無駄な努力をする…

満月と新月、人が浪費しやすいのはどっちだと思う?答えは納得のこちら

月の満ち欠けは人の心にも影響を与えると言われています。お金を計画的に使おうと思っていても、衝動買いをしたり、厳しい節約を始めたり、出費のコントロールが難しいと感じているなら、月のバイオリズムに注目して…

家計簿つけても貯まらない人!「ごく当たり前」の原因は

家計簿には2種類あります。それは、「貯まる家計簿」と、「貯まらない家計簿」です。節約には、収支の把握が欠かせません。そのため、家計簿をつけようと考える人も多いでしょう。オトナサローネ世代なら、1度は家計…

年末年始にお金を使いすぎた人!この「究極の節約術」で今月を乗り切れ!

お正月休みは旅行や帰省、バーゲンセール、お年玉など、出費がかさむイベントが続きます。年に一度のことだから、とつい財布のヒモがゆるんでしまうことも多く、1月中旬を過ぎた頃には散財したことに青くなっている…

パート、非正規なら貯蓄額より○○に注目?働き方別「全員貯まる」貯金法

「一年の計は元旦にあり」、貯蓄は計画が大切です。2019年はいくら貯蓄をしたいか、目標はいかがでしょうか。せっかく目標金額を決めたら、効率よく達成したいですね。そこで大切になるのが貯蓄方法です。昨今はさま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事