その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。

「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どうしたらいいの問題”は、40代女性に容赦なく押し寄せる課題。

ところで、毛穴を目立たなくしようと取り組んでいるお手入れで、かえって毛穴を悪目立ちさせる要因になっていたら、ショックでしかありません。

「実は毛穴が気になっているけれど、私のお手入れは大丈夫かしら……?」が気になった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代の毛穴を悪目立ちさせる「今すぐやめたい」NG習慣のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

今すぐSTOP!「オバ毛穴」を招くNG習慣1:毛抜きやスティックで目に見える角栓を取る

 

洗顔後、ふと鏡を見るとニョロんと顔を出している角栓があると、ついその場で取ってしまいたくなる衝動に駆られます。

「本当はダメだろうけど、目に見えてしまうと、つい」とばかりに、毛抜きやスティックでニョロっとした角栓を引き出せたときの快感ったら、言いようがありません。

しかし、いくら目に見えているからといって毛穴に詰まった角栓を無理やりに引き抜いてしまえば「パッカリ毛穴」を招くだけでなく、そこから“たるみ”へと進んでいくリスクも大きめ。

また「毛穴の角栓ケアは、洗顔後に目立つものだけを取り除くようにしています」と口にする40代女性も稀にいらっしゃいますが、いずれの場合でも無理に角栓を引っ張り出してしまえば、毛穴が開き、そこにメイクや汚れが詰まってしまうオバ毛穴を招きがちに。

 

今すぐSTOP!「オバ毛穴」を招くNG習慣2:角栓パックを使ったあと、引き締めケアをしない

 

鼻のまわりなどに貼り付け、しばらく経ってからはがすチプの角栓ケアシートは、手軽に取り入れられる上に、成果(!)が目に見えることから40代女性にも人気があるお手入れ法。

そして、パックのやりすぎはお肌を傷めてしまうリスクがあることは、すでにご存じの方も多いはずです。

ところが、そこまでは気をつけているのに、オバ毛穴を招いてしまう40代がやりがちなNGとして、パック後の引き締めケアをつい怠ってしまう点が挙げられます。

パックをしたあとの毛穴は、それまで詰まっていた角栓やメイクの汚れが抜き出ている状態にあるだけに、そのまま放置して眠ってしまえば、乾燥した状態を招くだけでなく、再び皮脂や汚れが詰まってしまう原因にも。

せっかくお手入れをしていても、パックリと開いたオバ毛穴を加速させる原因になりかねないというわけです。

収れん化粧水まで用いずとも、パックの後にしっかり保湿ケアをしておくだけでも引き締め作用は期待できますので、最後のひと手間をお忘れなく。

 

ああ、これが私の毛穴の原因か…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事