【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、セルフチェックができるようになっています。

 

すべてYesなら貯まる女性まちがいなし。

 

もしもNoの設問があれば、それこそ貯蓄が思うようにいかない原因のウィークポイントです。

 

 

設問1 貯蓄の目的がある?

貯蓄は単に「お金を貯めておきたい」という動機だけで成功するのは、難しいものです。逆に、貯蓄の目的がある人は、すでに貯蓄の半分まで成功したようなもの。それくらい目的は大切です。

 

目的が決まっていれば、いつまでにいくら貯めたいのかが決まります。そこから逆算すると、そのためには、毎月いくらずつ貯めていったらいいのかが決まります。計画はできるだけ具体的に立てましょう。

 

この設問にNoだった人は、まずは目的を設定することから始めてみましょう。

 

現在貯蓄が無い人や、何を目的にしたらよいかわからない人は、とりあえず「緊急予備資金」として、手取り収入の6カ月分を目安に貯めるといいでしょう。期間は無理なく続けられるペースがいいですね。

 

しかし、「いつか貯まったらいいな」と期限を決めない貯蓄は失敗しがちです。ゴールの時期もしっかり決めましょう。決まらない人は「2年後」にしてはいかがでしょうか。手取り収入の25%を貯蓄に回せば、24カ月=2年で半年分が貯まります。決して無理ではないと思います。

 

設問2 先取り貯蓄をしている?

この設問にYesの人は、目的に向かって着々と貯蓄が増えていることでしょう。

 

貯蓄の目的がしっかりしていても、手元にお金があるとつい使ってしまうのは誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか。毎月の生活費などの支出をして、月末に余ったお金を貯蓄にしようと思ってもうまくいきません。

 

この設問にNoだった人は、次のお給料日から先取り貯蓄を実行しましょう。

 

先取り貯蓄のやり方は簡単です。お給料等の収入があったら、まずは貯蓄分を差引いて、貯蓄用の預金口座に移せば完了。あとは残りのお金でやりくりをします。

 

財布にお金が入っていなかったり、生活費用の預金口座に残高がなかったりすれば、使おうと思っても使えません。強制的に節約をしなければならない状況を作っておくのです。

 

しかし節約がうまくいかず、月末になると貯蓄を取り崩したり、クレジットカードを利用したりするようだと、先取り貯蓄の効果も半減。そんな時は1ヶ月分でもいいのでお金の収支の記録をつけて、無駄遣いを洗い出しましょう。

 

ランチはお弁当にする、コンビニに立ち寄る習慣をなくす、マイボトルを持ち歩くなど、できることから続けられるといいですね。

 

設問3 固定費を定期的に見直している?

固定費とは、毎月決まった金額を自動的に支払っているタイプの支出です。

 

家賃、インターネットの接続料、新聞などの購読料、生命保険の保険料などが当てはまります。各種会費や月謝、月極駐車場代、スポーツジムの利用料、ケーブルテレビの利用料などを支払っている人もいるかもしれませんね。

 

また、光熱水道費や、携帯電話の料金は、毎月多少の変動はありますが、基本料金は同じですので、その部分は固定費と言えるでしょう。

 

このような固定費は毎月の出費になるので、はじめはしっかり検討して決めたことばかりだと思います。しかし、その後もっとおトクな商品やプランができていることも少なくありません。

 

また、スポーツジムやケーブルテレビなど、あまり利用しなくなっているかもしれません。

 

食費や日用品の節約はガマンすることも多く、ストレスがたまりがち。それにくらべて固定費はいったん見直せば、毎月のことなので効果はずっと続きます。

 

Yesの人は、預金通帳やクレジットカードの明細を定期的にチェックして、減らせる支出は減らし、その分を貯蓄に回せるのでさらに貯められるようになります。

 

Noだった人は、毎月どんな固定費を払っているか、支出のチェックから始めましょう。

 

設問4 部屋が片付いている?

貯蓄と部屋が片付いているかどうかは関係がないと思われがちですが、実はそうではありません。片付いていないと、何がどこにあるか把握しきれず、化粧品や洗剤類などをダブって買ってしまったり、冷蔵庫や棚で食品の消費期限が切れてしまったり。節約と整理整頓はとても関係が深いのです。

 

Yesの人は、部屋に何があるか把握ができているので無駄な買物をせず、有効にお金を使っていることでしょう。

 

Noだった人は1ヶ所ずつ、整理をしていきましょう。まずは冷蔵庫の中、それからクロゼットの中、など小さく場所を決めるとやりやすいのではないでしょうか。

 

設問5 ストレス解消にお金をかけていない?

節約生活は楽しめる時もありますが、ストレスに感じることもあるでしょう。それ以外にも、ストレスの種はいたるところにあります。

 

ストレス解消にはいろいろな方法がありますが、あえて分類するなら、「お金がかかるもの」と「お金がからないもの」の2種類です。

 

お金のかかるストレス解消法とは、ショッピング、食べる、お酒を飲むなど。ストレス解消に、と思うと日ごろの節約意識はなくなり財布のヒモが一気にゆるんでしまいがち。ストレス解消にはなっても、お金もなくなり、後悔が残りやすい方法ではないでしょうか。

 

この設問にNoだった人は、ぜひ、お金のかからないストレス解消法を見つけて欲しいと思います。ストレスは心の疲れなので、あまり考えずに身体を動かせるものがいいようです。お散歩や掃除は手軽に出来て健康にもいい方法だと思いますが、いかがでしょうか。

 

5つの設問に、YesとNoはいくつありましたか。時と場合によって、答えは揺れ動くものです。先取り貯蓄はしていても今月はちょっと無理、ストレス解消には美味しいものを食べに行きたい、などNoの時があってもいいのです。

 

自分なりのペースで、自分らしいくらしをしていかれるよう、時々はお金の使い方を見直して貯蓄も増やしていきましょう。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

【この記事の次に読まれているのは】

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40代独身の平均貯金額が936万って本当?全然足りない私はどうすればいい?

大人の女性であれば、あふれる情報に振り回されすぎることもなく、自分のペースで着々と貯金をしている方が多いようです。人は人、自分は自分、という価値観は大切ですが、そうはいっても気になるのが他の人の貯金事…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

【お金の失敗】40代のダメ貯金と、成功した貯金を分析してみたら…?

貯蓄法は数々ありますが、残念ながら成功するとばかりは限りません。頑張ったのに失敗した時のやるせなさは、実際にお金が貯まっていない現実とあいまって、心身ともにダメージを与えます。今回は、FPとしてさまざま…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事