BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な数値”という衝撃の情報が飛び出しました。

BMIは「金儲けのための数字」だった!?

そもそもBMIとは、「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で割り出す数値。世界的にも肥満の基準として使われています。しかし、番組に登場したジャーナリストのジャック・ペレッティさんによると、BMIは「金儲けのために1人の男が広めた」「筋肉量や脂肪量を全く無視した数値」とのこと。

この事実に、スタジオの林修先生一同は大驚愕。ギャル曽根さんも「え~ショック…」と動揺を隠しきれません。BMIがここまで広がったきっかけは、1945年のアメリカで「メトロポリタン生命」という保険会社の社員が“「標準」に分類される人を「肥満」扱いすることができればより保険料を儲けられるのではないか”と考えたことでした。

元々、BMIは1835年にベルギーの数学者であるアドルフ・ケトレーが発明したもの。実際にケトレー本人も「肥満度を算出するには曖昧」と言っていたのですが、保険会社の思惑にピッタリだったため、肥満度の基準として利用されることに。

SNSでも「衝撃! 何を信じればいいんだ…」と驚きの声が続出。「ダイエットの時はそんなに気にしなくていいのか」と安心する人もちらほら見られました。一方で「ムキムキマッチョでも、筋肉の分体重が重くなって“肥満”扱いされるんだからおかしいよね」と納得の声も上がっています。

BMIが高いだけなら病気じゃない!?

もちろん、「少なくとも普通の人はBMIで引っかからないのだから、最初の基準としてはありでしょ」「“筋肉質で引っかかってる”なら体脂肪率で分かるから例外扱いでいいんじゃない?」という意見も。

“BMIが高い=太っている”というイメージはありますが、実際に健康状態を考える時にはBMIだけに頼ることは少ないよう。「一般社団法人 日本肥満症予防協会」の公式HPでは、「肥満」と「肥満症」の違いについて解説されています。

まず、「肥満」とは単にBMIが高い状態のこと。WHOの基準では30以上ですが、日本では25以上で肥満の判定が下ります。しかし、「肥満=疾病」というわけではありません。「日本肥満症予防協会」のサイトによると、「肥満であるかどうかは体脂肪量によりますが、体脂肪量をはかる簡便な方法が無いため」BMIが広く使われているだけのよう。

一方で肥満に起因、または関連する健康障害があったり、予測される状態が「肥満症」。こちらは「疾病」なので治療が必要になります。ダイエットも健康維持も、BMIだけにこだわらず自分の状態を正しく認識することが大切かもしれません。

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事