BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な数値”という衝撃の情報が飛び出しました。

BMIは「金儲けのための数字」だった!?

そもそもBMIとは、「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で割り出す数値。世界的にも肥満の基準として使われています。しかし、番組に登場したジャーナリストのジャック・ペレッティさんによると、BMIは「金儲けのために1人の男が広めた」「筋肉量や脂肪量を全く無視した数値」とのこと。

この事実に、スタジオの林修先生一同は大驚愕。ギャル曽根さんも「え~ショック…」と動揺を隠しきれません。BMIがここまで広がったきっかけは、1945年のアメリカで「メトロポリタン生命」という保険会社の社員が“「標準」に分類される人を「肥満」扱いすることができればより保険料を儲けられるのではないか”と考えたことでした。

元々、BMIは1835年にベルギーの数学者であるアドルフ・ケトレーが発明したもの。実際にケトレー本人も「肥満度を算出するには曖昧」と言っていたのですが、保険会社の思惑にピッタリだったため、肥満度の基準として利用されることに。

SNSでも「衝撃! 何を信じればいいんだ…」と驚きの声が続出。「ダイエットの時はそんなに気にしなくていいのか」と安心する人もちらほら見られました。一方で「ムキムキマッチョでも、筋肉の分体重が重くなって“肥満”扱いされるんだからおかしいよね」と納得の声も上がっています。

BMIが高いだけなら病気じゃない!?

もちろん、「少なくとも普通の人はBMIで引っかからないのだから、最初の基準としてはありでしょ」「“筋肉質で引っかかってる”なら体脂肪率で分かるから例外扱いでいいんじゃない?」という意見も。

“BMIが高い=太っている”というイメージはありますが、実際に健康状態を考える時にはBMIだけに頼ることは少ないよう。「一般社団法人 日本肥満症予防協会」の公式HPでは、「肥満」と「肥満症」の違いについて解説されています。

まず、「肥満」とは単にBMIが高い状態のこと。WHOの基準では30以上ですが、日本では25以上で肥満の判定が下ります。しかし、「肥満=疾病」というわけではありません。「日本肥満症予防協会」のサイトによると、「肥満であるかどうかは体脂肪量によりますが、体脂肪量をはかる簡便な方法が無いため」BMIが広く使われているだけのよう。

一方で肥満に起因、または関連する健康障害があったり、予測される状態が「肥満症」。こちらは「疾病」なので治療が必要になります。ダイエットも健康維持も、BMIだけにこだわらず自分の状態を正しく認識することが大切かもしれません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

おばさんの境目は45歳! しかし年齢だけでない“おばさんジャッジ”の要因

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。世の中には、面白いアンケート調査がいっぱい。私も仕事柄様々なアンケートに目を通すのですが、最近ではBIGLOBEが発表した「年齢に関する意識調査」が実に興味深い内…

まだほんの序章に過ぎない…?“2019年の値上がり商品”コレだけは押さえておけ!

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。2019年は早くも“変化の年”になりそうな予感。元号や消費税などあらゆるものが変わりつつありますが、中でも私が注目しているのが“物価の値上げ”。人気テーマパークから…

ブーツカットはもはや時代遅れ!? 世間から“痛い”と思われる「勘違いファッション」

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。ファッションは、女性をより輝かせるマストアイテム。しかしその着こなし方を1歩間違えると、自分の意志に反して“マイナスの効果”を生み出してしまう可能性が。「体型…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらず…

3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げ…

ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11…

合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態につい…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事