えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努力Part2

 

男性目線だと、女性が思っているようないい効果が得られない美容努力もある実情は、こちらの記事『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン』でもご紹介したとおりです。

ところで「ナシでしょ」まで厳しい意見ではなくとも、男性たちが「理解できないんだけど……」と首を傾げている40代女性の美的努力も。

悲しいかな、美しくありたい女心は、ときとして男性からは、まったく共感されないこともあるわけです。

そこで今回は、時短美容家の私、並木まきが、男性たちが「理解できません……!」と口にした美的努力を3例ご紹介します。

 

うかつにも「理解できないオバサン」になる美的努力1:眉毛を必死で変えた

「最近、42歳になった妻が、“若見え”に目覚めたみたいです。

メイク本を読み漁っているみたいだし、以前よりも美容雑誌が家に増えました。

で、『キレイになりたい!』という努力は僕としても嬉しいんですが、いろいろ試してみては『今日のメイク、どう?』って聞いてくるんですけど、ぶっちゃけ違いがまったくわからない(笑)。

特に困るのは眉毛の話題で、このところいろいろな描き方を試しているっぽい妻から『この前のと、今日のと、どっちが似合ってる?』って意見を求められたときには、マジで焦りました。

微妙な違いなんて、僕には絶対にわかりません!」(46歳男性/経営)

 

「眉毛を変えると、顔の印象がガラリと変わる」は多くの女性の共通認識ながら、男性視線では「ゴメン、言われてもわからない……」に陥りがち?

同性からは「メイク変えた?」と気づかれやすいパーツでも、男性には同じに見えちゃうことも。

男ウケを狙って必死に努力しても、まず気づいてもらえない可能性が大です。

 

うかつにも「理解できないオバサン」になる美的努力2:ちょっと痩せた

「同棲している彼女(40歳)がボディメイクに目覚め、半年ほど前からジムに通って、ダイエットに励んでいます。

イライラする日も減った感じがするし『前より、健康的でいいな』って見ていたんですが、最近少し体重が落ちたようで、ものすごい勢いで自慢してきます(苦笑)。

でもね、どのくらい減ったのかを聞いたら、1.3kgって言うんですよ。

『このへん、かなり痩せたでしょ?』『私、キレイになったでしょ?』ってしつこく聞かれるんで、その場では『そうだね』って言っていますが、正直なところ見た目はあんまり変わらないし、どこがどう痩せたのか、ちっともわかりません……」(43歳男性/SE)

 

少しでも体重が落ちると、嬉しいのも女心。

しかし目に見えて体が絞れた、あるいは体重が減った場合ではない限り、男性に微妙な変化を気づかせようと思っても難しいのが実態です。

執拗に『どう?』を繰り返しても「ゴメン、わからない」が、本心な男性は多そう……。

裏を返せば、ちょっとくらい太っても、バレなそうでラッキーですが!

 

うかつにも「理解できないオバサン」になる美的努力3:頭でっかちな知識の披露

「もうすぐ45歳の妻は、このところずっと、ちょっとした不調が続いているみたいで、時間さえあればネットで健康系や美容系の情報を集めているみたいです。

顔のシワに効く食べ物やら、体の歪みを矯正する体操だとか、毎日なにかしら新しい知識を仕入れては、試しているっぽい。

で、最近では帰宅するとまず『今日は、●×に効くよう、夕食には何々をの食材を使った』というウンチクから始まります。これはまぁ、黙って聞いていれば実害(!)がないからいいんですけど、困るのは僕の身体にもあーだこーだとアドバイスしてくるところです。

『あっ。いま右に重心かけてない? 骨盤がウンタラ〜』とか『そういう笑い方をしていると、目もとの笑いジワが〜』とか、ひとつひとつを指摘して、直そうとさせるんですよ。

アドバイスどおりにすれば多少は僕も健康的になるのかもしれないけれど、だからと言って老化が止まるわけでもないでしょうし、正直、理解に苦しみます……」(47歳男性/金融)

 

40代になると、デイリーの“プチ不調”もおなじみですが「●●にいい」と言われる美的食材や、エクササイズ、生活習慣に“頭でっかち”になっているような振る舞いは、身近な男性からは「面倒くさい!」からの「理解できません」を招きがちなのも、また実態でしょうか……。

これ、私にも心当たりがあるので、以後気をつけようと感じた次第です。

 

こんなふうに、女性目線では「あるある」「わかるわかる」となる美的努力でも、男性視線だと「ちょっと理解に苦しみます!」が本心になっているものも。

みなさまにも、ひとつくらいのお心当たりがありましたでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」につ…

40代の大人ネイルとは?痛いネイルと上品にみせる解決法3つ

「ネイルまで気を配ってこそ、本物の美しい女性」と言われます。美しく整えた大人ネイルは自分の気分もアゲてくれる存在。一方で、ネイルは自分だけでなく他人の目にも触れ…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

え〜こんなことで…?「この女性はキープでいいや」と男が思う40代女性の言動3例

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

ガサツすぎるでしょ…男が心底引いた「バレンタインデー」の贈り物3選

日本におけるバレンタインデーは、すっかり女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。ところが、女性は愛を贈るつもりのプレゼントを満足げに渡しても、ちょっとしたことにより、男性が「いくらなんで…

ダマされた!? 遠目では素敵だったのに…至近距離になって男が「ガッカリした」40代独女の顔3パターン

遠目で見ているときには「素敵な女性だな」と思っていたのに、親密な仲になって至近距離で顔を見てみたら「ガッカリだった……」なんて感想を抱く男性もチラホラ。女性はメイクによって顔の表情が変わるので、外出先で…

男が「そりゃアナタはモテないでしょ」と引く40代独女のメイク3選

自分ではあえて独身を貫いているつもりでも、男性から見て「この人は、こんな感じだから、独身なんだろうな……」と余計な推測が働くこともあるのが実情。「40代で独身」は、決して珍しい存在ではないものの、婚活を公…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事