行き当たりばったりの節約はNG!40代おひとりさまの正しい貯金術4選

「貯金がなかなかできないわ」そう嘆く方がいます。

世の中には、貯金ができるタイプとできないタイプの人間がいます。さらに、貯金ができないタイプの中には、「だらしがないから貯金が貯まらない人間」と「貯める方法が分からないだけのしっかりもの」がいます。

どうやら、読者の方々の中には、「貯める方法がわからないしっかりもの」がたくさんいらっしゃるようです。今回は、ファイナンシャルプランニング界でマニュアル化されている貯金の基礎知識を共有して、みなさんに貯金のプロになってもらおうと思います。

 

1・貯金のめやすは月いくらかを知る

まず、給料の数分の1を貯金できるようにめやすを設定します。給料を毎月すべて使ってしまっているのなら、身の丈にあっていない生活をしている可能性大です。

 

独身で特別な理由がなければ手取りの30%、無理のない範囲でちょっとずつ始めるのであれば手取りの20%を毎月貯めていきましょう。配偶者が働いておらず子どもがいる場合は、5%から10%を目指します。

 

45-49歳女性の給与所得者の平均所得額は310万円なので(民間給与実態統計調査平成29年度)、税・社保を引いた手取り月額平均は、ボーナスなしの場合でおよそ月額20-25万前後と仮定できます。20万円の場合、30%は6万円、5%なら1万円です。

 

2・何も考えず節約しない

貯金を考えたときに、誰でもやるのが「節約」です。収入を増やすか支出を減らすかしないとお金は貯まりません。会社員が自らの意思で収入増やすのは容易ではありませんので、支出を減らそうと考えます。そうすると、ほとんどの方が「なんとなく節約」しようとします。

 

コンビニでお菓子を買おうとして諦めたり、お昼をサンドウィッチからパン一つに変えたり、友人からの会食の誘いを断ったり、目の前の出来事に対してお金を使わない“受け身の節約”をします。

 

受け身の節約だけでは、お金は貯まりません。もっと“攻めた節約”をする必要があります。まず、過去の支払いを見直します。預金通帳、クレジットカードの明細を用意して、使用履歴を確認します。貯金ができない方は、自分が何に使ったかを把握していないことが多く、「いつのまにかお金がなくなっちゃう」と思っています。

 

そこで、通帳やカードの明細などで半年分の履歴を見て、節約できる支出がなかったか確認しましょう。それを受けて「これはいらなかったな」とか「このときこれを買ったから、買い換えるのはよそう」と考えて将来の大きな支出を減らします。

 

3・固定費の把握

通帳やクレジットカードの履歴を見ると、電気・ガス・水道・携帯料金・インターネット料金・家賃・月謝といった固定費を再認識することができます。毎月、必ずかかるお金がどれくらいあるのかを把握し、給料と比較して、いくら残るのかを知りましょう。

 

そうすると、残額から、貯金すると決めた金額を引き、残りがあなたの月の予算となります。月いくらと予算を決めても、それを一定のペースで守るのは難しいので4で割り、週の予算として財布に入れて使うと予算を守りやすくなります。

 

4・貯金は給料日に

貯金でよくある間違いとして、毎月節約して余ったお金を銀行口座に入れる方法があります。これは、方法としてはまったく逆です。貯金は何よりも先駆けて行います。給料が入ったときに、予め決めておいた金額を、給料の振込先でない別の銀行口座に移すのです。

 

この口座は入金専用なので、どんなことがあっても引き出しません。支出は、給料の振込先口座だけでまかないます。週の予算を決めているので、もし週の終わりにお金が余れば、それも入金専用の口座に預けてしまいます。

 

予算が決まっていると、義務感が生まれ、なくても良い支出を削れるようになります。また、貯金が貯まっていくと、預金通帳に印字された数字が増えていくので、それを見るだけで達成感や充実感を覚えるようになり、貯金が楽しくなります。

 

 

貯金をするには、行き当たりばったりで節約するのはNGです。予算を決めてその予算内で生活するために節約をする、というルールを設けることが長く続けるコツになります。お金の履歴を把握するのが難しければ、会計アプリを使って、預金口座やクレジットカードを連動させましょう。毎日の支払いも入力すると、すぐにそれまでの支出を確認できて、自分のお金の動きがひと目で分かるようになります。

 

■元国税!さんきゅう倉田の連載記事一覧■

#1・【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

#5・気になる!芸能人だけがやっている、5つの危ない経費……⁉

#6・お金持ちの社長たちの共通点。彼らが「普段しないこと」9選

#7・1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

#8・元国税芸人の僕が思うモテる女性のお金づかい5選

#9・行き当たりばったりの節約はNG!正しい貯金術4選

#10・40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事