#126 どうなる?はじめての銀座・婚活デート【40代編集長の婚活記】

「今年こそ結婚する!」 新しい年を迎え、そんな決意をするかたもいらっしゃることでしょう。46歳・独身・恋人いない歴9年、婚活歴2年超えのOTONA SALONE編集長・アサミは、今年こそ結婚できるのか⁉

進行中の婚活相手は、アーティストのジェントルさん(49歳・バツイチ・子持ち・ゲイ疑惑あり)。ランチ、からの仕事の打ち合わせに同席、からのその仕事相手とのお茶ときた謎すぎる2回目デート。彼にとってアサミの存在とは? これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

銀座デートは「GINZA SIX」から

お知り合いの男性と仕事の打ち合わせをし喫茶店で3人でのお茶をはさんだけれど、再びジェントルさんと2人でのデート(?)の時間がやってきた。

ジェントル「GINZA SIXでも行きませんか? ここから近いですし」

との言葉にうなずき、銀座デートが始まった。

GINZA SIXのエスカレーターでもジェントルさんは、紳士な立ち居振る舞いだった。ひとつ後ろのステップに乗り、手すりに手を置いたジェントルさん。まるで後ろから守ってくれているように感じて、恋愛ご無沙汰女子はまたドキドキするのだった。

 

初めて会ったときよりも

2回目デートは、初めてのそれよりドキドキしていた。

タクシーの中で彼の香りにドキッとし、ランチをしたカフェで手を触れられて(持たれて?)ドキッとした。そこに加えて、歩いたりエスカレーターに乗ったりするときの紳士なエスコート。

初めてのデートでも「女性らしい」と言ってもらえたことがとてもうれしかった。

何度か書いているけれど、私はこんな風に女性扱いをしてもらったことが、46年の人生の中でほとんどなかった。本当にうれしかったし、ジェントルさんに対して苦手な感じはしない。

けれど、このドキドキは緊張ゆえなのか、好意の気持ちゆえなのか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事