接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。

過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも女心ではないでしょうか。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、女性たちの頭を悩ませる“夫の元妻にまつわる仰天エピソード”を3選ご紹介します。

 

こんな「元妻」にはご用心…1:いまだに妻気取りでふるまう

「夫には、別れて3年ちょっとになる45歳の元妻がいるんですが……。

今でも、どこかで夫の話になるとまるで妻気取りでアレコレと話していると噂で聞き、不快です。

子供はおらず、結婚期間はわずか7年だったくせに『あの人は○○だからね〜』など、夫のことを知ったかぶり口調でよく話しているらしい。

元妻も夫も私も同じ業界で働いているので、なんとなく動向が耳に入りやすいせいかもしれませんが、私と再婚したことも知っているだろうし、もう少し立場をわきまえてくれたらなぁ……って思います。

大きな実害があるわけではないものの、まるで私より自分のほうが彼を知っているとでも言いたげなその振る舞いに、密かな執着を感じ、ゲンナリしています」(43歳女性/IT)

 

元妻としては悪気なく話しているだけかもしれませんが、今妻にしてみれば、確かに面白くはないお話。

業界が同じなど、なんらかの共通点がある世界にいると、お節介(!)な人の口を通じて、相手の情報が不必要に耳に入ってくることもあります。

気になりだすと、不快感も大きくなりがち。この手の話は、気にしないのがイチバンです。

 

こんな「元妻」にはご用心…2:SNSで友達ヅラ

「夫に婚歴があることは知っていましたが、元妻は離婚後に子供を連れて故郷に帰ったと聞いていたし、結婚生活には特段の影響はないだろうと思っていました。

ところが、今の時代はSNSがあるせいで、ちょっとしたストレスを抱えています。

円満離婚を世間にアピールしたがったという元妻は、別れたあとも夫とSNSで繋がっているんですが、夫がなにかを投稿するたびに『いいね!』だけでなくコメントまでして、いちいち友達ヅラをしてくるんです。

あちらにも14歳になる子供がいると聞いていますが、私たちの間にも、昨年子供が生まれました。

その様子を投稿するたびに『パパ似だね!』だの『このくらいの時期って、本当かわいいよね〜。懐かしい』だのって図々しいコメントをよこしてきているのが、ぶっちゃけ目ざわり……。

夫から心の狭い女だと思われたくないので、文句を言わずに静観していますが、正直、元妻とはSNSの繋がりも絶ってほしいです……」(41歳女性/美容サロン経営)

 

単なる元カノと違って、元妻となると、夫が一度は生涯の愛を誓った仲。

それだけに、円満離婚アピールのための友達ヅラ投稿が癇に障るのも、女心ですよね。

互いを深くまで知り合っている間柄だけに、実際、離婚後に親友になれる男女もいないわけではありませんが、今妻として夫にひと言、お願いしてみる価値はありそう。

 

こんな「元妻」にはご用心…3:姑と連絡を取り合っている

「夫の元妻は、離婚したあとも、姑に電話をしたり会いに行ったりしていることが、つい最近になって発覚しました。

姑からは息子が再婚したことも伝え、今のお嫁さんの立場もあるから……とやんわり拒絶の意思を示してくれたそうなんですが『一度は家族になった仲ですし、離婚しても、お義母さんは私の中で家族ですから!』と言って、やめようとしません。

強く拒絶してトラブルになるのも嫌だと、夫も姑も許容しているっぽく、それが私としてはすごく不愉快です。

あちらとの間に子供がいるわけでもないのに、なぜそこまで姑に固執しているのか意味不明。

夫との復縁を狙っているようにも思え、図々しい振る舞いにウンザリです!」(44歳女性/教育機関)

 

義母と良好な関係を築いていた女性には、離婚後も「友人として」などと言いつつ関係を続けたがる人も。

しかし今妻からしてみれば、これほど不快な話もないでしょうし、ここは夫にしっかり間に入ってもらい、姑を説得してもらうのがベターと言えそうです。

 

過去がある男性との結婚では、“過去が過去になっていない元妻”がいると、少々厄介な展開にもなりえます。

直接的に接触してくるわけではなくとも、今妻が「なんて図々しいオバサンなの!」と叫びたくなるような振る舞いをしている40代女性も、少なからずいるようです。

面倒なニオイがしたら、深入りは避けつつも早めにトラブルの芽を摘むことができれば、それに越したことはありませんが……!

 

■次に読まれているのは■

カンジ悪いなぁ…男が「小耳にはさむ」とウンザリする40代女性のマウンティング3例

やらかしすぎ? 男がオバサン臭を感じる40代女性の「インスタ」傾向3選

ワケありにしか感じない…「40代女のカラオケ選曲」男がドン引きした3選

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

男ウケ最悪…男が「なんでそんな装いで?」と首をかしげる40代の秋冬ファッション

トレンドを意識しつつ、モテも狙える装いに身を包みたい40代女性も少なくありません。婚活を意識していれば、なおのこと、“トレンド×モテ”で男性ウケを狙いたくなるのも心…

オバチャンにしか見えない…男が思う「似合っていないと一発アウト…!」な40代の秋冬ファッション3例

40代ともなると、自分のファッションテイストが確立されている女性も多いもの。トレンドには関係なく「私のシンボルはこれ!」と自信をもって言えるほど、似合う自負がある…

余計なお世話ではありますが…! 男が「ああ。だからこの人は独身なんだ」と感じた40代女性の特徴3例

「40代で婚歴のない独身」は決して珍しい存在ではありませんし、都市部でほど、晩婚の流れも一般的になっている時代。とは言っても、そんな40代独身女性に“その理由”を推測…

春デートのココでバレる!男もガッカリな40代独女の「カン違い態度」3選

あたたかい陽気が続くようになると、春の訪れを感じますね。冬の間は出不精だった人でも、春になるとお出かけしたくなるという男女は多く、デートの機会も増えるもの。です…

なんでそんな格好で…男が「ありえない」と感じた40代女性の自然体すぎるデート服3選

「デート」だからと言って、いかにもモテを狙ったファッションに身を包むのは「なんだか滑稽」と感じるのだって、私たち40代女性のホンネ。むしろ、交際が長くなれば、気負…

KYなオバサン…!? 男が「信用できない女」だと感じる40代女性のLINE3選

恋愛関係でも、それ以外の人間関係でも「この女性は、信用できない」と思われてしまえば、相手との将来にヒビが入りがちです。婚活中や恋人募集中のタイミングでは、言うま…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、…

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわか…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事