今すぐ取り入れたい!みんながやっている「冷え対策」14選

オトナサローネ執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】。

今回は、冬真っ只中の今気になる「冷え対策」をみなさんに聞いてみました!

意外なものから定番まで、今すぐ取り入れやすい対策ばかりで目から鱗。

是非参考にしてみてくださいね! それでは、一気に14選ご紹介していきます。

 

「シルク靴下」を重ね履きすると体感温度がアップ!

冷えは足元から、と言いますが、上半身よりも下半身を中心に暖めるように服装を調節しています。特に通常のタイツや靴下の中にシルクの靴下を重ねると、かなり体感温度が変わります。大してコストもかからず、自宅で簡単に実践できて、毎日の生活に取り入れやすく続けやすいです。

(松本小夜香さんの人気記事はこちら→着太り4大アウター別!「5kg着やせコーデ」今すぐマネできる簡単ルール

 

ダイソーの「ネックウォーマー」や「モコモコ靴下」がお手軽で気に入ってます

安いので数を揃えられるので、日替わりでデザインの違うものを楽しんでいます。寝るときは、ネックウォーマーとコットンの靴下にモコモコ靴下を重ね履きして冷えないように気をつけています。ダイソーの冬小物は、とにかく安いのでいろいろ試せます。質もそんなに悪いことはないし、へたってきたらすぐ買い換えられるのも良いところです。

(ひろた かおりさんの人気記事はこちら→「私ってイケてるでしょ?」勘違いした40代独女の”モテ“と、男性の本音

 

「漢方風呂」でポカポカに

台湾に行ったら必ず買う、生薬の袋をお風呂に入れるとポカポカ! 詳しくは漫画で!

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

(佐々木千絵さんの人気記事はこちら→台北のガイドブックには載っていない絶品焼肉まんの店は……?

 

外出するなら保温ステンレスボトル!3時間はアツアツ

500mlサイズのステンレスボトルに紅茶を入れて持ち歩いてます。ペットボトルのお茶はぬるくてイマイチだし、頻繁に喫茶店でお茶するのも時間とお金のムダ。ステンレスボトルなら熱々のお茶も最低3時間は熱々状態。

さらに紅茶は体温を上げる飲み物なので、冷え性対策にもバッチリ。ちなみにお気に入りは薩摩紅茶。香りが豊かで濃いめなところがお気に入り。明治時代から海外に輸出していただけあって、国産でもいい味ですよ。

(三輪順子さんの人気記事はこちら→ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

 

話題の紅茶は「しょうが&ゆず」

日東紅茶の「しょうが&ゆず」がお気に入り。 体を温めてくれるしょうがとゆずの爽やかな組み合わせで飲みやすく、仕事中の休憩には欠かせません。休憩や夜寝る前など、リラックスしたいときに「しょうが&ゆず」を飲んで体の内側からポカポカに。 紅茶など体を温めてくれる飲み物は、コンビニでも手軽に買えるしお湯で溶くだけの簡単さも魅力。 熱を逃さない体になるには、内側と外側と両方から温めるのがオススメです。

(ひろたかおりさんの人気記事はこちら→「この人、プライベートでもモテるんだろうな」と男が思い込む40代独女の特徴

 

朝の乾布摩擦?マッサージ

起床後、全身をすりすりマッサージするだけです(苦笑)

とにかく血液の流れを促すように、全身。特に冷えやすい手足をすりすりします。

(中尾慧里さんの人気記事はこちら→このコスメが2019年の美を作る!気になるコスメトレンドランキング

 

根菜類を入れた「根菜生姜スープ」が効きます!

身体を暖める効果の高い根菜類を、生姜と一緒に煮込んでスープにしたり、蒸し野菜にして生姜ポン酢で食べたりすることで、身体の中からも冷え対策をしています。大してコストもかからず、自宅で簡単に実践できて、毎日の生活に取り入れやすく続けやすい

(松本小夜香さんの人気記事はこちら→売り切れる前に!実は「冬セール」で買っておくべき6つのアイテム

 

湯たんぽは「脚の間にはさむ」といい

仕事中は湯たんぽを太ももの上に置くか、脚のあいだにはさむかのどちらかです。

足先が冷えるのでもこもこソックスを履いていますが、血管の細い足先だけをあたためても冷えたまま。太い血管が通っている太もも周りをあたためたほうが効率がいいです。

(三浦ゆえさんの人気記事はこちら→延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

 

「ヒートテックインナー」や「インナーダウン」はみんな着てます

ニットアウターは意外と寒いので、インナーを暖かに。ファッション系の編集者も意外に着てますよ!

(時田紗耶香さんのオススメ記事はこちら→#129 バツイチ男性とのデート。ふと気づいた「ある感情」とは?【40代編集長の婚活記】

 

蒸気温熱シートは「首の付け根」に貼る

これだけでかなり身体が温まるのを実感しているうえに、肩こりも緩和されています。

朝、起きた後や夜、寝る前など「冷え」を感じたら、すぐに首のつけ根にペタッと。

カイロよりやわらかな温かさが、ほっこり気分にさせてくれます。

(並木まきさんの人気記事はこちら→余計なお世話ではありますが…! 男が「ああ。だからこの人は独身なんだ」と感じた40代女性の特徴3例

 

背中をよく温めたほうがいい!「着る毛布」と「電気マット」

原稿をかくときに。エアコンを使うと顔まで熱くなって頭が回らないので、特に冷える足元と背中だけあたためるようにしています。

(後藤麻衣さんの人気記事はこちら→着回し力抜群!真冬のユニクロ美脚パンツ図鑑5選

 

「ホットヨガ」で代謝を上げて身体を温める

体温をあげると免疫力もアップするとか。基礎代謝が上がると風邪もひきにくくなりました。

(稲村優貴子さんの人気記事はこちら→1年100万円貯める女性がみんなやっている「お金に好かれる3つのこと」

 

タクシーや自転車を使用しないで「ウォーキング」する

運動靴などのフラットシューズを履いてつま先を上げて歩く事と腕を後方に振ると身体が温まります。

(櫻田千晶さんの人気記事はこちら→ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

 

「長湯」のお供には、アノ入浴剤がいいんです!

年明けにツイッターで重炭酸入浴剤が話題になりましたが、その頃からまた入浴剤に凝りはじめました。「成分からしてもあの重炭酸のやつは発泡時間が長い分入浴時間が伸びてるだけでは」と思う程度にはスレたユーザーですが、改めてしみじみといいなと思うのは「きき湯」です。中でもピンク色の容器の、クレイ重曹炭酸湯が長湯できてよい。色や香りにわざとらしさがなく、でも肌あたりがまったりして満足感の高い入浴剤って実はレアですよね。いちど入ると30分くらい入りっぱなしです。

(井一美穂さんの人気記事はこちら→【新連載・100人100通りの更年期】54歳、更年期障害は軽め。でもたった2つ困ったことは

 

いかがでしたか?

是非試してみてくださいね!

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

英語で「携帯電話」って言える?「Smart phone」よりも主流な言い方はコレ

オトナサローネで人気の「英語」記事。知っていそうで意外と知らない!そんな英語のフレーズを10選ご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね。①レアチーズケーキ一見、英語と思われがちな「rare cheeseca…

手土産にも!プロが「お取り寄せ」でリピートしている5つのアイテムって?

オトナ女子はビジネスでもプライベートでも手みやげを贈る機会が多いもの。相手の好みをくんだものもいいけれど、健康や美容によく、しかもトレンドを意識したものなら、感度のいい人も思わず笑顔に!【オトナの手土…

「序に」は「じょに」ではありません!読み間違えやすい日本語10選|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字記事」や「恋愛記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(8月26日~9月1…

注目の記事

LIFEに関する最新記事