これはフォーリンラブ不可避!男性に聞いた「恋のきっかけになったバレンタインの思い出」3つ

愛する男性にチョコレートを贈るバレンタイン。男性にとっては、「誰か贈ってくれるかも」「あの人から欲しいな」など、緊張する一日でもあります。

それまでは意識していなかったのに、この日がきっかけで好きになった、なんてこともありえるのがバレンタインですが、片思い中の人なら思い切って大きくアプローチしてみるのも良いですね。

実際に「恋のきっかけになった思い出」にはどんなものがあるのか、聞いてみました。

 

やっぱり「手作り」は特別感がある!

「職場ではいつも世間話くらいしかしていなかったアラフォーの同僚。

バレンタインの日のお昼、こっそり『甘いの好きだよね? 良かったら』とチョコレートを渡されて、開けてみたら手作りのガトーショコラが。

俺以外は誰ももらったって話をしていなくて、『俺だけ!?』と思ったら妙に意識してしまい……。

次の日に、『ありがとう。すごく美味しかった』と感想を言ったら

『久しぶりに作ってみたんだけど、美味しくて良かった!』

と笑顔で答えてくれて、え、久しぶりって、わざわざ? 俺のために?

そう思ったらドキドキしちゃって、それからは目で追うようになったりこっちから話しかけたり、仲良くなれました。

すごくいい感じだったんだけど、俺の転勤が決まってお付き合いまでは発展せず。

終わってしまったけど、今でも良い思い出です」(38歳/公務員)

 

★ 「手作り」に敏感になる男性は多いですが、バレンタインこそもらったら嬉しくなりますよね。

特別感を覚えるのは、「自分だけ」であること。

バラマキ用ではなくて、自分のためだけに作ってくれたことが、何より男性の恋心を刺激します。

普段なら「ありがとう」で終わることも、バレンタインに渡されると好意があるのかな、と気になるのも男性の気持ち。

数年経っても「良い思い出」と言えるのは、女性からの純粋な愛情を感じられたからです。

 

好みをリサーチしてくれていたことに感動・・・

「サークルで知り合って、プライベートでも遊ぶようになった女友達。

気は合うんだけど男女の仲みたいな雰囲気はなくて、いろいろ話せる大事な友人と思っていました。

ある年のバレンタインで渡されたのが、チョコレートと俺の好きなブランドのコインケース。

チョコレートもプレゼントも嬉しかったけど、俺の好みをどうして知っているのか不思議で『何でこれにしたの?』って訊いたら

『サークルで○○に訊いたの。確かバッグを持っていたなと思って、それならジーンズのポケットに入るから使いやすくない?』

とにこにこと言われてすごく嬉しかったです。

コインケースは決して高いものではないけど、これも気遣いなんだろうなって思って。

彼女にとって俺の存在ってなんだろう、とそれから考えだして、気がつけば好きになっていました。

好きなものを知ってくれるのって、やっぱり嬉しいですよね」(41歳/看護師)

 

★ 好みのものを贈られたら当然嬉しいけど、それをわざわざ調べてくれたことがわかれば、喜びは倍。

チョコレートだけじゃなくてプレゼントも用意してくれる女性の気持ちは、男性にとって自分が特別な存在であることを伝えてくれます。

プレゼントがあまり高価だと、ホワイトデーのお返しにプレッシャーを感じますが、それを避けるのがわかるのも男性が大きな感動を覚える点。

ただの親しい友人と思っていたのに、特別感を覚えたことが恋の始まりでした。

ちなみに、このふたりはそれから交際に進み、今でもお付き合いしています。

 

男性の心を射止めるのは、やっぱりあの言葉!

注目の記事

LOVEに関する最新記事