おばさんですが、何か?  hitomiの発言から考える「おばさん」問題

「おばさんですが、何か?」 そう発言したのは歌手のhitomiさん(40)。発端は5月9日放送の音楽番組でのことでした。AKB48の峯岸みなみさん(23)が、「歳を取ることに不安を感じている」「どうしたら美しく年を取れるのか?」という悩みを打ち明けたところ、hitomiさんが「老いることが恥ずかしい日本って、すごい恥ずかしい気がします」「 『おばさんですよ?何か?』って言いたくなる」と発言したのです。さらに、「『おばさんで何がいけないんだ?』『おばさんになっちゃいけないの?』って言いたくなる」と続け、MCの中居正広さん(43)もそれに賛同していました。

 

おばさんとは何歳から?

そもそも「おばさん」とはどういう意味なのでしょうか。ピクシブ百科事典によると大きく分けて意味は2つあり、ひとつは「伯母や叔母」などのこと。もうひとつが「一定年齢の成人女性を指す呼び方」とあるので、こちらを見てみましょう。

かつては成人女性全般を「おばさん」と呼んでいた。
しかし、語感として年長感があることから、主に中年・初老の女性を指して呼ぶ呼び方になっている。
しかし中年の範囲は明確ではなく、何歳からおばさんにあたるのか、その辺はとても曖昧でデリケートな問題。
出典:ピクシブ百科事典

ちなみに、中年とは一般的に40~50代のことをさします。また、初老とは老人の域に入りかけた年のことで、本来は40歳の異称(ただし寿命が伸びた現代では60歳くらいからと考える人が多いよう)です。定義上では、hitomiさんの年齢40歳は「おばさん」に該当します。

 

みんな「おばさん」と呼ばれたくない

ある44歳の女性は中学生の娘がいるのですが、「娘の友達には絶対におばさんって呼ばせない」と頑なに言っています。また、ある48歳の女性は「甥っ子にも『おばさんじゃなくお姉さんと言いなさい』って教えてる」と豪語しています。そして私自身(44)も、「OTONA SALONEについて」でオバサンと言われたくないと書きましたし、「アラフォーがオバサン化を回避するための~」という記事すら書いて、「おばさん」という表現をあまり好ましくおもっていませんでした。

このように、定義としては「おばさん」に該当する年齢の女性の多くが「おばさんと言われたくない」と思っているのです。おばさんという呼称に対してものすごく否定的であり、ネガティブに捉えられています。

「おじさん」はどうなの?

一方、おじさんはどうでしょう。40~50代男性におじさんと呼ばれることについて尋ねてみました。すると「別になんとも思わない」「実際そうだし」「近所のコにいつも言われてるよ」という声がほとんどでした。例外のかたもいましたが、おじさんと呼ばれることを、特にはイヤがってはいないようです。

また、アラフォー以上をターゲットとした男性誌でも「おじさん」「オヤジ」といった言葉が普通に使われていますし、イマドキの20代には40代以上の「おじさん好き女子」を名乗る人も少なくありません。おじさんという呼称はポジティブに受け止められているのです。

「おじさん」と「おばさん」、印象の違いは

おじさんはOKなのに、なぜおばさんはNGなのでしょうか。それは言葉についてしまっているイメージかもしれません。おじさんという言葉には年齢を重ねた中年の男性という意味のほかに、どこかシブい・カッコいい・色気があるというニュアンスも含まれている気がします。一方で、おばさんという言葉には、生活感がある・図々しいというニュアンスが感じられるようです。つまり、おじさん=マイナスイメージもあるがプラスイメージもある、おばさん=ほとんどマイナスイメージなのです。

「おばさん」を嫌がることがむしろ……

女性たちがおばさんと言われたくないのは、マイナスの表現をされたくないからのことなのかもしれません。もし、おばさんという言葉にプラスイメージがつけば、言われたくないと思わなくなるのかも……? そして、そんなことは可能なのでしょうか……?

「おばさんですが、何か?」 hitomiさんの発言を聞いて、個人的には「オバサンと言われたくない」と書いた自分を考えが幼かったな、と少し反省しています。「おばさん」という呼称問題、あなたはどう思いますか? OTONA SALONEの facebookのコメント欄にて、皆様のご意見をお待ちしています!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事