岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。

第三者には分からないもの

太めをコンプレックスにしているかと思ったら、本人はグラマラスだと自分の体型に自信があったりするもんね。

でもって声がアニメの主人公みたいに可愛らしすぎるとか、他人からはえっそんなこと、みたいなのをコンプレックスだといい張ったりする。自身の実力を評価されたいのに親が偉いとか実家が金持ちとかで、コネだの七光りだのいわれるのを悩む人達もいるし。

汚れ役や悪役もやりたいのに、甘い美貌のせいで役柄が限られてしまう、みたいに葛藤する芸能人も少なくない。

 

小さなコンプレックスほど根深い

ある女性有名人の逸話に、こんなのがある。

彼女の弟が、一家の話を雑誌に書くことになった。当然、姉についても書く。かなりいろいろ踏み込んだ内容だったので、担当編集者は掲載前の原稿を彼女に見せた。すると彼女はある箇所を、絶対に削除してほしい、このまま載せたら許さない、と激怒した。

担当編集者はてっきり、二度目の離婚の経緯だと思った。赤の他人から見ても、そのあたりはさぞかし彼女もみじめだったろう、といえるものだった。

ところが、そこのところは彼女はどうでもいいのだった。激昂したのは、「姉は鼻の頭が赤いのを気にしていて、いつも念入りに白粉を塗っていた」という部分だったのだ。

でもこれ、誰でも思い当たる節はあるよね。公言できるコンプレックスは、意外と折り合いをつけていたりする。口にできない、気にしてないふりをしてしまう、他人からも小さなコンプレックスに見えるもののほうが根深い。

 

他人を「ブス」と発言する人は

でも人って、そういうコンプレックスをみずから暴露もしちゃうのよ。よく、悪口は自己紹介というでしょ。自分がいわれたくない、いわれると傷つくことを嫌いな人に向けてしまう。容姿にコンプレックス持ってる人ほど、他人をブスブスいいたがるし。

おのれの胸に手を当ててみれば、私はこの人は好かんと感じた人に対し、「本当はとっても平凡な人なのに、無理して個性的に振る舞おうと無理しちゃってる」なんていってしまう。

でもこのコンプレックス、私はけっこう他人に見透かされてるね。

スポンサーリンク

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右す…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタ…

植松晃士 大人のエチケットです! 40代から始めたい「アレの終活」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。肌を大胆露出する時期は過ぎてしまいましたが、ちょっと気になったことがあったので、「脱毛」のお話をしたいと思います。というのも…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイ…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みな…

植松晃士 知ってる? 永遠に変わらない「5つの美の基準」とは

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2019年がスタートして、1月もあっという間に過ぎていこうとしていますが、慌しさは落ち着いてきましたか? さて。私事で恐縮ですが…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ…

岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。美魔…

岩井志麻子「オバサン」と言われる女「お姉さん」と言われる女の違いとは?

新元号・令和が明日から始まるというのに、平成どころか昭和の話をしてしまうけど。私が子どもの頃は、オバサンと呼ばれたくない、と悩む熟年女性、主張する妙齢女性はあんまり身の周りにいなかった気がする。30代か…

岩井志麻子 「セクシーな女」と「エロい女」との違いとは?

有名無名、金持ち貧乏、イケメンブサメン、モテるモテない、いろんなものを問わず、「薄幸そうな女、可哀想な雰囲気、貧乏臭い女はエロい」という男達は多い。日本を含む、稲作アジア圏ではかなりの勢力だ。セクシー…

岩井志麻子 なんだか「老後が不安」と感じている40代へ

通院や薬が必要なほどではなかったが、十年くらい前に妙な不安感に常に覆われ、夜眠るのが怖かった時期がある。このまま目が覚めずに死ぬんじゃないか、と。別に持病もなく、心配事も細かいことをいちいち挙げればき…

岩井志麻子 なぜ「不倫した女の末路」は話題になるのか?

既婚の人と恋愛関係になり、相手を離婚させてしまった、という話はよく聞く。その相手と結婚する場合もあれば、自分もその相手と別れて別の人とくっつく結果もある。芸能人の不倫を叩く、いまの風潮いわゆる略奪婚に…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事